Skip to content

Most visited

Recently visited

navigation

コマンドラインからのアプリ作成

Gradle ラッパー コマンドライン ツールを使用すると、Android プロジェクトで利用可能なすべてのビルドタスクを実行できます。このツールは、Windows ではバッチファイル(gradlew.bat)として、Linux と Mac ではシェル スクリプト(gradlew.sh)として使用可能であり、Android Studio で作成したプロジェクトのルートからアクセスできます。

ラッパーでタスクを実行するには、次のいずれかのコマンドを使用します。

プロジェクトで利用可能なビルドタスクを一覧表示するには、tasks コマンドを実行します。

gradlew tasks

続いて、このページでは、Gradle ラッパーを使用してアプリをビルドし、実行するための基本事項について説明します。Android ビルドのセットアップ方法の詳細については、ビルドの設定をご覧ください。

コマンドライン ツールではなく Android Studio ツールを使用する場合は、アプリをビルドして実行するをご覧ください。

ビルドタイプの概要

すべての Android アプリにおいて、アプリをデバッグするための「デバッグ」ビルドと、ユーザーへアプリをリリースするための「リリース」ビルドの 2 種類のビルドタイプがデフォルトで使用できます。各ビルドで生成される APK は、エミュレータまたは端末にインストールする前に、証明書で署名する必要があります。デバッグビルドは SDK ツールから提供されるデバッグキーで自動的に署名されます(デバッグビルドは安全性に問題があるため、この APK を Google Play ストアに公開することはできません)。リリースビルドには独自のプライベート キーで署名する必要があります。

APK をリリース用にビルドする場合は、まずアプリに署名するをご覧ください。このページでは、プライベート キーを生成する方法とプライベート キーを使用して APK ファイルに署名する手順について説明しています。なお、アプリの開発を始めたばかりで、エミュレータまたは接続済み端末でアプリを簡単に実行したいという方は、デバッグ APK をビルドしてください。

build.gradle ファイルにカスタム ビルドタイプを定義し、debuggable true を追加して、デバッグビルドとして署名するように設定することもできます。詳細については、ビルド バリアントの設定をご覧ください。

デバッグ APK のビルド

デバッグ APK をビルドすると、すぐにアプリをテストしてデバッグできます。デバッグ APK は SDK ツールから提供されるデバッグキーで署名され、adb を使用してデバッグできます。

デバッグ APK をビルドするには、Android Studio で [View] > [Tool Windows] > [Terminal] を選択してコマンドラインを開き、プロジェクト ディレクトリのルートに移動します。デバッグビルドを開始するには、assembleDebug タスクを実行します。

gradlew assembleDebug

これにより、project_name/module_name/build/outputs/apk/module_name-debug.apk という APK が作成されます。このファイルはデバッグキーで既に署名されており、zipalign でアライメントされているため、すぐに端末にインストールできます。

あるいは、APK をビルドした直後に、実行中のエミュレータまたは接続済みの端末にインストールするには、installDebug を実行します。

gradlew installDebug

上のタスク名の「Debug」の部分は、単にビルド バリアント名をキャメルケースで表記したものであり、これはアセンブルまたはインストールするあらゆるビルド バリアントで置き換えることができます。たとえば、「demo」プロダクト フレーバーに対しては、assembleDemoDebug タスクでデバッグ バージョンをビルドできます。

各バリアントで使用できるすべてのビルドタスクとインストール タスク(アンインストール タスクを含む)を確認するには、tasks タスクを実行します。

エミュレータでのアプリの実行方法と端末でのアプリの実行方法に関するセクションもご覧ください。

リリース APK のビルド

アプリのリリースと配布の準備が整ったら、プライベート キーで署名されたリリース APK をビルドする必要があります。

詳細については、アプリに署名するをご覧ください。

エミュレータでのアプリの実行

Android エミュレータを使用する場合は、Android Studio を使用して Android 仮想デバイス(AVD)を作成する必要があります。

AVD を作成したら、Android エミュレータを起動し、次の手順でアプリをインストールします。

  1. コマンドラインで android_sdk/tools/ に移動し、AVD を指定してエミュレータを起動します。

    emulator -avd avd_name

    AVD 名がわからない場合は、emulator -list-avds を実行します。

  2. これで、前述の Gradle インストール タスク、または adb ツールを使用して、アプリをインストールできます。
    adb install path/to/your_app.apk
    

    ビルドした APK はすべて project_name/module_name/build/outputs/apk/ に保存されます。

詳細については、Android エミュレータ上でのアプリの実行をご覧ください。

端末でのアプリの実行

端末でアプリを実行するには、その端末で USB デバッグを有効にしておく必要があります。このオプションは、[Settings] > [Developer options] にあります。

注: Android 4.2 以降のバージョンでは、[Developer options] はデフォルトで非表示になっています。使用できるようにするには、[Settings] > [About phone] で [Build number] を 7 回タップします。設定画面に戻ると、[Developer options] が表示されます。

端末を設定して USB 経由で接続したら、前述の Gradle インストール タスクか、adb ツールを使用して、アプリをインストールできます。

adb -d install path/to/your_app.apk

ビルドした APK はすべて project_name/module_name/build/outputs/apk/ に保存されます。

詳細については、ハードウェア端末上でのアプリの実行をご覧ください。

This site uses cookies to store your preferences for site-specific language and display options.

Get the latest Android developer news and tips that will help you find success on Google Play.

* Required Fields

Hooray!

Follow Google Developers on WeChat

Browse this site in ?

You requested a page in , but your language preference for this site is .

Would you like to change your language preference and browse this site in ? If you want to change your language preference later, use the language menu at the bottom of each page.

This class requires API level or higher

This doc is hidden because your selected API level for the documentation is . You can change the documentation API level with the selector above the left navigation.

For more information about specifying the API level your app requires, read Supporting Different Platform Versions.

Take a short survey?
Help us improve the Android developer experience.
(Sep 2017 survey)