大型画面向けの新機能、12L が来年早々にリリースされます。今すぐお試しください。

Android 12 の機能と変更点のリスト

アプリ デベロッパーに影響を与える可能性のある、機能と動作の変更点を次の表に示します。このリストを使用して影響のある変更点を探し、対応するリンクをクリックしてドキュメントをご覧ください。

カテゴリ タイプ 名前
アクティビティのライフサイクル 変更(すべてのアプリ) 戻るボタンを押してもルート ランチャー アクティビティが終了しない
戻るボタンを押すと、アクティビティが終了せず、バックグラウンドに移動するようになりました。
バックアップと復元 変更(12 以降をターゲットとするアプリ) バックアップと復元の変更
Google ドライブと D2D のバックアップについて、追加 / 除外ルールが個別に指定されるようになりました。
カメラ 新機能と API Camera2 のベンダー拡張機能
OEM 提供のカスタムカメラ効果がプラットフォームで直接公開されるようになりました。
カメラ 新機能と API Quad Bayer カメラセンサーのサポート
新しいプラットフォーム API は、超高解像度カメラセンサーをサポートします。
互換性 変更(12 以降をターゲットとするアプリ) 非 SDK 制限の更新
これまでサポートされていなかった一部のインターフェースが、Android 12 でブロックされます。
互換性 新機能と API 互換性テストの切り替えを更新
動作の変更のオン / オフを個別に切り替えて、より詳細な互換性テストを行えます。
接続 変更(すべてのアプリ) Passpoint のアップデート
Android 12 では、Passpoint 機能に対するデバイスのサポートを確認する新しい API が導入されています。
接続 変更(12 以降をターゲットとするアプリ) ピアツーピア + インターネット接続の同時実行
サポートされているデバイスでは、ピアツーピアとインターネットを同時に確立すると、プライマリ Wi-Fi ネットワークの接続が解除されます。
接続 変更(12 以降をターゲットとするアプリ) mDNSResponder のネイティブ API
mDNSResponder デーモンが、NSD イベントで必要な場合にのみ実行されるようになりました。
接続 新機能と API コンパニオン アプリの起動状態の維持
Android 12 では、コンパニオン デバイスが範囲内にある間はコンパニオン アプリを実行し続ける、新しい API が導入されました。
接続 新機能と API コンパニオン デバイス マネージャーのプロファイル
登録プロセスを簡素化するために、コンパニオン デバイスの権限をプロファイルにバンドルできるようになりました。
接続 新機能と API 帯域幅推定の改善
帯域幅の推定に全期間の加重平均が使用され、Wi-Fi とモバイル接続の両方で精度が向上しました。
接続 新機能と API Wi-Fi Aware(NAN)の機能強化
新しい API と構成オプションにより、Wi-Fi Aware の効率とフォールト トレランスが向上します。
接続 新機能と API ピアツーピア + インターネット接続の同時実行
サポート対象のデバイスで、ピアデバイスとプライマリ インターネット提供ネットワークへの Wi-Fi 接続を同時に維持できるようになりました。
接続 新機能と API NFC 支払いで画面オフを有効にする
アプリで、デバイスの画面をオンにしなくても NFC 支払いを有効にできるようになりました。
コア機能 新機能と API アプリの自動更新
新しい API メソッドを使用すると、ユーザーに確認を求めることなく、インストーラ アプリがアプリのアップデートを実施できます。
コア機能 新機能と API デバイスのチップセット情報
SoC チップセットのベンダー情報とモデル情報が SDK 経由で公開されるようになりました。
コア機能 新機能と API コア Java API の更新
Android 12 では、数多くのコア Java API のサポートが導入されました。
グラフィックと画像 変更(すべてのアプリ) リフレッシュ レートの切り替えの改善
ディスプレイがシームレスな移行に対応していない場合でも、リフレッシュ レートを変更できるようになりました。
グラフィックと画像 新機能と API アプリが Tombstone トレースに直接アクセスできるようにする
adb を使用せずにネイティブ コードでのクラッシュの Tombstone にアクセスできるようになりました。
グラフィックと画像 新機能と API AVIF 画像のサポート
Android 12 では AVIF 画像形式がサポートされており、同じファイルサイズでの画質が向上します。
グラフィックと画像 新機能と API ぼかし、カラーフィルタ、その他のエフェクトを簡単に
新しい API を使用すると、一般的なグラフィック効果をビューとレンダリング階層に簡単に適用できます。
グラフィックと画像 新機能と API ネイティブ アニメーション画像のデコード
NDK 画像デコード API が、GIF ファイルと WebP ファイルのすべてのフレームとタイミング データをデコードするようになりました。
メディア 新機能と API 互換性のあるメディアのコード変換
最新の形式でエンコードされた動画は、その形式をサポートしていないアプリで再生できるように自動的に変換されるようになりました。
メディア 新機能と API パフォーマンス クラス
パフォーマンス クラスは、カスタマイズされたエクスペリエンスの実現に利用できるデバイス機能を簡略化して表したものです。
メディア 新機能と API 動画エンコードの改善
Android 12 では、動画エンコードの量子化パラメータを制御する標準のキーセットを定義しています。
メディア 新機能と API 音声フォーカス
Android では、音声を再生しているアプリが音声フォーカスを失った場合にフェードアウトが適用されるようになりました。
メディア 新機能と API MediaDrm の更新
新しい API メソッドにより、セキュアなデコーダ コンポーネントが必要かどうかを判断しやすくなりました。
パフォーマンス 変更(すべてのアプリ) 制限されたアプリ スタンバイ バケット
Android 12 では、システム リソースに対する責任が少ないアプリ向けに、より厳格なアプリ スタンバイ バケットが導入されました。
パフォーマンス 変更(12 以降をターゲットとするアプリ) フォアグラウンド サービスの起動に関する制限
バックグラウンドで動作しているアプリはフォアグラウンド サービスを起動できなくなりました。
パフォーマンス 変更(12 以降をターゲットとするアプリ) 正確なアラーム権限
アプリが正確なアラームを設定するには、特別な権限を必要とするようになりました。
パフォーマンス 変更(12 以降をターゲットとするアプリ) 通知トランポリンの制限
ユーザーが通知をタップしたときに、アプリで仲介サービスまたはブロードキャスト レシーバを使用してアクティビティを開始できなくなりました。
セキュリティとプライバシー 変更(すべてのアプリ) マイクとカメラの切り替え
サポートされているデバイスでは、マイクとカメラへのアクセスの有効 / 無効を、すべてのアプリについて 1 つの切り替えオプションで切り替えられます。
セキュリティとプライバシー 変更(すべてのアプリ) マイクとカメラ インジケーター
アプリがマイクまたはカメラにアクセスするたびに、ステータスバー アイコンが表示されるようになりました。
セキュリティとプライバシー 変更(すべてのアプリ) 権限のパッケージの公開設定
パッケージ マネージャーの権限情報が、パッケージの公開設定に基づいてフィルタされるようになりました。
セキュリティとプライバシー 変更(すべてのアプリ) BouncyCastle の実装を削除
Android 12 では、これまで非推奨となっていた多数の暗号アルゴリズムの BouncyCastle 実装が削除されました。
セキュリティとプライバシー 変更(すべてのアプリ) クリップボードへのアクセス通知
アプリが別のアプリからクリップボード データにアクセスすると、ユーザーに通知されるようになりました。
セキュリティとプライバシー 変更(すべてのアプリ) アプリがシステム ダイアログを閉じることができない
アプリからシステム ダイアログを閉じるインテントを呼び出せなくなりました。
セキュリティとプライバシー 変更(すべてのアプリ) 信頼できないタッチイベントはブロックされる
Android 12 では、オーバーレイが安全でない方法でアプリを覆い隠している場合に、アプリがタッチイベントを利用できないようにしています。
セキュリティとプライバシー 変更(12 以降をターゲットとするアプリ) おおよその位置情報
アプリから正確な位置情報の利用許可をリクエストする際に、おおよその位置情報の利用許可のみを付与できるようになりました。
セキュリティとプライバシー 変更(12 以降をターゲットとするアプリ) WebView の最新の SameSite Cookie
さまざまなウェブサイトでどの Cookie を許可するかを、アプリで明示的に指定する必要があります。
セキュリティとプライバシー 変更(12 以降をターゲットとするアプリ) モーション センサーにレート制限
特定のモーション センサーや位置センサーからのデータの更新頻度がシステムで制限されるようになりました。
セキュリティとプライバシー 変更(12 以降をターゲットとするアプリ) アプリの休止状態
ユーザーが数か月間操作しなかったアプリは休止状態になります。
セキュリティとプライバシー 変更(12 以降をターゲットとするアプリ) データアクセスの監査におけるアトリビューションの宣言
マニフェストでデータアクセスの監査に使用するには、アプリでアトリビューション タグの宣言が必要になりました。
セキュリティとプライバシー 変更(12 以降をターゲットとするアプリ) ADB バックアップの制限
ADB バックアップはデフォルトでアプリデータを除外するようになりました。
セキュリティとプライバシー 変更(12 以降をターゲットとするアプリ) コンポーネントをより安全にエクスポート
インテント フィルタを使用するコンポーネントを他のアプリが起動することを許可するかどうかを、アプリで明示的に宣言する必要があります。
セキュリティとプライバシー 変更(12 以降をターゲットとするアプリ) ペンディング インテントの可変性
アプリは、作成する各 PendingIntent オブジェクトの可変性を指定する必要があります。
セキュリティとプライバシー 変更(12 以降をターゲットとするアプリ) 安全でないインテントの起動
Android 12 では、安全でないインテントの起動を検出するデバッグ機能が導入されています。
セキュリティとプライバシー 新機能と API プライバシー ダッシュボード
Android 12 では、位置情報、カメラ、マイクのデータへのアクセス履歴を表示する新しいシステム設定画面が導入されています。
セキュリティとプライバシー 新機能と API Bluetooth の権限
Android 12 では、位置情報の利用許可をリクエストせずにアプリが付近の Bluetooth デバイスをスキャンできるようにする、新しい権限が導入されました。
セキュリティとプライバシー 新機能と API 権限グループの検索
アプリから、プラットフォームで定義された権限が権限グループにどのように編成されているかをクエリできるようになりました。
セキュリティとプライバシー 新機能と API アプリ オーバーレイ ウィンドウを非表示にする
Android 12 では、他のアプリが描画したオーバーレイ ウィンドウを非表示にできる新しい権限が導入されています。
セキュリティとプライバシー 新機能と API 既知の署名者の権限保護フラグ
デバイスとアプリは、デバイスの製造時に署名することなく、他のアプリに署名権限を付与できるようになりました。
セキュリティとプライバシー 新機能と API デバイス プロパティの構成証明
Android 12 以降では、Android 12 以降をターゲットとするすべてのアプリで、構成証明書内のデバイス プロパティを確認できるようになりました。
セキュリティとプライバシー 新機能と API ロック画面の通知操作の保護
ロックされたデバイスで特定の通知操作が呼び出されるたびに、アプリで認証を要求できるようになりました。
セキュリティとプライバシー 新機能と API BiometricPrompt のローカライズ可能な文字列
Android 12 では、ローカライズされた、ユーザーが読み取り可能な生体認証用のボタンラベル、プロンプト、設定名を取得する新しい API が導入されました。
セキュリティとプライバシー 機能 メッセージ アプリでのフィッシング検出(Pixel のみ)
サポートされている Pixel デバイスで、Android 12 が一般的なメッセージ アプリで受信したメッセージに対してフィッシング検出を行います。
ストレージ 新機能と API 音声録音用の新しいディレクトリ
Android 12 では、音声録音を保存し識別するための新しいディレクトリが導入されました。
ストレージ 新機能と API メディア管理アクセス
Android 12 では、アプリが毎回確認ダイアログを表示することなくファイルを移動、変更、削除できる、新しい権限が導入されています。
ストレージ 新機能と API アプリ ストレージへのアクセス
アプリでは、ユーザーがデバイス上のアプリのデータを管理するカスタム アクティビティを作成し、ファイル マネージャーに公開できるようになりました。
ストレージ 新機能と API 拡張ファイル アクセスのサポート
MediaStore がメディア URI の拡張 API をサポートするようになりました。
UX 変更(すべてのアプリ) ストレッチのオーバースクロール効果
Android 12 では、オーバースクロール イベント用の新しい視覚動作が導入されています。
UX 変更(すべてのアプリ) アプリのスプラッシュ画面
以前にカスタム スプラッシュ画面を実装していたアプリは、新しい SplashScreen API に移行する必要があります。
UX 変更(すべてのアプリ) ウェブ インテントの解決
一般的なウェブ インテントは、そのウェブ インテントに含まれる特定のドメインについてアプリが承認されている場合のみ、アプリのアクティビティに解決されるようになりました。
UX 変更(すべてのアプリ) ジェスチャー ナビゲーションの没入モードの改善
Android 12 では、没入モードの既存の動作がデフォルトの動作(BEHAVIOR_DEFAULT)に置き換えられました。
UX 変更(すべてのアプリ) Display#getRealSize と getRealMetrics: 非推奨と制約
Android 12 では、Display API getRealSize() と getRealMetrics() が非推奨になりました。
UX 変更(すべてのアプリ) マルチウィンドウ モードのすべてのアプリ
大画面を搭載したデバイスでは、マルチウィンドウ モードが標準動作になりました。
UX 変更(すべてのアプリ) 大画面でのカメラ プレビュー
特定の画面の向きを要求する、サイズ変更できないカメラアプリは、自動的にインセットの縦向きモードになります。
UX 変更(すべてのアプリ) フォアグラウンド サービス通知の UX 遅延
有効期間の短いタスクを効率化するため、特定のフォアグラウンド サービスについて、フォアグラウンド サービス通知が 10 秒遅れるようになりました。
UX 変更(12 以降をターゲットとするアプリ) カスタム通知
Android 12 では、カスタム通知に、視覚的に一貫性のあるレイアウト テンプレートが適用されます。
UX 変更(12 以降をターゲットとするアプリ) ピクチャー イン ピクチャー(PIP)の動作を改善
Android 12 では、シングル タップとダブルタップの PiP 動作が改善されています。
UX 新機能と API ウィジェットの改善
Android 12 では、アプリ ウィジェットの視覚動作が全面的に改良されました。
UX 新機能と API リッチ コンテンツの挿入
Android 12 では、クリップボード、キーボード、ドラッグ&ドロップなど、あらゆるソースからコンテンツを挿入する統合 API が導入されています。
UX 新機能と API アプリ スプラッシュ画面 API
Android 12 では、カスタマイズ可能なアプリ起動アニメーションをすべてのアプリで可能にする、新しいスプラッシュ画面 API が導入されました。
UX 新機能と API 角丸 API
Android 12 では、角丸の半径と中心点を取得する新しい API が導入されました。
UX 新機能と API リッチな触覚体験
Android 12 では、新しい触覚効果と、よりきめ細かいアクチュエータ制御が導入されました。
UX 新機能と API AppSearch
Android 12 では、高性能のオンデバイス検索エンジンがシステム サービスとして導入されています。
UX 新機能と API ゲームモード
Android 12 では、パフォーマンスやバッテリー寿命に合わせてゲーム エクスペリエンスを最適化する、新しい API が導入されました。
UX 新機能と API ピクチャー イン ピクチャー(PIP)の改善
Android 12 では、ピクチャー イン ピクチャー モードにいくつかの改良を加え、よりスムーズで直感的なユーザー エクスペリエンスを実現しています。
UX 新機能と API 着信の重要度をランク付けできる新しい着信通知
Android 12 では、アクティブな通話のための新しい通知スタイルが導入されています。
UX 新機能と API 通知の画像サポートの拡充
特定の種類の通知について、アプリでアニメーション画像を使用できるようになりました。
UX 新機能と API ジェスチャー ナビゲーションの没入モードの改善
Android 12 では没入モードが簡素化され、他のアクティビティでのユーザー エクスペリエンスとジェスチャー ナビゲーションとの一貫性が向上しました。
UX 新機能と API 最近アクセスした URL の共有(Pixel のみ)
Pixel ユーザーは [最近] 画面からウェブ コンテンツを直接共有できるようになりました。
ベンダー ライブラリ 変更(12 以降をターゲットとするアプリ) ベンダー提供のネイティブ共有ライブラリ
非 NDK ネイティブ共有ライブラリは、明示的にリクエストされた場合のみアクセスできるようになりました。