キーボード入力の処理

Android システムでは、UI のテキスト フィールドにフォーカスが移ると、ソフト入力方法と呼ばれる画面キーボードが表示されます。 最良のユーザー エクスペリエンスを提供するために、想定される入力のタイプ(電話番号やメールアドレスなど)と入力方法の動作(スペルミスの自動修正を行うかどうかなど)に関する特性を指定できます。

Android は、画面上の入力方法に加えてハードウェア キーボードもサポートしているため、アプリでは、接続されたキーボードを介して発生する可能性がある操作に対してユーザー エクスペリエンスを最適化することが重要になります。

これらのトピックなどについては、次のレッスンで説明します。

レッスン

入力方法のタイプの指定
特定のソフト入力方法(電話番号、ウェブアドレス、またはその他の形式用に設計された方法など)を表示する方法を学びます。また、スペル候補の動作とアクション ボタン(DoneNext など)の特性を指定する方法も学びます。
入力方法の表示の処理
ソフト入力方法を表示するタイミングを指定する方法と、縮小された画面スペースに合わせてレイアウトを調整する方法を学びます。
キーボード ナビゲーションのサポート
ユーザーがキーボードを使用してアプリ内をナビゲートできることを確認する方法と、ナビゲーション順序に必要な変更を加える方法を学びます。
キーボード アクションの処理
ユーザー アクションを表すキーボード入力に直接対応する方法を学びます。