Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

ウェアラブル データレイヤにアクセスする

Data Layer API を呼び出すには、 Wearable クラスを使用して、各種のクライアント クラス( DataClient MessageClient など)のインスタンスを取得します。

以下の関連リソースをご覧ください。

注: Wear アプリは Data Layer API を使用してスマートフォン アプリと通信できますが、この API を使用してネットワークに接続することはおすすめしません。

最低限のクライアントを使用する

最初は、次の例に示すような最低限のクライアントで十分です。 詳しくは、Google Play 開発者サービスの API へのアクセスをご覧ください。

Kotlin

    val dataClient: DataClient = Wearable.getDataClient(context)
    

Java

    DataClient dataClient = Wearable.getDataClient(context);
    

コンテキストには任意の有効な Android コンテキストを指定できます。アクティビティのスコープ内で API を使用する場合は、 Wearable クラスの getDataClient(activity) メソッドを使用します。これにより、たとえばユーザーが Google Play 開発者サービスのバージョンをアップデートするように求められた場合、特定の操作を通知ではなくダイアログとして表示できます。

デフォルトでは、リスナーへのコールバックはアプリのメイン UI スレッドで行われます。別のスレッドでコールバックが行われるようにするには、 WearableOptions オブジェクトを使用してカスタム Looper を指定します( WearableOptions.Builder を参照してください)。

Kotlin

    val dataClient: DataClient =
            Wearable.WearableOptions.Builder().setLooper(myLooper).build().let { options ->
                Wearable.getDataClient(context, options)
            }
    

Java

    WearableOptions options = new WearableOptions.Builder().setLooper(myLooper).build();
    DataClient dataClient = Wearable.getDataClient(context, options);
    

Wearable API クライアント( DataClient MessageClient など)は低コストで作成できるため、一度だけ作成して保持する必要はありません。アプリに適したスタイルを使用できます。クライアントの状態(登録済みのリスナーのセットなど)はすべてのクライアントで共有され、アプリの実行中に Google Play 開発者サービスがアップデートされても保持されます。