さまざまな配信方法

オープン プラットフォームである Android には、さまざまな選択肢があります。特定の配信方法を使用したり、必要に応じて複数の方法を組み合わせたりなど、お好きな方法でユーザーに Android アプリを配信できます。アプリ マーケットで公開する、ウェブサイトからアプリを配信する、ユーザーにメールで直接送信するといった方法があり、特定の配信プラットフォームしか利用できないということはありません。

配信方法にかかわらず、配信用のアプリをビルドしてパッケージ化するプロセスはどの場合も同じなので、時間を節約できます。また、必要に応じてプロセスの一部を自動化することもできます。詳しくは、リリースの準備をご覧ください。

以下に、アプリを配信する方法をいくつかご紹介します。

アプリ マーケットを通じて配信する

一般に、できるだけ多くのユーザーにリーチするためには、Google Play などのアプリ マーケットを通じてアプリを配信します。

Google Play は最大の Android アプリ マーケットであり、アプリを世界中のユーザーに配信したい場合には特に便利です。とはいえ、別のアプリ マーケットでアプリを配信したり、複数のマーケットを使用したりしてもかまいません。

他の配信形式と異なり、Google Play ではアプリ内課金サービスとライセンス サービスを使用できます。アプリ内課金サービスを利用すると、貴重なゲーム内アイテムやアプリ機能のアップグレードなどのアプリ内アイテムを簡単に販売できます。ライセンス サービスは、アプリの不正なインストールや使用を防止するのに役立ちます。

アプリをメールで配信する

アプリをすばやく簡単にリリースする方法は、メールでユーザーに送信することです。アプリをリリースする準備が整ったら、メールに添付してユーザーに送信します。ユーザーが Android 搭載端末でそのメールを開くと、APK が自動的に認識されてメール内に [今すぐインストール] ボタンが表示されます。ユーザーは、このボタンをタップするだけでアプリをインストールできます。提供元不明のアプリをインストールする場合は、事前に許可する必要があります。

メールによるアプリの配信は、信頼できる少数のユーザーにのみアプリを送信したい場合に便利ですが、メールを受け取ったユーザーが他の人に転送すると誰でもアプリをインストールできるため、プライバシーの保護や不正な配信に対処する手段はほとんどありません。

ウェブサイトで配信する

Google Play のようなマーケットではアプリを公開しない場合、ウェブサイトやサーバー(個人または企業のサーバー)でアプリをダウンロードできるようにする方法もあります。その場合も、まずは通常どおりアプリをリリースするための準備をします。次に、リリースできる APK ファイルをウェブサイトでホストし、ダウンロード リンクをユーザーに知らせます。この方法で配信されたアプリをインストールするには、提供元不明のアプリのインストールを許可する必要があります。

提供元不明のアプリのインストールを許可する

Android は、ユーザーが信頼性の高い Google Play ではなく、それ以外の提供元からうっかりアプリをダウンロードしてインストールしないよう保護します。また、Google Play 以外の提供元からのアプリのインストールをユーザーが許可するまでブロックします。このオプトイン プロセスは、ユーザーの端末に搭載されている Android のバージョンによって異なります。

図 1: [不明なアプリのインストール] システム設定画面。ユーザーはこの画面で、提供元不明のアプリをインストールする権限を特定の提供元に対して付与できます。

  • Android 8.0(API レベル 26)以上が搭載されている端末では、[不明なアプリのインストール] システム設定画面に移動して、特定の場所からのアプリのインストールを有効にする必要があります(図 1 を参照)。
  • Android 7.1.1(API レベル 25)以下が搭載されている端末では、[設定] > [セキュリティ] に移動して、[提供元不明のアプリ] システム設定を有効にする必要があります。

いずれの場合も、提供元不明のアプリをダウンロードして端末にインストールする前に、このオプトイン プロセスを完了しておく必要があります。