ndk-stack

ndk-stack ツールを使用すると、adb logcat の出力に表示されるスタックトレースをフィルタリングできます。 また、共有ライブラリ内のアドレスをソースコードの対応する <source-file>:<line-number> 値に置き換え、問題を簡単に特定できるようにします。

たとえば、このツールで次のようなスタックトレースを変換します。

I/DEBUG   (   31): *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
I/DEBUG   (   31): Build fingerprint: 'generic/google_sdk/generic/:2.2/FRF91/43546:eng/test-keys'
I/DEBUG   (   31): pid: 351, tid: 351  %gt;%gt;%gt; /data/local/ndk-tests/crasher <<<
I/DEBUG   (   31): signal 11 (SIGSEGV), fault addr 0d9f00d8
I/DEBUG   (   31):  r0 0000af88  r1 0000a008  r2 baadf00d  r3 0d9f00d8
I/DEBUG   (   31):  r4 00000004  r5 0000a008  r6 0000af88  r7 00013c44
I/DEBUG   (   31):  r8 00000000  r9 00000000  10 00000000  fp 00000000
I/DEBUG   (   31):  ip 0000959c  sp be956cc8  lr 00008403  pc 0000841e  cpsr 60000030
I/DEBUG   (   31):          #00  pc 0000841e  /data/local/ndk-tests/crasher
I/DEBUG   (   31):          #01  pc 000083fe  /data/local/ndk-tests/crasher
I/DEBUG   (   31):          #02  pc 000083f6  /data/local/ndk-tests/crasher
I/DEBUG   (   31):          #03  pc 000191ac  /system/lib/libc.so
I/DEBUG   (   31):          #04  pc 000083ea  /data/local/ndk-tests/crasher
I/DEBUG   (   31):          #05  pc 00008458  /data/local/ndk-tests/crasher
I/DEBUG   (   31):          #06  pc 0000d362  /system/lib/libc.so
I/DEBUG   (   31):

すると、次のように出力結果が見やすくなります。

********** Crash dump: **********
Build fingerprint: 'generic/google_sdk/generic/:2.2/FRF91/43546:eng/test-keys'
pid: 351, tid: 351  >>> /data/local/ndk-tests/crasher <<<
signal 11 (SIGSEGV), fault addr 0d9f00d8
Stack frame #00  pc 0000841e  /data/local/ndk-tests/crasher : Routine zoo in /tmp/foo/crasher/jni/zoo.c:13
Stack frame #01  pc 000083fe  /data/local/ndk-tests/crasher : Routine bar in /tmp/foo/crasher/jni/bar.c:5
Stack frame #02  pc 000083f6  /data/local/ndk-tests/crasher : Routine my_comparison in /tmp/foo/crasher/jni/foo.c:9
Stack frame #03  pc 000191ac  /system/lib/libc.so
Stack frame #04  pc 000083ea  /data/local/ndk-tests/crasher : Routine foo in /tmp/foo/crasher/jni/foo.c:14
Stack frame #05  pc 00008458  /data/local/ndk-tests/crasher : Routine main in /tmp/foo/crasher/jni/main.c:19
Stack frame #06  pc 0000d362  /system/lib/libc.so

使用方法

ndk-stack を使用するには、まずアプリの共有ライブラリのシンボリック バージョンを含むディレクトリが必要です。 NDK ビルドシステム(ndk-build)を使用している場合、これらの共有ライブラリは $PROJECT_PATH/obj/local/<abi> の下にあります。ここで、<abi> は端末の ABI を表します。 デフォルトでは、システムで armeabi ABI が使用されます。

このツールを使用する方法は 2 つあります。logcat テキストをプログラムに直接入力することができます。次に例を示します。

adb logcat | $NDK/ndk-stack -sym $PROJECT_PATH/obj/local/armeabi

-dump オプションを使用して、logcat を入力ファイルとして指定することもできます。次に例を示します。

adb logcat > /tmp/foo.txt
$NDK/ndk-stack -sym $PROJECT_PATH/obj/local/armeabi -dump foo.txt

このツールは logcat 出力の解析を開始するときに、以下のようなアスタリスクで構成された最初の行を探します。

*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***

注: トレースをコピーして貼り付けるときに、この行を含めてください。そうしないと、ndk-stack が適切に機能しません。