6 月 3 日の「#Android11: The Beta Launch Show」にぜひご参加ください。

アプリのライセンス

Google Play には、そこで公開するアプリにライセンス ポリシーを適用するためのライセンス サービスが用意されています。Google Play ライセンス サービスを使用すると、アプリではランタイムに現在のユーザーのライセンス ステータスを Google Play に問い合わせ、状況に応じてそれ以降の使用を許可または拒否できます。

また、アプリごとにライセンス ポリシーを調整でき、そのアプリに適した方法でライセンスを適用できます。必要に応じて、Google Play から取得したライセンス ステータスに基づき、カスタム制約を適用することもできます。 たとえば、アプリでライセンス ステータスをチェックし、そのユーザーに一定の有効期間だけライセンスなしで実行を許可するといったカスタム制約を適用できます。さらに、アプリでは他の制約に加えて、アプリの使用を特定のデバイスに制限することもできます。

このライセンス サービスは、アプリの使用を制御する手段として安全性の高いものです。アプリからのライセンス ステータスのチェックに対する応答には、Google Play サーバーにより、そのアプリ固有の鍵ペアを使った署名がなされます。アプリでは、公開鍵をコンパイル済み .apk ファイルに格納することもできますが、信頼できるサーバーでライセンス ステータス応答を確認する方がはるかに安全です。

Google Play を介して公開するアプリであれば、Google Play ライセンス サービスを使用できます。サービスの利用に際し、特別なアカウントの作成や登録は必要ありません。また、このサービスでは専用のフレームワーク API を使用しないため、API レベル 3 以上を使用するアプリであれば、ライセンス機能を追加できます。

注: Google Play ライセンス サービスは、主に有料アプリを対象としており、現在のユーザーが実際に Google Play でアプリの代金を支払ったことを確認するためのものです。ただし、すべてのアプリ(無料アプリも含む)で、APK 拡張ファイルのダウンロードを開始するためにライセンス サービスを利用することもできます。その場合は、アプリがライセンス サービスにリクエストを送る目的は、ユーザーがアプリの代金を支払ったことの確認ではなく、拡張ファイルの URL の取得です。アプリの拡張ファイルのダウンロードについては、APK 拡張ファイルのガイドをご覧ください。

Google Play のアプリ ライセンス サービスの詳細とアプリへの統合方法については、以下のドキュメントをご覧ください。

ライセンスの概要
ライセンス サービスの仕組みと、一般的なライセンス機能の実装について説明します。
ライセンス機能追加のためのセットアップ
アプリにライセンス機能を追加するための、Google Play アカウント、開発環境、テスト環境のセットアップ方法について説明します。
アプリへのサーバーサイド ライセンス確認の追加
アプリにサーバーサイド ライセンス確認を追加する手順を詳しく説明します。
ライセンス リファレンス
ライセンス ライブラリのクラスとサービスの応答コードについて詳しく説明します。