コンテンツに移動

よくアクセスするページ

最近アクセスしたページ

navigation

再生中カードを表示する

TV アプリでは、ユーザーが他のアプリを使用中にバックグラウンドで音楽やその他のメディアを再生できる場合があります。このタイプのアプリの場合、アプリに戻って音楽を一時停止したり、新しい曲に切り替えたりする方法をユーザーに提供する必要があります。Android のフレームワークでは、ホーム スクリーン上の推奨する行に [再生中] カードを表示することで、 TV アプリで上記の操作を行えるようになります。

[再生中] カードは、アクティブなメディア セッションのホーム スクリーンの推奨する行に表示されるシステム アーティファクトです。アルバム アート、タイトル、アプリのアイコンなど、メディアのメタデータが含まれます。ユーザーが選択すると、システムはセッション中のアプリを開きます。

このレッスンでは、MediaSession クラスを使用して [再生中] カードを実装する方法を説明します。

Media Session を起動する

再生アプリはアクティビティサービスとして実行できます。サービスは、サービスを開始したアクティビティが破棄された後もメディアの再生を継続できるため、バックグラウンド再生時に必要となります。ここでは、メディア再生アプリが MediaBrowserService で実行されているものとします。

ご使用中のサービスのonCreate()メソッドで、MediaSession を新規作成し、メディア アプリへの適切なコールバックとフラグを設定して、MediaBrowserService のセッション トークンを設定します。

mSession = new MediaSession(this, "MusicService");
mSession.setCallback(new MediaSessionCallback());
mSession.setFlags(MediaSession.FLAG_HANDLES_MEDIA_BUTTONS |
        MediaSession.FLAG_HANDLES_TRANSPORT_CONTROLS);

// for the MediaBrowserService
setSessionToken(mSession.getSessionToken());

注意:[再生中] カードは、FLAG_HANDLES_TRANSPORT_CONTROLS フラグが設定されたメディア セッションでのみ表示されます。

再生中カードを表示する

[再生中] カードは、セッションがシステム内で最も優先度の高い場合に、setActive(true) を呼び出した後に表示されます。また、オーディオ フォーカスを管理するで説明したように、アプリからオーディオ フォーカスをリクエストする必要があります。

private void handlePlayRequest() {

    tryToGetAudioFocus();

    if (!mSession.isActive()) {
        mSession.setActive(true);
    }
...

setActive(false) の呼び出し時や別のアプリがメディアの再生を開始した場合に、カードはホーム スクリーンから削除されます。再生が一時停止された後、通常は 5~30 分間、カードを表示したままにして、その後カードをホーム スクリーンから削除することもできiます。

再生ステータスをアップデートする

どのメディア アプリの場合でも、次の例のように現在のメタデータを表示するよう、MediaSession で再生ステータスをアップデートするようにします。

private void updatePlaybackState() {
    long position = PlaybackState.PLAYBACK_POSITION_UNKNOWN;
    if (mMediaPlayer != null && mMediaPlayer.isPlaying()) {
        position = mMediaPlayer.getCurrentPosition();
    }
    PlaybackState.Builder stateBuilder = new PlaybackState.Builder()
            .setActions(getAvailableActions());
    stateBuilder.setState(mState, position, 1.0f);
    mSession.setPlaybackState(stateBuilder.build());
}
private long getAvailableActions() {
    long actions = PlaybackState.ACTION_PLAY |
            PlaybackState.ACTION_PLAY_FROM_MEDIA_ID |
            PlaybackState.ACTION_PLAY_FROM_SEARCH;
    if (mPlayingQueue == null || mPlayingQueue.isEmpty()) {
        return actions;
    }
    if (mState == PlaybackState.STATE_PLAYING) {
        actions |= PlaybackState.ACTION_PAUSE;
    }
    if (mCurrentIndexOnQueue > 0) {
        actions |= PlaybackState.ACTION_SKIP_TO_PREVIOUS;
    }
    if (mCurrentIndexOnQueue < mPlayingQueue.size() - 1) {
        actions |= PlaybackState.ACTION_SKIP_TO_NEXT;
    }
    return actions;
}

メディアのメタデータを表示する

トラックが現在再生中の場合は、setMetadata() メソッドを使用してMediaMetadata を設定します。メディア セッション オブジェクトのこのメソッドを使用すると、タイトル、サブタイトル、さまざまなアイコンなど、トラックに関する情報を [再生中] カードに表示することができます。次の例は、トラック データがカスタムデータ クラスの MediaData に格納されている場合です。

private void updateMetadata(MediaData myData) {
    MediaMetadata.Builder metadataBuilder = new MediaMetadata.Builder();
    // To provide most control over how an item is displayed set the
    // display fields in the metadata
    metadataBuilder.putString(MediaMetadata.METADATA_KEY_DISPLAY_TITLE,
            myData.displayTitle);
    metadataBuilder.putString(MediaMetadata.METADATA_KEY_DISPLAY_SUBTITLE,
            myData.displaySubtitle);
    metadataBuilder.putString(MediaMetadata.METADATA_KEY_DISPLAY_ICON_URI,
            myData.artUri);
    // And at minimum the title and artist for legacy support
    metadataBuilder.putString(MediaMetadata.METADATA_KEY_TITLE,
            myData.title);
    metadataBuilder.putString(MediaMetadata.METADATA_KEY_ARTIST,
            myData.artist);
    // A small bitmap for the artwork is also recommended
    metadataBuilder.putString(MediaMetadata.METADATA_KEY_ART,
            myData.artBitmap);
    // Add any other fields you have for your data as well
    mSession.setMetadata(metadataBuilder.build());
}

ユーザー アクションを処理する

ユーザーが [再生中] カード選択すると、システムはセッション中のアプリを開きます。TV アプリが PendingIntentsetSessionActivity()に渡した場合は、指定したアクティビティをシステムが次のように開始します。それ以外の場合は、デフォルトのシステム インテントが開きます。指定対象のアクティビティでは、ユーザーに再生の一時停止または停止(再生コントロール)機能を提供する必要があります。

Intent intent = new Intent(mContext, MyActivity.class);
    PendingIntent pi = PendingIntent.getActivity(context, 99 /*request code*/,
            intent, PendingIntent.FLAG_UPDATE_CURRENT);
    mSession.setSessionActivity(pi);
このサイトでは、ユーザーが選択したサイトの言語と表示設定を保存する目的で Cookie を使用しています。

Android デベロッパー向けの最新情報やヒントを入手して、Google Play での成功を手に入れましょう。

* 必須

送信しました

WeChat で Google Developers をフォローする

このサイトをで表示しますか?

ページの表示言語としてを選択しましたが、このサイトの言語はに設定されています。

言語設定を変更してこのサイトをで表示しますか?言語設定を変更する場合は、各ページの下にある言語メニューを使用してください。

このクラスには、API レベル 以上が必要です。

API レベル が選択されているため、このドキュメントは非表示になっています。左のナビゲーションの上にあるセレクタを使って、ドキュメントの API レベルを変更できます。

アプリに必要な API レベルを指定する方法について、詳しくは異なるプラットフォーム バージョンのサポートをご覧ください。

Take a short survey?
Help us improve the Android developer experience. (April 2018 — Developer Survey)