Glance

Jetpack Compose スタイルの API を使用して、リモート サーフェスのレイアウトを作成します。
最新の更新 安定版リリース リリース候補 ベータ版リリース アルファ版リリース
2022 年 2 月 23 日 - - - 1.0.0-alpha03

依存関係の宣言

Glance への依存関係を追加するには、Google の Maven リポジトリをプロジェクトに追加する必要があります。詳しくは、Google の Maven リポジトリをご覧ください。

アプリまたはモジュールの build.gradle ファイルに、必要なアーティファクトの依存関係を追加します。

Groovy

dependencies {
    // For AppWidgets support
    implementation "androidx.glance:glance-appwidget:1.0.0-alpha03"

    // For Wear-Tiles support
    implementation "androidx.glance:glance-wear-tiles:1.0.0-alpha03"
}

android {
    buildFeatures {
        compose true
    }

    composeOptions {
        kotlinCompilerExtensionVersion = "1.1.0-beta03"
    }

    kotlinOptions {
        jvmTarget = "1.8"
    }
}

Kotlin

dependencies {
    // For AppWidgets support
    implementation("androidx.glance:glance-appwidget:1.0.0-alpha03")

    // For Wear-Tiles support
    implementation("androidx.glance:glance-wear-tiles:1.0.0-alpha03")
}

android {
    buildFeatures {
        compose = true
    }

    composeOptions {
        kotlinCompilerExtensionVersion = "1.1.0-beta03"
    }

    kotlinOptions {
        jvmTarget = "1.8"
    }
}

依存関係について詳しくは、ビルド依存関係の追加をご覧ください。

フィードバック

お寄せいただいたフィードバックは Jetpack 改善の参考にさせていただきます。新しい問題が見つかった場合や、このライブラリを改善するアイデアをお持ちの場合は、お知らせください。新しい問題を報告していただく前に、このライブラリの既存の問題をご確認ください。スターボタンをクリックすると、既存の問題に投票できます。

新しい問題を報告する

詳細については、Issue Tracker のドキュメントをご覧ください。

バージョン 1.0.0

バージョン 1.0.0-alpha03

2022 年 2 月 23 日

androidx.glance:glance-*:1.0.0-alpha03 がリリースされました。バージョン 1.0.0-alpha03 に含まれる commit については、こちらをご覧ください

新機能

  • 状態定義をデフォルトの Preferences に簡略化しました。

API の変更

  • 状態処理を、PreferencesGlanceStateDefinition をデフォルトの状態処理にすることで簡略化しました。GlanceAppWidget.updateAppWidgetState を削除し、デフォルトで Preferences を使用する updateAppWidgetState を導入しました。(I58963
  • Glance TemplateText クラスを追加し、テンプレート デザインを更新しました。(I4e146
  • Freeform テンプレート用のアウトライン インフラストラクチャを追加しました。(If03d6
  • SingleEntityTemplate レイアウトの更新(If925d
  • LazyVerticalGrid を追加しました(I5f442
  • SingleEntityTemplateColorProvider を使用します(I01ee0
  • テンプレート クラス名を更新しました(I3720e
  • LinearProgressIndicatorCircularProgressIndicator コンポーザブルを追加しました。(Ie116b

バグの修正

  • 初期 glance テンプレートの実装、「単一アイテム テンプレート」データとサンプル テンプレート レイアウトの定義(I35837
  • タイル コンテンツをデフォルトで中央に揃えます(I264be
  • glance-wear-tiles での fillMaxSize / Width / Height のバグを修正しました(I0a39f

バージョン 1.0.0-alpha02

2022 年 1 月 26 日

androidx.glance:glance-*:1.0.0-alpha02 がリリースされました。バージョン 1.0.0-alpha02 に含まれる commit については、こちらをご覧ください。

新機能

このリリースには、Compose ランタイムを使用して Wear Tiles を作成するための API セットと、「一目でわかる」ように最適化されたコンポーザブルが含まれています。

  • GlanceTileService(コンポーズ可能な Content() 関数内でタイルを作成するサービス)を拡張することにより、Wear Tiles のサービスを宣言します。
  • Wear Tiles 専用の Glance コンポーザブルとして、CurvedRowCurvedText があります。
  • TimelineMode.SingleEntryTimelineMode.TimeBoundEntries を定義することで、タイルのさまざまなタイムライン モードを処理できます。
  • ローカル コンポジション LocalTimeInterval は特定の時間間隔を参照します。
  • BorderModifer は、要素の周囲に枠線を付ける GlanceModifier です。

また、今回のリリースでは、AppWidget Glance に進行状況インジケーターも追加しました。

API の変更

  • LinearProgressIndicatorCircularProgressIndicator コンポーザブルを追加しました。(Ie116b
  • actionStartBroadcastReceiveractionSendBroadcast に変更しました。(I7d555
  • GlanceAppWidget onDelete コールバックにコンテキストを渡すようにしました。(I4c795

バグの修正

  • 空の OPTIONS_APPWIDGET_SIZES が存在する場合の処理を修正しました。(I01f82

バージョン 1.0.0-alpha01

2021 年 12 月 15 日

androidx.glance:glance:1.0.0-alpha01androidx.glance:glance-appwidget:1.0.0-alpha01androidx.glance:glance-appwidget-proto:1.0.0-alpha01 がリリースされました。バージョン 1.0.0-alpha01 に含まれる commit については、こちらをご覧ください

初回リリースの機能

  • Glance の初回リリースには、Compose Runtime を使用して AppWidget を作成する最初の API セットと、「Glanceables」に最適化された新しいコンポーザブルのセットが含まれています。

機能