Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

Evernote: Chrome OS 版のリリースにより、大画面のデバイスでの使用時間が 3 倍増加

Evernote の使命は、個人やグループがあらゆることを覚えておき、アイデアをアクションへと変え、手軽に連携できるようサポートすることです。Evernote の Android アプリには、ノートを整理したり、メモを取って保存したり、他の人と共同作業を行ったりするのに必要なツールが含まれています。

Evernote は、新しい主要プラットフォームが登場する兆しが見えると必ず、Evernote を初日から使用できるようにするという目標を設定します。Evernote は、Google Play が Chrome OS で利用できるようになる可能性があると判断し、Chrome OS 版を作成する方針を固めました。

Evernote の取り組み

Evernote は 1 つのアプリを複数のプラットフォームやフォーム ファクタで使用できるようにすることを重視しているため、Chrome OS 版の作成を、Evernote の開発プロセスを全体的に改善する機会と捉えていました。また、Evernote アプリをモバイル デバイスだけでなく大画面のデバイスでも使いやすくするために、コードのモジュール性を高めることに取り組みました。ただし、Chrome OS 版では Evernote で特定の機能を利用する必要がありました。

Evernote では手書き入力をテキストに変換できるため、新しい低遅延のタッチペン API によってタッチスクリーンでの手書き入力をすばやく処理できるようになると期待されていました。Google の API は、アプリが OS の部分をバイパスし、ディスプレイに直接描画できるようにすることで、ストロークを非常にすばやくレンダリングします。遅延が生じないため、ユーザーは実際に紙の上に書いているように感じるでしょう。Evernote によると、描画のスピード、自然さ、スムーズさにより、ユーザーは描画を止められなくなるとのことです。この API のおかげで、Evernote チームは手書き入力機能をレベルアップさせることもできました。

Chrome OS のキーボード操作はモバイルのキーボードとは異なるため、チームはユーザーがすばやくメモを取れるよう、キーボード ショートカットを追加しました。また、モバイル デバイスと大画面の Chromebook の両方のフォーム ファクタで作業するためにツールバーが必要な理由についても慎重に検討する必要があったため、今後のさらなるモジュール化のためにいくつか調整を行いました。さらに、[戻る] ボタンを表示しなくてもナビゲーションでアプリの階層がサポートされるようにしました。

Evernote は、タッチスクリーンがもたらす機会について考えることを楽しんでいました。Evernote のプロダクト マネージャーである May Allen 氏は次のようにコメントしています。

「このプロジェクトは非常に興味深いものでした。というのも、単にキーボードのための最適化ではなく、タッチスクリーンのための最適化だったからです。Chromebook のすばらしい点は、これらの両方の物理的特性を備えているところです」

結果

Evernote は Chrome OS での操作性に関してユーザーから好意的なフィードバックを受け取りました。また、Chrome OS での使用時間が平均的なアプリユーザーよりも長いことがわかりました。Evernote の平均的な使用時間は、大画面のデバイスでは 3 倍、Google Pixelbook では 4 倍となっています。

スタートガイド

Chrome OS 向けにアプリを最適化する方法をご覧ください。