Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

Android の Kotlin ファースト アプローチ

Google は、Google I/O 2019 にて Android 開発での Kotlin ファーストを強化すると発表し、その取り組みを続けてきました。Kotlin は、表現力に優れた簡潔なプログラミング言語であり、よくあるコードエラーを減らします。また、既存のアプリに統合するのも簡単です。これから Android アプリを作成するという場合は、Kotlin を採用して、そのトップクラスの機能の活用をおすすめします。

Google は、Kotlin を用いた Android 開発をサポートするため、Kotlin Foundation を共同で設立し、コンパイラのパフォーマンスとビルド速度の改善に継続的に取り組んでいます。Kotlin ファーストに対する Android の取り組みについて詳しくは、Kotlin に対する Android の取り組みをご覧ください。

Android と Kotlin のロゴ

Android 開発が Kotlin ファーストである理由

Google は、カンファレンスに訪れたデベロッパー、カスタマー アドバイザリー ボード(CAB)、Google デベロッパー エキスパート(GDE)から得られた直接のフィードバックや、デベロッパーへの調査を通じて得られたフィードバックを見直しました。すでに多くのデベロッパーが Kotlin を利用していますが、Kotlin のサポートをより充実すべきという要望のあることが明らかになりました。Kotlin でのコーディングについてデベロッパーが評価しているのは次の点です。

Kotlin の主なメリットを表す画像

  • 表現力と簡潔性: 短いコードで複雑なことを表現できます。アイデアを表現しながら、ボイラープレート コードを減らすことができます。
  • コードの安全性: アプリの品質が向上します。Kotlin には、null ポインタ例外などのよくあるプログラミングの誤りを回避するための言語機能が多数用意されています。
  • 相互運用性: Kotlin から Java ベースのコードを呼び出すことも、Java ベースのコードから Kotlin を呼び出すことも可能です。Kotlin は Java プログラミング言語と完全な相互運用性があるので、プロジェクトで必要な分だけ Kotlin を使用できます。
  • 構造化された同時実行: Kotlin のコルーチンにより、非同期のコードをブロックするコードと同じくらい簡単に記述できます。コルーチンにより、ネットワーク呼び出しからローカルデータへのアクセスに至るまでのすべてのバックグラウンド タスクの管理が大幅に簡素化されます。

Kotlin ファーストとは

Google では、Jetpack ライブラリ、サンプル、ドキュメント、トレーニング コンテンツなどの新しい Android 開発ツールとコンテンツの作成に際して、Java プログラミング言語からの API の使用もサポートしつつ、Kotlin ユーザーを念頭において設計します。

Java 言語 Kotlin
プラットフォーム SDK のサポート
Android Studio のサポート
lint
ガイド付きドキュメントのサポート
API ドキュメントのサポート
AndroidX のサポート
AndroidX の Kotlin 固有の API(KTX、コルーチンなど) -
オンライン トレーニング 可能な限り
サンプル 可能な限り
マルチプラットフォーム プロジェクト ×
Jetpack Compose ×

Google も Kotlin も使用しています

現在、60 を超える Google のアプリが Kotlin で作成されています。Google マップ、Google Home、Google Play、Google Pay、Google ドライブなどがそうです。デベロッパーは、Kotlin の言語機能の恩恵を受けています。は、新しい機能の開発を Kotlin に移行した結果、コードベースのサイズを 33% 減らし、null ポインタ例外による不具合も 30% 減らしました。

Android での Kotlin の詳細については、Android での Kotlin の使用に関するよくある質問をご覧ください。