6 月 3 日の「#Android11: The Beta Launch Show」にぜひご参加ください。

El Mundo はマテリアル デザインでユーザー評価とエンゲージメントを改善

背景

スペインの大手新聞社 El Mundo は、マテリアル デザインの原則をアプリに適用することで、Google Play ストアでの評価を高め、ユーザー エンゲージメントを改善することに成功しました。

El Mundo の取り組み

El Mundo はアプリのデザイン全体を見直してユーザー エクスペリエンスを高めることで、ユーザーがより気軽にニュース コンテンツを閲覧できるようにしました。また、マテリアル デザインのガイドラインを適用することで、アプリ全体を通して一貫したルック アンド フィールを実現しました。

El Mundo はユーザーからのコメントを分析した結果、自社のアプリが複雑で時代遅れと見なされていることに気づきました。この結果を踏まえ、冗長な機能を削除し、アプリの機能をシンプルにすることを決断しました。さらに、天気情報や映画の予告編など、ユーザーにとって重要性の低い機能も削除しました。最後に、社内の開発フレームワークを刷新し、使用するフレームワークをすべてのアプリで統一しました。

結果

マテリアル デザインを適用した新アプリのリリース後、1 週間のインストール率が 45% 向上しました。ユーザーはより長い時間アプリを使うようになり、平均使用時間は 1 分から 3 分に伸びています。

また、デザインの見直し後の新しいエクスペリエンスに関して、多くのユーザーから肯定的なフィードバックが送られてくるようになり、Google Play ストアでのアプリの評価が 25.8% 向上し、3.1 から 3.9 に上がりました。

スタートガイド

マテリアル デザインのガイドラインの実装方法とアプリのデザイン原則への準拠方法をご覧ください。