Google Play 請求サービスの概要

Google Play 請求サービスは、Android 上でデジタル コンテンツを販売するためのサービスです。このドキュメントでは、Google Play 請求サービスの基本構成要素について説明します。基本構成要素を理解することで、状況に応じた Google Play 請求サービスの実装方法を判断できるようになります。

Android 上で実際の商品を販売したい場合は、Google Pay をご覧ください。

注: 必ず、アプリを配信する国で適用される法律に準拠するようにしてください。

Google Play 請求サービスの主な構成要素のリストは以下のとおりです。

  1. Google Play: ユーザーがデジタル アイテムをダウンロードできるオンライン ストア。
  2. Google Play Console: Google Play 上でアプリを公開する際にアプリ デベロッパーが使用するインターフェース。アプリ デベロッパーは、Google Play Console を使用することで、アプリ内アイテムなど、アプリに関する詳細を指定できます。詳細については、Google Play Console をご覧ください。
  3. Google API Console: Google Play Developer API などのバックエンド API を管理するためのコンソール。このコンソールでサービス アカウントを作成することで、セキュア バックエンド サーバーから購入や定期購入を検証することができます。

  4. Android デバイス: タブレットやスマートフォンなど、Android アプリを実行する際に使用するデバイス。
  5. Android アプリ: Android デバイス上で動作することを目的とするアプリ。
  6. セキュア バックエンド サーバー: リアルタイム デベロッパー通知など、購入検証機能や定期購入機能を実装する際に使用するデベロッパー提供のサーバー。
  7. Play ストア アプリ: Google Play 請求サービスに関するすべての処理を管理するアプリ。アプリからのリクエストは、すべて Play ストア アプリによって処理されます。
  8. Google Play 請求サービス ライブラリ: デベロッパーがアプリ内に Google Play 請求サービスを実装する際に使用する API。
  9. Google Play Developer API: 公開やアプリ管理に関するさまざまなタスクをプログラマティックに実行する際に使用する REST API。購入や定期購入の管理に使用する Subscriptions and Google Play Billing API と、アプリのアップロードや公開などのタスクで使用する Publishing API という 2 つのコンポーネントがあります。
  10. リアルタイム デベロッパー通知: Play 管理対象の定期購入で使用される SUBSCRIPTION_PURCHASEDSUBSCRIPTION_RECOVERED など、状態の変化をモニタリングできるサーバー プッシュ通知。

アプリ内アイテムのタイプ

Google Play 請求サービスを使用すると、次のタイプのアプリ内アイテムを販売できます。

  • 1 回限りのアイテム: ユーザーの支払い方法に対して 1 回だけ請求が行われるアプリ内アイテム。1 回限りのアイテムの例としては、追加のゲームレベル、プレミアム ルートボックス、メディア ファイルなどがあります。1 回限りのアイテムは、Google Play Console では「管理対象アイテム」と呼ばれ、Google Play 請求サービス ライブラリでは「INAPP」と呼ばれます。
  • 特典アイテム: ユーザーに対して動画広告の再生を求めるアプリ内アイテム。特典アイテムの例としては、追加のライフ、ゲーム内通貨、時間指定タスクの短時間の完了などがあります。特典アイテムは、Google Play Console では「特典アイテム」と呼ばれ、Google Play 請求サービス ライブラリでは「INAPP」と呼ばれます。
  • 定期購入: ユーザーの支払い方法に対して定期的に請求が行われるアプリ内アイテム。定期購入の例としては、オンライン雑誌や音楽ストリーミング サービスなどがあります。定期購入は、Google Play 請求サービス ライブラリでは「SUBS」と呼ばれます。

購入トークンとオーダー ID

Google Play 請求サービスは、購入トークンとオーダー ID を使用して、アイテムやトランザクションをトラッキングします。

  • 購入トークンとは、Google Play 上のアイテムに対する購入者の利用権を示す文字列です。SKU で示される特定のアイテムに対して Google ユーザーが支払いを行ったことを示します。
  • オーダー ID とは、Google Play 上の支払いトランザクションを示す文字列です。この文字列は、購入者に送信されるメールの領収書に記載されており、サードパーティ デベロッパーは、Google Play Console の [注文管理] で、払い戻しを管理する際にオーダー ID を使用します。オーダー ID は、販売と支払いのレポートでも使用されます。

1 回限りのアイテムや特典アイテムの場合、購入のたびに新しいトークンと新しいオーダー ID が作成されます。

定期購入の場合、初回購入時に購入トークンとオーダー ID が作成されます。後続の各請求対象期間では、購入トークンは同じままで、新しいオーダー ID が発行されます。アップグレード、ダウングレード、再登録の場合は、必ず新しい購入トークンとオーダー ID が作成されます。

アプリ内アイテムの設定オプション

1 回限りのアイテムと定期購入は、Google Play Console 内でいくつかの設定オプションが共通しています。最も重要なオプションを以下に示します。

  • タイトル - 「ルートボックス」など、アプリ内アイテムの簡単な説明。
  • 説明 - 「キャラクターの役に立つアイテムが入っているゲーム内の特別な宝箱」など、アプリ内アイテムの詳細な説明。このフィールドは、アプリ内アイテムを説明するためにアプリのストアの掲載情報ページで使用されることがあります。
  • アイテム ID - 人が読める形式の一意のアイテム ID。アイテム ID は、Google Play 請求サービス ライブラリ内では SKU とも呼ばれます。
  • 価格 / デフォルトの価格 - ユーザーがアプリ内アイテムに対して支払う金額。デフォルトの価格は、アプリ内アイテムのタイプによって少し意味が異なります。
    • 1 回限りのアイテムの場合、デフォルトの価格は、ユーザーに対して請求されるアイテムの金額(ユーザーの指定通貨)を示します。デフォルトの価格は、1 回限りのアイテムの購入ごとに購入者に対して 1 回請求されます。
    • 特典購入の場合、価格やデフォルトの価格はありません。特に、このオプションの値は、ユーザーに表示される広告の価値を示すものではありません。
    • 定期購入の場合、デフォルトの価格は、通常の請求期間に入った後に、そのユーザーの指定通貨で請求される価格を示します(定期購入の場合、無料試用やお試し価格を設定できます)。デフォルトの価格は、購入した定期購入ごとにユーザーに定期的に請求されます。

    1 つのアプリ内で、複数のアプリ内アイテムを販売し、それぞれ異なるアイテム ID と価格を設定することができます。Google Play Console には、同じ価格の複数のアプリ内アイテムを簡単に設定できる価格設定テンプレートが用意されています。

    1 回限りのアイテムに固有の設定オプション

    プロモーション コードとは、ユーザーが 1 回限りのアイテムを無料で入手するために使用するコードです。ユーザーは、アプリ内または Google Play ストア アプリ内でプロモーション コードを入力すると、1 回限りのアイテムを無料で入手できます。プロモーション コードを使用することで、1 回限りのアイテムのユーザーベースを構築できます。

    定期購入アイテムに固有の設定オプション

    Google Play Console では、定期購入アイテムを柔軟に作成できます。定期購入アイテムで利用できるオプションのリストを以下に示します。
    1. 請求対象期間: 定期購入が有効な間、ユーザーに請求が行われる頻度。Google Play Console では、1 週間ごと、1 か月ごと、3 か月ごと、6 か月ごと、1 年ごとの請求対象期間を選択できます。

      定期購入の場合、指定した間隔と価格で、無期限かつ定期的に請求が行われます。定期購入の更新ごとに、Google Play はユーザー アカウントに自動的に課金し、後からユーザーにメールで課金内容を通知します。

    2. 無料試用期間: 請求されずにユーザーが定期購入にアクセスできる期間。無料試用期間を設定すると、実際に購入を行う前に定期購入を試すようユーザーにすすめることができます。

      無料試用期間は、3 日以上に設定できます。

    3. お試し価格: 最初の数回の「お試し」請求対象期間だけに適用される定期購入の価格。お試し価格を設定すると、多少の収益を得つつユーザーに定期購入をすすめることができます。お試し価格は、通常の定期購入価格よりも低く設定する必要があります。
    4. 猶予期間: 支払いに関する問題を解決するまでの猶予を与えるため、ユーザーの定期購入の有効性が継続される期間。猶予期間は、クレジット カードなど、ユーザーの支払い方法が不承認となったときに開始されます。
    5. アカウントの一時停止: 猶予期間中にユーザーが支払い方法を更新しなかった場合に開始される定期購入の状態。アカウントの一時停止期間は 30 日間で、その間ユーザーは定期購入のコンテンツを利用できなくなります。

    各オプションの詳細については、Google Play Console ヘルプセンターの定期購入を作成するをご覧ください。

    次のステップ

    Google Play 請求サービスの概要を理解したら、アプリに Google Play 請求サービスを実装する準備を開始します。Google Play 請求サービスを実装する手順は次のとおりです。
    1. Google Play Console を使用してアプリ内アイテムを設定する
      1. 1 回限りのアイテムの作成
      2. 特典アイテムの作成
      3. 定期購入の作成
    2. Google Play 請求サービス ライブラリを使用する
    3. Google Play 請求サービスをテストする