アプリを保護する

SafetyNet は、デバイスの改ざん、不正な URL、有害なアプリ、なりすましユーザーといったセキュリティ脅威からアプリを保護するためのサービスと API を提供します。

始める前に

アプリを準備するには、以下のセクションに示す手順を完了します。

アプリの前提条件

アプリのビルドファイルで次の値が使用されていることを確認します。

  • minSdkVersion19 以上
  • compileSdkVersion28 以上

アプリを設定する

プロジェクト レベルの build.gradle ファイルで、buildscript セクションと allprojects セクションの両方に Google の Maven リポジトリMaven セントラル リポジトリを含めます。

buildscript {
    repositories {
        google()
        mavenCentral()
    }
}

allprojects {
    repositories {
        google()
        mavenCentral()
    }
}

モジュールの Gradle ビルドファイル(通常は app/build.gradle)に Google Play 開発者サービスの依存関係を追加します。

dependencies {
  implementation 'com.google.android.gms:play-services-safetynet:17.0.1'
}

レッスン

SafetyNet Attestation API
SafetyNet Attestation API が、アプリを実行している Android デバイスの完全性を評価し、暗号技術を使って署名された証明書を提供する仕組みについて学習します。
SafetyNet Safe Browsing API
URL が Google によって既知の脅威としてマークされているかどうかを判断するサービスを、SafetyNet Safe Browsing API がどのようにして提供するかを学習します。
SafetyNet reCAPTCHA API
SafetyNet reCAPTCHA API がどのようにして悪意のあるトラフィックからアプリを保護するかを学習します。
SafetyNet Verify Apps API
SafetyNet Verify Apps API がどのようにして有害なアプリからデバイスを保護するかを学習します。

参考情報