Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

Google Play Core Library の概要

このページでは、Google Play Core Library と、それをプロジェクトにインポートする方法について説明します。

Play Core とは

Play Core Library は、Google Play ストアに対するアプリのランタイム インターフェースです。Play Core を使用すると、次のようなことができます。

Play Core Library は、JavaネイティブUnity で利用できます。Play Core Library の最新リリースについて詳しくは、リリースノートをご覧ください。

プロジェクトに Play Core Library をインポートする

Play Core Library を使用するには、アプリ プロジェクトにインポートしておく必要があります。必要な手順は、開発環境(Java、Kotlin、ネイティブ、または Unity)によって異なります。

Java または Kotlin

Java または Kotlin を使用してプロジェクトを開発する場合は、次に示すように、Gradle の依存関係として Play Core Library を Android プロジェクトにインポートできます。

// In your app’s build.gradle file:
...
dependencies {
    // This dependency is downloaded from the Google’s Maven repository.
    // So, make sure you also include that repository in your project's build.gradle file.
    implementation 'com.google.android.play:core:1.10.0'

    // For Kotlin users also import the Kotlin extensions library for Play Core:
    implementation 'com.google.android.play:core-ktx:1.8.1'
    ...
}

Play Core KTX ライブラリはオプションです。このライブラリには、通常の Play Core Library の非同期メソッド呼び出しを Kotlin コルーチンにしたバージョンなど、Kotlin から自然な形で API を使用できる拡張が用意されています。

ネイティブ

Play Core Native SDK には、Play Asset Delivery 用の C/C++ API インターフェースが用意されています。CMake を使用して ARM と x86 のネイティブ ライブラリをビルドしたり、Gradle で Android App Bundle や APK を生成したりするための一連のファイルが含まれています。

開発環境をセットアップする

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • Android Studio バージョン 4.0 以降をインストールする。SDK Manager UI を使用して、Android SDK Platform バージョン 10.0(API レベル 29)をインストールします。
    • Android SDK コマンドライン ツールをインストールし、sdkmanager を使用して Android SDK Platform バージョン 10.0(API レベル 29)をインストールする。
  2. Android Studio をネイティブ開発で使用できるようにするため、SDK Manager を使用して最新の CMake と Android Native Development Kit(NDK)をインストールします。ネイティブ プロジェクトの作成やインポートの詳細については、NDK のスタートガイドをご覧ください。

  3. zip ファイルをダウンロードして、プロジェクトと同じ場所に展開します。

    ダウンロード リンク サイズ SHA-256 チェックサム
    79.3 MB cca824c6eacfb1393e95863856086961d0cdef523e2479e414853582a4481495
  4. アプリの build.gradle ファイルを以下のように更新します。

    // App build.gradle
    
    apply plugin: 'com.android.application'
    
    // Define a path to the extracted Play Core SDK files.
    // If using a relative path, wrap it with file() since CMake requires absolute paths.
    def playcoreDir = file('../path/to/playcore-native-sdk')
    
    android {
        defaultConfig {
            ...
            externalNativeBuild {
                cmake {
                    // Define the PLAYCORE_LOCATION directive.
                    arguments "-DANDROID_STL=c++_static",
                              "-DPLAYCORE_LOCATION=$playcoreDir"
                }
            }
            ndk {
                // Skip deprecated ABIs. Only required when using NDK 16 or earlier.
                abiFilters 'armeabi-v7a', 'arm64-v8a', 'x86', 'x86_64'
            }
        }
        buildTypes {
            release {
                // Include Play Core Library proguard config files to strip unused code while retaining the Java symbols needed for JNI.
                proguardFile "$playcoreDir/proguard/common.pgcfg"
                proguardFile "$playcoreDir/proguard/per-feature-proguard-files"
                ...
            }
            debug {
                ...
            }
        }
        externalNativeBuild {
            cmake {
                path 'src/main/CMakeLists.txt'
            }
        }
    }
    
    dependencies {
        // Use the Play Core AAR included with the SDK.
        implementation files("$playcoreDir/playcore.aar")
        ...
    }
    
  5. アプリの CMakeLists.txt ファイルを以下のように更新します。

    cmake_minimum_required(VERSION 3.6)
    
    ...
    
    # Add a static library called “playcore” built with the c++_static STL.
    include(${PLAYCORE_LOCATION}/playcore.cmake)
    add_playcore_static_library()
    
    // In this example “main” is your native code library, i.e. libmain.so.
    add_library(main SHARED
            ...)
    
    target_include_directories(main PRIVATE
            ${PLAYCORE_LOCATION}/include
            ...)
    
    target_link_libraries(main
            android
            playcore
            ...)
    

Unity

Unity プラグインは、Play Asset Delivery などの一部の Play Core API で使用できます。Google Play の Unity 向けプラグインのリリースから最新のリリースをダウンロードします。 Play Core プラグインとともに、Play In-app Billing や Play Instant などの Play プラグインを含んだ単一のパッケージです。

Play Core Native SDKのダウンロード

ダウンロードする前に、次の利用規約に同意する必要があります。

利用規約

最終更新日: 2020 年 9 月 24 日
  1. Play Core ソフトウェア開発キットを使用すると、Google API 利用規約(「API 利用規約」)に加えて、本規約に同意したことになります。各規約の間に矛盾がある場合は、本規約が API 利用規約よりも優先されます。本規約と API 利用規約をよくお読みください。
  2. 本規約において、「API」とは Google の API、その他のデベロッパー向けサービス、および関連するソフトウェア(あらゆる再配布可能コードを含む)を意味します。
  3. 「再配布可能コード」とは、API を呼び出す Google 提供のオブジェクト コードまたはヘッダー ファイルを指します。
  4. 本規約および API 利用規約の既定に従い、API クライアントの一部として含める形でのみ、再配布可能コードをコピーして配布することができます。Google とそのライセンサーは、再配布可能コードとそれに含まれる一切の権利、権原、および利益(すべての知的財産権とその他の所有権を含む)を所有します。デベロッパーは、再配布可能コードの修正、翻訳、派生物の作成をしてはなりません。
  5. Google は、通知を行い、Play Core ソフトウェア開発キットの使用を拒否する機会を提供したうえで、いつでも本規約を変更することができます。Google は、本規約の変更の通知を https://developer.android.com/guide/playcore/license に掲載します。変更が遡って適用されることはありません。

ダウンロードする: Play Core Native SDK

ダウンロードする: Play Core Native SDK

play-core-native-sdk-1.10.0.zip