Kotlin コードの追加

Android Studio 3.0 以降では Kotlin が完全にサポートされるため、簡単に既存のプロジェクトに Kotlin ファイルを追加して Java 言語コードを Kotlin に変換できます。 その Kotlin コードに対して、オートコンプリート、lint チェッカー、リファクタリング、デバッグなど、Android Studio の既存のすべてのツールを使用できます。 これから新しいプロジェクトを開始し、Kotlin を使用する必要がある場合は、プロジェクトの作成をご覧ください。

Kotlin を既存のプロジェクトに追加する

  1. [File] > [New] をクリックし、いずれかの Android テンプレートを選択します。 このメニューにテンプレートのリストが表示されない場合は、最初に [Project] ウィンドウを開き、アプリ モジュールを選択します。

  2. 表示されたウィザードで、[Source Language] に [Kotlin] を選択します。

  3. ウィザードに従って手順を完了します。

または、[File] > [New] > [Kotlin File/Class] をクリックして、基本的なファイルを作成することもできます。 このオプションが表示されない場合は、[Project] ウィンドウを開き、[java] ディレクトリを選択します。 [New Kotlin File/Class] ウィンドウでいくつかのファイル形式を選択できますが、Kotlin では、後で宣言の型を変更するとファイル形式が自動的に切り替えられるため、どのファイル形式を選択するかは問題ではありません。

デフォルトでは、新しい Kotlin ファイルは src/main/java/ に保存されます。 Kotlin ファイルと Java ファイルの両方を同じ場所に保存する方が便利な場合がありますが、 Kotlin ファイルと Java ファイルを別々の場所に保存する場合は、Kotlin ファイルを src/main/kotlin/ に配置できます。 別々の場所に保存した場合は、次のように、このディレクトリを sourceSets 構成に含める必要があります。

android {
   sourceSets {
       main.java.srcDirs += 'src/main/kotlin'
   }
}

既存の Java コードを Kotlin コードに変換する

Java ファイルを開き、[Code] > [Convert Java File to Kotlin File] を選択します。

または、新しい Kotlin ファイルを作成([File] > [New] > [Kotlin File/Class])してから、Java コードをそのファイルに貼り付け、プロンプトが表示されたら、[Yes] をクリックしてコードを Kotlin に変換します。 [Don't show this dialog next time] をオンにすると、ダイアログを操作せずに、Java コード スニペットを Kotlin ファイルに簡単にダンプできます。

プロジェクトで Kotlin コードと Java コードの両方を使用する方法の詳細については、Java 言語と Kotlin の相互運用性をご覧ください。