コンテンツに移動

よくアクセスするページ

最近アクセスしたページ

navigation

TV 再生アプリのビルド

依存関係と前提条件

  • Android 5.0(API レベル 21)以降

関連コンテンツ

メディア ファイルのブラウジングと再生は、TV アプリが提供するユーザー エクスペリエンスによって左右される部分が多くあります。ゼロから開始して、高速でなめらかな魅力あるユーザー エクスペリエンスを確実にビルドすることは、非常に困難な場合があります。アプリの露出するメディア カタログが、小規模か大規模かにかかわらず、ユーザーが簡単にオプションをブラウジングでき、希望のコンテンツに辿りつけるようにすることが重要です。

Android のフレームワークでは、v17 leanback サポート ライブラリを使用して TV アプリのユーザー インターフェースをビルドするためのクラスを提供します。このライブラリは、最小限のコーディングで、メディア ファイルのブラウジングと再生用の効率的で親しみやすいインターフェースを作成するためのクラスのフレームワークを提供します。クラスは拡張やカスタマイズができるように設計されており、アプリ独自のユーザー エクスペリエンスを作成できます。

このクラスでは、TV 向けの Leanback サポート ライブラリを使用して、メディア コンテンツブをラウジングしたり再生したりする TV アプリのビルド方法を説明します。

トピック

カタログ ブラウザを作成する
Leanback サポート ライブラリを使用して、メディア カタログのブラウジング インターフェースをビルドする方法を説明します。
詳細ビューをビルドする
Leanback サポート ライブラリを使用して、メディア アイテムの詳細ページをビルドする方法を説明します。
再生中カードを表示する
MediaSession を使用して、「再生中」カードをホーム スクリーンに表示する方法を説明します。
このサイトでは、ユーザーが選択したサイトの言語と表示設定を保存する目的で Cookie を使用しています。

Android デベロッパー向けの最新情報やヒントを入手して、Google Play での成功を手に入れましょう。

* 必須

送信しました

WeChat で Google Developers をフォローする

このサイトをで表示しますか?

ページの表示言語としてを選択しましたが、このサイトの言語はに設定されています。

言語設定を変更してこのサイトをで表示しますか?言語設定を変更する場合は、各ページの下にある言語メニューを使用してください。

このクラスには、API レベル 以上が必要です。

API レベル が選択されているため、このドキュメントは非表示になっています。左のナビゲーションの上にあるセレクタを使って、ドキュメントの API レベルを変更できます。

アプリに必要な API レベルを指定する方法について、詳しくは異なるプラットフォーム バージョンのサポートをご覧ください。

Take a short survey?
Help us improve the Android developer experience. (April 2018 — Developer Survey)