Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

ピアツーピア接続のための Wi-Fi ネットワーク リクエスト API

Android 10 (API レベル 29) 以上 の端末では、Chromecast や Google Home ハードウェアなどのセカンダリ端末の構成をブートストラップするための新しいピアツーピア API を使用できます。この機能により、アプリは、リクエストされたネットワークのプロパティを記述する WifiNetworkSpecifier を使用して、端末が接続されているアクセス ポイントを変更するようユーザーに促すことができます。

この API を使用するには、次の手順を実施します。

  1. WifiNetworkSpecifier.Builder を使用して、Wi-Fi ネットワーク指定子を作成します。

  2. 接続するネットワークと一致するネットワーク フィルタを、必要な認証情報とともに設定します。

  3. 以下の要件に従って、SSIDSSID patternBSSIDBSSID pattern の組み合わせを決定し、各リクエストのネットワーク フィルタを設定します。

    • 各リクエストには、SSIDSSID patternBSSIDBSSID pattern のうち少なくとも 1 つを指定する必要があります。
    • 各リクエストでは、SSID または SSID pattern のいずれか 1 つだけを設定できます。
    • 各リクエストでは、BSSID または BSSID pattern のいずれか 1 つだけを設定できます。
  4. リクエストのステータスをトラッキングするため、指定子と NetworkCallback インスタンスをネットワーク リクエストに追加します。

    ユーザーがリクエストを承認し、ネットワークへの接続が成功した場合は、コールバック オブジェクトで NetworkCallback.onAvailable() が呼び出されます。ユーザーがリクエストを拒否した場合またはネットワークへの接続が失敗した場合は、コールバック オブジェクトで NetworkCallback.onUnavailable() が呼び出されます。

ピア端末への接続リクエストを送信すると、同じ端末上でダイアログ ボックスが起動され、その端末のユーザーが接続リクエストを承認することが可能になります。

ユーザー承認のバイパス

ユーザーが特定のアプリからのリクエストに応じてネットワークへの接続を承認すると、端末は特定のアクセス ポイントに対する承認を保存します。アプリがそのアクセス ポイントに再度接続するための特定リクエストを送信すると、端末はユーザー承認フェーズをスキップして、自動的にネットワークに接続します。API によってリクエストされたネットワークに接続しているときにユーザーがネットワーク接続情報を消去することを選択すると、アプリとネットワークの組み合わせに対して保存された承認が削除され、アプリからのその後のリクエストはユーザーにより再度承認されることが必要になります。アプリが SSID や BSSID パターンなどの非特定リクエストを送信する場合は、ユーザーがリクエストを承認する必要があります。

コードサンプル

次のコードサンプルは、SSID プレフィックスが "test" で BSSID OUI が "10:03:23" のオープン ネットワークに接続する方法を示しています。

Kotlin

val specifier = WifiNetworkSpecifier.Builder()
    .setSsidPattern(PatternMatcher("test", PatternMatcher.PATTERN_PREFIX))
    .setBssidPattern(MacAddress.fromString("10:03:23:00:00:00"), MacAddress.fromString("ff:ff:ff:00:00:00"))
    .build()

val request = NetworkRequest.Builder()
    .addTransportType(NetworkCapabilities.TRANSPORT_WIFI)
    .removeCapability(NetworkCapabilities.NET_CAPABILITY_INTERNET)
    .setNetworkSpecifier(specifier)
    .build()

val connectivityManager = context.getSystemService(Context.CONNECTIVITY_SERVICE) as ConnectivityManager

val networkCallback = object : ConnectivityManager.NetworkCallback() {
    ...
    override fun onAvailable(network: Network?) {
        // do success processing here..
    }

    override fun onUnavailable() {
        // do failure processing here..
    }
    ...
}
connectivityManager.requestNetwork(request, networkCallback)
...
// Release the request when done.
connectivityManager.unregisterNetworkCallback(networkCallback)

Java

final NetworkSpecifier specifier =
  new WifiNetworkSpecifier.Builder()
  .setSsidPattern(new PatternMatcher("test", PatternMatcher.PATTERN_PREFIX))
  .setBssidPattern(MacAddress.fromString("10:03:23:00:00:00"), MacAddress.fromString("ff:ff:ff:00:00:00"))
  .build();

final NetworkRequest request =
  new NetworkRequest.Builder()
  .addTransportType(NetworkCapabilities.TRANSPORT_WIFI)
  .removeCapability(NetworkCapabilities.NET_CAPABILITY_INTERNET)
  .setNetworkSpecifier(specifier)
  .build();

final ConnectivityManager connectivityManager = (ConnectivityManager)
  context.getSystemService(Context.CONNECTIVITY_SERVICE);

final NetworkCallback networkCallback = new NetworkCallback() {
  ...
  @Override
  void onAvailable(...) {
      // do success processing here..
  }

  @Override
  void onUnavailable(...) {
      // do failure processing here..
  }
  ...
};
connectivityManager.requestNetwork(request, networkCallback);
...
// Release the request when done.
connectivityManager.unregisterNetworkCallback(networkCallback);