パブリケーション用のテスト フィクスチャを構成する

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

テスト フィクスチャを公開する場合、パブリケーションの特定の構成は必要ありません。ただし、フィクスチャの処理に使用されるケーパビリティ メカニズムには、追加の構成が必要です。

アーティファクトの座標が groupId:artifactId:version である場合、Gradle はテスト フィクスチャ アーティファクトが座標 groupId:artifactId-test-fixtures:version のケーパビリティを宣言していると想定します。この宣言は、現時点ではテスト フィクスチャ サポートによっても Maven Publish プラグインによっても自動的に行われないため、手動で行う必要があります。

Gradle は、プロジェクトの名前、グループ、バージョンからケーパビリティを作成します。これら 3 つすべてを、パブリケーションに設定されている artifactIdgroupIdversion に合わせてセットアップする必要があります。

プロジェクト名は、デフォルトではプロジェクトのパスの最後のセグメントです。したがって、パスが :path:to:mylibrary であるプロジェクトのデフォルトの名前は mylibrary です。これを artifactId に使用したくない場合は、プロジェクト名を変更する必要があります。

プロジェクト名を変更するには、次の 2 つの方法があります。

  • プロジェクトのフォルダ名を変更する。これによりプロジェクト名つまりプロジェクトの Gradle パスが変更されるため、そのプロジェクトへのすべての依存関係を更新する必要があります。それによって初期の再編成作業が増える可能性がありますが、プロジェクト名とフォルダを同じにすることをおすすめします。そうすれば、長期的には混乱が減少するからです。
  • プロジェクトのフォルダ名を変更せずに Gradle のプロジェクト名を変更する。この方法では、ソースのバージョニングへの影響を回避できますが、プロジェクトの場所と名前が分離します。

Gradle のプロジェクト名を変更するには、settings.gradle ファイルに次のコードを挿入します。

Groovy

include ':path:to:mylibrary'
project(':path:to:mylibrary').name = 'my-library'

Kotlin

include(":path:to:mylibrary")
project(":path:to:mylibrary").name = "my-library"

このコードは、プロジェクトの新しいパスを :path:to:my-library に割り当てています。

groupId はデフォルトではビルド名(通常はルートフォルダの名前)であり、値のバージョンはデフォルトでは未指定です。グループ ID またはバージョンの値を変更するには、プロジェクト レベルの build.gradle ファイルで group プロパティまたは version プロパティをそれぞれ設定します。

Groovy

group = 'com.my-company'
version = '1.0'

Kotlin

group = "com.my-company"
version = "1.0"