設計の原則

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

watch-sample

Wear OS は、人々がより健康的に、充実した楽しい生活を送れるよう手助けするウェアラブル プラットフォームです。Wear OS によってスマートウォッチはひと目で認識できるスタンドアロン端末となるので、ユーザーはスマートフォンをポケットに入れたたま、常にオンラインで仕事を迅速にこなすことができます。

Wear OS 向けの開発では、以下の設計原則に留意してください。

重要なタスクに合わせて設計する

アプリ全体のエクスペリエンスではなく、1 つまたは 2 つのタスクに集中します。

手首に合わせて最適化する

ユーザーが不快感や腕の疲労を感じないよう、ウォッチのタスクは数秒で完了できるようにします。

組み合わせればもっと便利

複数のデバイスを所有しているユーザーが増えています。スマートウォッチは、状況に応じてデバイスを使い分けてタスクを完了したい場合に便利です。

ユーザーがスマートウォッチを使用してデバイスを統合できるようにします。

常に関連性の高い情報を

スマートウォッチは、ユーザーが常に身に着けているデバイスです。ユーザーのコンテキスト(時間、場所、アクティビティなど)に応じてアプリのコンテンツを更新することを検討してください。

ウォッチフェイスには、常にユーザーに関連するコンテンツを表示します。

オフラインで利用可能

接続速度が遅い場合やオフラインで使用する状況(エクササイズ、通勤など)を考慮して設計します。