ビューを作成してデータベースに組み込む

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

バージョン 2.1.0 以降の Room 永続ライブラリは、SQLite データベース ビューをサポートしており、クエリをクラスにカプセル化できます。Room では、このようなクエリベース クラスを「ビュー」と呼びます。ビューを DAO 内で使用した場合、シンプルなデータ オブジェクトと同じように動作します。

ビューを作成する

ビューを作成するには、クラスに @DatabaseView アノテーションを追加します。アノテーションの値を、クラスが表現するクエリに設定します。

ビューの例を次のコード スニペットに示します。

Kotlin

@DatabaseView("SELECT user.id, user.name, user.departmentId," +
        "department.name AS departmentName FROM user " +
        "INNER JOIN department ON user.departmentId = department.id")
data class UserDetail(
    val id: Long,
    val name: String?,
    val departmentId: Long,
    val departmentName: String?
)

Java

@DatabaseView("SELECT user.id, user.name, user.departmentId," +
              "department.name AS departmentName FROM user " +
              "INNER JOIN department ON user.departmentId = department.id")
public class UserDetail {
    public long id;
    public String name;
    public long departmentId;
    public String departmentName;
}

ビューをデータベースに関連付ける

このビューをアプリのデータベースの一部として組み込むには、アプリの @Database アノテーション内に views プロパティを追加します。

Kotlin

@Database(entities = [User::class],
          views =[UserDetail::class], version = 1)
abstract class AppDatabase : RoomDatabase() {
    abstract fun userDao(): UserDao
}

Java

@Database(entities = {User.class}, views = {UserDetail.class},
          version = 1)
public abstract class AppDatabase extends RoomDatabase {
    public abstract UserDao userDao();
}