コンテンツに移動

よくアクセスするページ

最近アクセスしたページ

navigation

Testing your database

It's important to verify the stability of your app's database and your users' data when creating databases using the Room persistence library.

There are 2 ways to test your database:

For information about testing that's specific to database migrations, see Testing Migrations.

Test on an Android device

The recommended approach for testing your database implementation is writing a JUnit test that runs on an Android device. Because these tests don't require creating an activity, they should be faster to execute than your UI tests.

When setting up your tests, you should create an in-memory version of your database to make your tests more hermetic, as shown in the following example:

@RunWith(AndroidJUnit4.class)
public class SimpleEntityReadWriteTest {
    private UserDao mUserDao;
    private TestDatabase mDb;

    @Before
    public void createDb() {
        Context context = InstrumentationRegistry.getTargetContext();
        mDb = Room.inMemoryDatabaseBuilder(context, TestDatabase.class).build();
        mUserDao = mDb.getUserDao();
    }

    @After
    public void closeDb() throws IOException {
        mDb.close();
    }

    @Test
    public void writeUserAndReadInList() throws Exception {
        User user = TestUtil.createUser(3);
        user.setName("george");
        mUserDao.insert(user);
        List<User> byName = mUserDao.findUsersByName("george");
        assertThat(byName.get(0), equalTo(user));
    }
}

Test on your host machine

Room uses the SQLite Support Library, which provides interfaces that match those in the Android Framework classes. This support allows you to pass custom implementations of the support library to test your database queries.

このサイトでは、ユーザーが選択したサイトの言語と表示設定を保存する目的で Cookie を使用しています。

Android デベロッパー向けの最新情報やヒントを入手して、Google Play での成功を手に入れましょう。

* 必須

送信しました

WeChat で Google Developers をフォローする

このサイトをで表示しますか?

ページの表示言語としてを選択しましたが、このサイトの言語はに設定されています。

言語設定を変更してこのサイトをで表示しますか?言語設定を変更する場合は、各ページの下にある言語メニューを使用してください。

このクラスには、API レベル 以上が必要です。

API レベル が選択されているため、このドキュメントは非表示になっています。左のナビゲーションの上にあるセレクタを使って、ドキュメントの API レベルを変更できます。

アプリに必要な API レベルを指定する方法について、詳しくは異なるプラットフォーム バージョンのサポートをご覧ください。

Take a short survey?
Help us improve the Android developer experience. (April 2018 — Developer Survey)