Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

カードビューを提供する

前のレッスンでは、カタログ ブラウザを作成し、メディア アイテムのリストを表示するブラウズ フラグメントに実装しました。このレッスンでは、メディア アイテムのカードビューを作成し、ブラウズ フラグメント内に表示します。

BaseCardView クラスとそのサブクラスは、メディア アイテムに関連付けられているメタデータを表示します。このレッスンで使用する ImageCardView クラスは、コンテンツの画像をメディア アイテムのタイトルとともに表示します。

このレッスンでは、Android TV の GitHub リポジトリにある Android Leanback サンプルアプリのコードについて説明します。このサンプルコードを使用して独自のアプリを起動します。

アプリのカードビュー

図 1. Leanback サンプルアプリの画像カードビュー(選択時)

カード プレゼンターを作成する

Presenter はビューを生成して、オブジェクトをそのビューにオンデマンドでバインドします。アプリがそのコンテンツをユーザーに表示するブラウズ フラグメントで、コンテンツ カードの Presenter を作成し、コンテンツを画面に追加するアダプターに渡します。次のコードでは、LoaderManageronLoadFinished() コールバックで CardPresenter が作成されています。

Kotlin

    override fun onLoadFinished(loader: Loader<HashMap<String, List<Movie>>>, data: HashMap<String, List<Movie>>) {
        rowsAdapter = ArrayObjectAdapter(ListRowPresenter())
        val cardPresenter = CardPresenter()

        var i = 0L

        data.entries.forEach { entry ->
            val listRowAdapter = ArrayObjectAdapter(cardPresenter).apply {
                entry.value.forEach { movie ->
                    add(movie)
                }
            }

            val header = HeaderItem(i, entry.key)
            i++
            rowsAdapter.add(ListRow(header, listRowAdapter))
        }

        val gridHeader = HeaderItem(i, getString(R.string.more_samples))

        val gridRowAdapter = ArrayObjectAdapter(GridItemPresenter()).apply {
            add(getString(R.string.grid_view))
            add(getString(R.string.error_fragment))
            add(getString(R.string.personal_settings))
        }
        rowsAdapter.add(ListRow(gridHeader, gridRowAdapter))

        adapter = rowsAdapter

        updateRecommendations()
    }
    

Java

    @Override
    public void onLoadFinished(Loader<HashMap<String, List<Movie>>> arg0,
                               HashMap<String, List<Movie>> data) {

        rowsAdapter = new ArrayObjectAdapter(new ListRowPresenter());
        CardPresenter cardPresenter = new CardPresenter();

        int i = 0;

        for (Map.Entry<String, List<Movie>> entry : data.entrySet()) {
            ArrayObjectAdapter listRowAdapter = new ArrayObjectAdapter(cardPresenter);
            List<Movie> list = entry.getValue();

            for (int j = 0; j < list.size(); j++) {
                listRowAdapter.add(list.get(j));
            }
            HeaderItem header = new HeaderItem(i, entry.getKey());
            i++;
            rowsAdapter.add(new ListRow(header, listRowAdapter));
        }

        HeaderItem gridHeader = new HeaderItem(i, getString(R.string.more_samples));

        GridItemPresenter gridPresenter = new GridItemPresenter();
        ArrayObjectAdapter gridRowAdapter = new ArrayObjectAdapter(gridPresenter);
        gridRowAdapter.add(getString(R.string.grid_view));
        gridRowAdapter.add(getString(R.string.error_fragment));
        gridRowAdapter.add(getString(R.string.personal_settings));
        rowsAdapter.add(new ListRow(gridHeader, gridRowAdapter));

        setAdapter(rowsAdapter);

        updateRecommendations();
    }
    

カードビューを作成する

ここでは、メディア コンテンツのアイテムについて説明するカードビューのビューホルダーを含むカード プレゼンターを作成します。プレゼンターごとに 1 つのビュータイプだけを作成する必要があります。カードビューのタイプが 2 つある場合は、カード プレゼンターが 2 つ必要になります。

Presenter に、コンテンツ アイテムの表示に使用可能なビューホルダーを作成する onCreateViewHolder() コールバックを実装します。

Kotlin

    private const val CARD_WIDTH = 313
    private const val CARD_HEIGHT = 176

    class CardPresenter : Presenter() {

        private lateinit var mContext: Context
        private lateinit var defaultCardImage: Drawable

        override fun onCreateViewHolder(parent: ViewGroup): Presenter.ViewHolder {
            mContext = parent.context
            defaultCardImage = mContext.resources.getDrawable(R.drawable.movie)
            ...
    

Java

    @Override
    public class CardPresenter extends Presenter {

        private Context context;
        private static int CARD_WIDTH = 313;
        private static int CARD_HEIGHT = 176;
        private Drawable defaultCardImage;

        @Override
        public ViewHolder onCreateViewHolder(ViewGroup parent) {
            context = parent.getContext();
            defaultCardImage = context.getResources().getDrawable(R.drawable.movie);
    ...
    

onCreateViewHolder() メソッドで、コンテンツ アイテム用のカードビューを作成します。次のサンプルでは ImageCardView を使用しています。

カードが選択されると、デフォルトの動作により、カードの元のサイズよりも拡大されます。選択したカードに別の色を指定したい場合は、次のように setSelected() を呼び出します。

Kotlin

        ...
        val cardView = object : ImageCardView(context) {
            override fun setSelected(selected: Boolean) {
                val selected_background = context.resources.getColor(R.color.detail_background)
                val default_background = context.resources.getColor(R.color.default_background)
                val color = if (selected) selected_background else default_background
                findViewById<View>(R.id.info_field).setBackgroundColor(color)
                super.setSelected(selected)
            }
        }
        ...
    

Java

    ...
        ImageCardView cardView = new ImageCardView(context) {
            @Override
            public void setSelected(boolean selected) {
                int selected_background = context.getResources().getColor(R.color.detail_background);
                int default_background = context.getResources().getColor(R.color.default_background);
                int color = selected ? selected_background : default_background;
                findViewById(R.id.info_field).setBackgroundColor(color);
                super.setSelected(selected);
            }
        };
    ...
    

ユーザーがアプリを開くと、Presenter.ViewHolder にコンテンツ アイテムの CardView オブジェクトが表示されます。D-pad コントローラからフォーカスを受け取るには、setFocusable(true)setFocusableInTouchMode(true) を呼び出して、以下のように設定する必要があります。

Kotlin

        ...
        cardView.isFocusable = true
        cardView.isFocusableInTouchMode = true
        return ViewHolder(cardView)
    }
    

Java

    ...
        cardView.setFocusable(true);
        cardView.setFocusableInTouchMode(true);
        return new ViewHolder(cardView);
    }
    

ユーザーが ImageCardView を選択すると、図 1 に示すようにビューが拡大され、指定した背景色でテキスト領域が表示されます。