Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

Chrome OS の新機能を活用して評価を上昇させた Squid

Squid を使用すると、さまざまなデバイスで自然に手書きのメモを取ることができます。Squid では、アクティブペン、パッシブ タッチペン、または指を使って、紙に書くのと同じように書くことができます。また、PDF を簡単にマークアップしてフォームに記入したり、論文の編集や答案の採点を行ったり、ドキュメントに署名したりできます。

Squid は元々、Android Honeycomb がリリースされたときに、アクティブペンを搭載したタブレット用に設計されたアプリです。Android アプリを実行でき、アクティブペンをサポートする最新の Chrome OS デバイスは基本的に、Squid が待ち望んでいたハードウェアであるため、最適化するという選択は難しくありませんでした。

Squid の取り組み

Squid は当初から大画面のデバイス向けに作成されていましたが、Chrome OS 向けに最適化するうえで注目しなければならない点がいくつかありました。キーボード ショートカットとナビゲーションによってキーボードに対するサポートを強化したほか、Enter キーの押下によってダイアログが閉じるようにしました(これは、自然な動作が要求されます)。また、トラックパッドによるスクロール(これは、ユーザーが Squid でメモを確認する際に役立ちます)とシステム クリップボードに対するサポートを追加しました。

最も有益な取り組みは、低遅延のタッチペン API に対するサポートを追加したことです。これにより、Squid の中核となるエクスペリエンスが大幅に改善されました。Squid は手書きのメモを取るためのアプリであるため、タッチペンの統合は極めて重要です。これは、アクティブペンの方がはるかに書き心地が自然なためです。Squid のユーザーは、遅延のない滑らかな書き心地になったことに驚いています。低遅延のサポートにより、インクがペンから出ているように感じられます。

結果

Squid のユーザーはアプリを絶賛しています。Chromebooks での累計平均評価は 4.6☆ で、全デバイスの平均評価よりも 8.5% 高くなっています。過去 30 日間、Chromebooks は、Squid が有効になっているデバイスの 7% 以上を占め、収益の 21% をも占めていました。

また、学校の授業で Squid が採用され始めており、2018 年には、教育用に開発された、アクティブペン対応の新しい Chromebooks の充実したラインナップによってこの流れがさらに加速することが期待されています。

スタートガイド

Chrome OS 向けにアプリを最適化する方法をご覧ください。