Wear OS でビューベースの UI を作成する

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Android Jetpack は、デバイスとプラットフォーム アプリ間で一貫性のある、最適化されたユーザー インターフェースを実現します。Android Jetpack には Wear OS UI ライブラリが付属しており、Wear OS UI ライブラリには Wear OS アプリの推奨 UI コンポーネントが多数含まれています。

Wear OS UI ライブラリに含まれるクラスの一部を以下に示します。

  • CurvedTextView。ビューに内接できる最大の円の曲率に沿って曲線テキストを簡単に記述するために、コンポーネントを追加しました。
  • DismissibleFrameLayout。ユーザーが [戻る] ボタンを押すか、画面を左から右にスワイプすることで、任意のビューを閉じることができるレイアウト。Wear OS ユーザーは、左から右にスワイプすることで戻る操作を行うことを想定しています。
  • WearableRecyclerView WearableLinearLayoutManager を介して子レイアウトを更新するための基本的なオフセット ロジックを示すビュー。
  • AmbientModeSupport。常に画面表示モードをサポートする AmbientModeSupport.AmbientCallbackProvider インターフェースで使用されるクラス。

全一覧については、リリースノートをご覧ください。

Wear OS UI ライブラリへの依存関係を追加する

アプリのオーバーレイの作成を開始するには、Wear OS 固有のプロジェクトを作成します。アプリの build.gradle ファイルに次の依存関係を追加します。

dependencies {
    ...
  // Standard Wear OS libraries
  implementation "androidx.wear:wear:1.2.0"
  // includes support for wearable specific inputs
  implementation "androidx.wear:wear-input:1.1.0"
}

Wear OS UI ライブラリ パッケージからクラスをインポートする

Wear OS UI ライブラリのクラスを使用する場合は、対象のクラスを androidx.wear.widget パッケージからインポートします。詳しくは、ライブラリ クラスの使用例をご覧ください。

レイアウト ファイルで正しい要素名を使用する

レイアウト ファイルでは、Wear OS UI ライブラリに対応する完全修飾名を使用します。

たとえば、Wear OS UI ライブラリの DismissibleFrameLayout クラスを使用する場合は、レイアウト ファイルで次のように指定できます。

<androidx.wear.widget.DismissibleFrameLayout
    xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    android:id="@+id/swipe_dismiss_root" >

    <TextView
        android:id="@+id/test_content"
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="match_parent"
        android:gravity="center"
        android:text="Swipe the screen to dismiss me." />
</androidx.wear.widget.DismissibleFrameLayout>