ゾンビラグドール: ローカライズでリリース時のエンゲージメントを向上

背景

ゾンビラグドールは物理学をベースにしたゾンビ射撃ゲームで、2013 年 8 月に RV AppStudios がリリースしました。RV AppStudios のチームは、Google Play で世界中のユーザーにアプローチする方法を解説した Google I/O の講演に刺激を受け、ゾンビラグドールをグローバル化してリリースすることを決めました。

RV AppStudios の取り組み

RV AppStudios は、Google Play Console のアプリ翻訳サービスを使用し、ゾンビラグドールを 20 の言語にローカライズしてリリースしました。ゲーム内のテキストに加えて、ゲームアセットも特定の国と文化に合わせてローカライズしました。

結果

ヒンディー語版のゾンビラグドール

リリース後、ダウンロードの 80% が英語圏以外の国で行われ、世界的にユーザーのエンゲージメントが向上しました。さらに、それまで同社のアプリが普及していなかった国で利用が拡大し、ベトナム、ロシア、フィリピン、タイなどの国で著しく人気が上昇しました。

RV AppStudios の創設者である Vivek Dave 氏は次のように述べています。「ユーザーは自分に合ったエクスペリエンスを求めています。翻訳したテキストとグラフィック アセットでローカライズしたゲームを提供することで、より深いレベルでユーザーとつながることができると確信しています。」

スタートガイド

アプリ翻訳サービスの詳細については、こちらをご覧ください。また、全世界のユーザーに向けてアプリまたはゲームをローカライズするプロセスの簡素化に役立つ完全なローカライズ チェックリストもお読みください。