Autofill

ヒントを拡張して自動入力の精度を高めます。
最新の更新 現在の安定版リリース 次のリリース候補 ベータ版リリース アルファ版リリース
2021 年 7 月 21 日 1.1.0 - 1.2.0-beta01 -

依存関係の宣言

Autofill への依存関係を追加するには、Google の Maven リポジトリをプロジェクトに追加する必要があります。詳しくは、Google の Maven リポジトリをご覧ください。

アプリまたはモジュールの build.gradle ファイルに、必要なアーティファクトの依存関係を追加します。

Groovy

dependencies {
    implementation "androidx.autofill:autofill:1.1.0"
}

Kotlin

dependencies {
    implementation("androidx.autofill:autofill:1.1.0")
}

依存関係について詳しくは、ビルド依存関係の追加をご覧ください。

フィードバック

お寄せいただいたフィードバックは Jetpack 改善の参考にさせていただきます。新しい問題が見つかった場合や、このライブラリを改善するアイデアをお持ちの場合は、お知らせください。新しい問題を報告していただく前に、このライブラリの既存の問題をご確認ください。スターボタンをクリックすると、既存の問題に投票できます。

新しい問題を報告する

詳細については、Issue Tracker のドキュメントをご覧ください。

バージョン 1.2.0

バージョン 1.2.0-beta01

2021 年 7 月 21 日

androidx.autofill:autofill:1.2.0-beta01 がリリースされました。バージョン 1.2.0-beta01 に含まれる commit については、こちらをご覧ください

新機能

  • より多くのフィールド タイプのリクエストに対応した新しい拡張ヒント定数が追加されました。
    • Wi-Fi パスワード
    • OTP をメールで送信
    • 認証システムアプリの OTP
    • UPI アドレス
    • 住所単位
    • 住所に依存する地域区分
    • プロモーション コード

バージョン 1.2.0-alpha02

2021 年 6 月 2 日

androidx.autofill:autofill:1.2.0-alpha02 がリリースされました。

API の変更

  • 2 要素認証の正規表現に合わせて、AUTOFILL_HINT_TFA_APP_OTP の名前が AUTOFILL_HINT_2FA_APP_OTP に変更されました。

バージョン 1.2.0-alpha01

2021 年 3 月 24 日

androidx.autofill:autofill:1.2.0-alpha01 がリリースされました。バージョン 1.2.0-alpha01 に含まれる commit については、こちらをご覧ください

新機能

  • より多くのフィールド タイプのリクエストに対応した新しい拡張ヒント定数が追加されました。
    • Wi-Fi パスワード
    • OTP をメールで送信
    • 認証システムアプリの OTP
    • UPI アドレス
    • 住所単位
    • 住所に依存する地域区分
    • プロモーション コード

API の変更

  • 一部のリクエストされた種類の新しい自動入力ヒント(メール、OTP、詳細な住所フィールド、プロモーション コード、UPI ID)を追加しました。(I89e2f

バージョン 1.1.0

バージョン 1.1.0

2021 年 1 月 27 日

androidx.autofill:autofill:1.1.0 がリリースされました。バージョン 1.1.0 に含まれる commit については、こちらをご覧ください

1.0.0 以降の主な変更

  • Android 11 で導入された新機能である、インラインの自動入力候補の作成をサポートする API のセットを追加しました。詳しくは、IME 自動入力ガイドをご覧ください。
  • 具体的には、v1 UI テンプレート InlineSuggestionUi が、javadoc のサンプルコードとともに導入されました。これは、IME のデベロッパーがインライン候補のスタイルを指定する場合と、自動入力プロバイダのデベロッパーがインライン候補のコンテンツを作成する場合に役立ちます。

バージョン 1.1.0-rc01

2020 年 11 月 11 日

androidx.autofill:autofill:1.1.0-rc01 がリリースされました。1.1.0-beta01 からの変更はありません。バージョン 1.1.0-rc01 に含まれる commit については、こちらをご覧ください。

バージョン 1.1.0-beta01

2020 年 10 月 14 日

androidx.autofill:autofill:1.1.0-beta01 がリリースされました。1.1.0-alpha02 からの変更はありません。バージョン 1.1.0-beta01 に含まれる commit については、こちらをご覧ください

バージョン 1.1.0-alpha02

2020 年 8 月 19 日

androidx.autofill:autofill:1.1.0-alpha02 がリリースされました。バージョン 1.1.0-alpha02 に含まれる commit については、こちらをご覧くださ

API の変更

  • インラインの自動入力候補ライブラリの必要な API バージョンを Q から R に更新しました。(I983a5
  • 自動入力サービスでインライン表現を生成できるように、InlineSuggestionUi ヘルパーを追加しました。
  • IME プロバイダが自動入力サービスから送信されたインライン表現をインフレートできるように、レンダラを追加しました。
  • v1 バージョンのスタイル API の一部として、IME プロバイダ向けにスタイル設定とテーマ設定のサポートを追加しました。

バージョン 1.1.0-alpha01

2020 年 3 月 18 日

androidx.autofill:autofill:1.1.0-alpha01 がリリースされました。バージョン 1.1.0-alpha01 に含まれる commit については、こちらをご覧ください

新機能

  • 自動入力プロバイダが新しいキーボード ベースの InlineSuggestionRequest とやり取りできるように、InlinePresentationBuilder を追加しました。
  • 自動入力プロバイダから提供されたスライスをキーボード プロバイダがレンダリングできるように、InlinePresentationRenderer を追加しました。
  • キーボード プロバイダがスライスをレンダリングする場所の制約を設定きるように、InlineSuggestionsHostView を追加しました。

バージョン 1.0.0

バージョン 1.0.0

2019 年 12 月 4 日

androidx.autofill:autofill:1.0.0 がリリースされました。バージョン 1.0.0 に含まれる commit については、こちらをご覧ください

1.0.0 の主な機能

  • 自動入力モジュールの最初の安定版。
  • すべての自動入力サービスでサポートされる標準の自動入力ヒント定数セットが追加されています。

バージョン 1.0.0-rc01

2019 年 10 月 23 日

androidx.autofill:autofill:1.0.0-rc01 がリリースされました。1.0.0-beta01 からの変更はありません。バージョン 1.0.0-rc01 に含まれる commit については、こちらをご覧ください

バージョン 1.0.0-beta01

2019 年 9 月 18 日

androidx.autofill:autofill:1.0.0-beta01 がリリースされました。バージョン 1.0.0-beta01 に含まれる commit については、こちらをご覧ください

新機能

  • SMS からコードを読み取って入力できるワンタイム パスワード(OTP)フィールドに対するアノテーションのサポートを追加しました。
  • 単一文字の OTP フィールドのヒント定数を取得するジェネレータ関数が追加されました。

バージョン 1.0.0-alpha02

2019 年 8 月 7 日

androidx.autofill:autofill:1.0.0-alpha02 がリリースされました。このバージョンに含まれる commit については、こちらをご覧ください。

新機能

  • SMS ワンタイム パスワード(OTP)コードのアノテーションをサポートするために新しいヒント定数が追加されました。

バージョン 1.0.0-alpha01

2019 年 7 月 2 日

これは androidx.autofill:autofill:1.0.0-alpha01 の最初のリリースです。この初回バージョンに含まれる commit については、こちらをご覧ください。

新機能

これは、autofill AndroidX モジュールの初回リリースです。フォーム フィールドのアノテーションをより詳細にできるように、新しい自動入力ヒント定数が追加されました。