アプリ内アップデートをテストする

このガイドでは、アプリ内でアプリ内アップデートをテストする方法について説明します。

内部アプリ共有を使用してテストする

内部アプリ共有を使用してアプリ内アップデートをテストするには、次の手順を行います。

  1. テストデバイスに、アプリ内アップデートをサポートするバージョンが、内部アプリ共有 URL を使用してインストールされていることを確認します。

  2. Google Play Console の手順に沿ってアプリを内部で共有します。すでにテストデバイスにインストールされているバージョンよりも高いバージョン コードを使用するアプリのバージョンをアップロードします。

  3. テストデバイスで、アプリの更新バージョンの内部アプリ共有リンクをクリックします。ただし、リンクをクリックした後に表示される Play ストアのページからは、アプリをインストールしないでください

  4. デバイスのアプリドロワーまたはホーム画面でアプリを開きます。これで、アップデートをアプリで利用でき、アプリ内アップデートの実装をテストできるようになります。

トラブルシューティング

このセクションでは、テスト中にアプリ内アップデートが期待どおりに動作しない場合に、考えられる解決策について説明します。

  • アプリ内アップデートは、アプリを所有するユーザー アカウントでのみ利用できます。アプリ内アップデートをテストする前に、使用するアカウントが少なくとも一度は Google Play からアプリをダウンロードしていることを確認してください。

  • アプリ内アップデートのテストに使用するアプリに、Google Play から入手できるバージョンと同じアプリケーション ID署名キーがあることを確認してください。

  • Google Play によるアプリのアップデートは、より高いバージョン コードにのみ可能です。テストしているアプリがアップデートのバージョン コードよりも低いバージョン コードであることを確認してください。

  • アプリを内部アプリ共有にアップロードする場合、inAppUpdatePriority フィールドはサポートされません。