ライブラリを公開する

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Android アプリをユーザー向けに公開するだけでなく、アプリに組み込めるライブラリをデベロッパー向けに公開することもできます。Android ライブラリを公開する際の主要なタスクは次の 4 つです。

  • リリース用のライブラリを準備する。準備ステップでは、ライブラリ名、ライブラリの実行または埋め込みのための技術要件、Android Gradle プラグイン(AGP)がライブラリを消費するためのメタデータなどの設定を構成します。
  • パブリケーション バリアントを構成する。パブリケーション バリアントを使用すると、デバッグやリリースなどの目的に応じて、ライブラリの異なるバージョンを公開できます。
  • 公開用のテスト フィクスチャを構成する。これは、堅牢で繰り返し可能なテストの作成に役立ちます。
  • ライブラリをアップロードする。このステップでは、配布メカニズムを選択して実際のパブリケーションを作成します。

ライブラリを作成する場合は、このトピックのページを通読して、ライブラリの公開に関する考慮事項と手順の詳細な説明を確認してください。