代替の課金システムの API

条件を満たすデベロッパーは、特定の国のユーザーにアプリ内で代替の課金システムを提供し、発生した取引を Google に報告できます。アプリの配信地域と利用資格に応じて、アプリで作成できる代替の課金システムには 2 つのバージョンがあります。

このガイドでは、いずれかのバージョンで使用する必要がある API について説明します。これらの API を使用する前に、プログラム ページを確認し、関連するプログラムに登録する必要があります。

用語

このガイドで使用する用語規則:

  • 代替の課金システムの API: 該当する画面をユーザーに表示するとともに、デベロッパーの代替の課金システムで完了した取引をデベロッパーが報告できるようにするために使用される API。
  • 代替の課金システム: Google Play の課金システムとともに、または単独で提供できるデベロッパーの代替の課金システム(利用には要件があります)。
  • 外部取引: Google Play の課金システム以外で行われる取引。
  • 外部取引トークン: Play Billing Library を介してデベロッパーに提供されるトークン。デベロッパーは、ユーザーが代替の課金システムを完了した際に、このトークンを使用して購入の成功を Google Play に通知します。
  • 外部取引 ID: 取引を識別するためにデベロッパーが生成した一意の識別子。

ユーザー選択型の代替の課金システムを提供する

このセクションでは、Google Play の課金システムを使用するオプションとともに、ユーザー選択型の代替の課金システムを提供する方法について説明します。これらの API を使用する前に、次の点を確認してください。

Google Play 請求サービス統合の推奨モジュールの残りは、デベロッパーがすでに現在の統合用に持っているモジュールと同じです。

バックエンド統合で利用するため、Google Play Developer API の統合セットアップも準備することをおすすめします。

Google Play Console で設定する

対応する「ユーザー選択型の代替の課金システム」プログラムの登録を完了し、代替の課金システムの API を統合済みのデベロッパーは、Google Play Console で代替の課金システムの設定を管理できます。

  • 対象となるアプリごとに、代替の課金システムを提供するかどうかを選択できます。
  • ガイドラインに記載されたすべての形式の仕様に沿って、お支払い方法のロゴをアップロードします。これらのガイドラインに準拠していない画像は、ユーザー選択画面の代替の課金システムに表示されません(注: お支払い方法のロゴを含めるかどうかは任意ですが、使用することを強くおすすめします)。
  • 定期購入を提供する場合は、必要な定期購入の管理リンクを提供します。
モックの UI(説明を目的としたものであり、変更される可能性があります)

ユーザー エクスペリエンス

クライアントサイドの API により、次の機能が有効になります。

  • Google Play によって、該当する情報とユーザー選択画面がレンダリングされ、管理されます。
  • ユーザーが Google Play の課金システムを使用することを選択した場合、請求フローでは引き続き Google Play の標準の課金インターフェースが使用されます。

デベロッパー アプリ

課金選択画面

説明のみを目的とした例です。

ユーザー選択画面

ユーザー選択画面には、デベロッパーの代替の課金システムと Google Play の課金システムのいずれかを使用する選択肢が表示されます。

「代替の課金システム」オプションの構造

ユーザー選択画面の「代替の課金システム」オプションには、次の UI 要素があります。

  1. アプリアイコン
  2. アプリ名
  3. デベロッパーが提供するお支払い方法を含む画像アセット
  4. 追加のインジケーター(「など」 UI 要素は画像アセットの一部ではありません)

お支払い方法の画像アセット

1 つの画像アセットは複数の支払い方法カードで構成され、このガイドラインで定義されている仕様を遵守する必要があります。

サイズ

192 dp x 20 dp

カードの間隔

8 dp

ファイル形式

PNG、透明な背景

お支払い方法のバリエーション

デベロッパーは、画像アセットに含める利用可能なお支払い方法アイコンの数を選択できます(最大 5 つ)。

他の画像やテキストを画像に含めないでください。

カードの仕様

画像アセットに含まれるお支払い方法カードは、サイズ、間隔、スタイルに関する以下のガイドラインを遵守している必要があります。

カードのサイズ 32 dp x 20 dp
内側のパディング 3 dp
輪郭 1 dp(内側のストロークは寸法に含まれます)、半径 2 dp、#E0E0E0
カードの背景 無地(可能であれば白)

次のステップ

ユーザー選択型の代替の課金システム用 API の統合を開始する手順について詳しくは、アプリ内統合バックエンド統合のガイドをご覧ください。

代替の課金システムのみを提供する

このセクションでは、Google Play の課金システムを使用するオプションを提供することなく、ユーザー選択型の代替の課金システムを提供する方法について説明します。これらの API を使用する前に、次の点を確認してください。

バックエンド統合で利用するため、Google Play Developer API の統合セットアップを準備することをおすすめします。

Google Play Console で設定する

登録を完了し、代替の課金システムの API を統合済みのデベロッパーは、Google Play Console で代替の課金システムの設定を管理できます。

  • 対象となるアプリごとに、利用可能な各国における「代替の課金システムのみ(ユーザー選択型ではない)」の提供を有効または無効にします。
モックの UI(説明を目的としたものであり、変更される可能性があります)

ユーザー向け情報画面

情報画面は、対象アプリ内で代替の課金システムのみが提供されていることをユーザーが把握するのに役立ちます。この画面は代替の課金システムが有効になった後、アプリでの初回購入時にユーザーに表示されます。このメッセージは、同じデバイス上のアプリで同じユーザーがそれ以降に行った購入では表示されません。なお、ユーザーがデバイスのキャッシュを削除した場合などに、ダイアログが再度表示されることがあります。

次のステップ

代替の課金システム用 API の統合を開始する手順について詳しくは、アプリ内統合バックエンド統合のガイドをご覧ください。