Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

地図の追加

Google が提供する機能豊富な地図を使ってユーザーは世界を探索できます。カスタム マーカーで場所を特定する、イメージ オーバーレイで地図データを拡張する、1 つ以上の地図をフラグメントとして埋め込むなど、たくさんのことができます。

Google Maps Android API を使用すると、地図そのものとカスタマイズされた地図情報をアプリに挿入できます。

主なデベロッパー機能

アプリに地図を追加する

Google Maps Android API v2 では、シンプルな XML スニペットを使用して、地図をフラグメントとしてアクティビティに埋め込むことができます。新しい Google マップは、3D 地図、屋内地図、衛星地図、地形地図、ハイブリッド地図などの魅力的な機能を備えています。さらに、効率的なキャッシュ保存と描画が可能なベクターベースのタイルや、アニメーションによる乗換案内なども提供します。Map オブジェクトを追加する

地図をカスタマイズする

ユーザーの興味を引く特別なスポットを示すマーカーを地図上に追加します。アプリのデザインに合わせて、地図上のマーカーの色またはアイコンをカスタマイズして定義できます。アプリの機能をさらに強化するには、経路や地域を示すポリラインとポリゴンを描画するか、完全なイメージ オーバーレイを提供します。マーカーを描画する

ユーザーのビューを制御する

地図の「カメラ」パースペクティブの回転、傾き、ズーム、パンの各プロパティを制御する機能により、ユーザーはさまざまなビューを駆使して世界を見ることができます。ビューを変更する

アプリにストリート ビューを追加する

ストリート ビューをアクティビティに埋め込み、360 度パノラマビューでユーザーが世界を探索できるようにします。ストリート ビュー カメラのズームと向き(傾きと方角)をプログラムで制御し、指定された経過時間のカメラの動きをアニメーション化します。ストリート ビューを追加する

スタートガイド

Google Maps Android API は、Google Play 開発者サービス プラットフォームの一部です。Google マップを使用するには、アプリ開発プロジェクトで Google Play 開発者サービス SDK を設定します。詳細については、Google Maps Android API のスタートガイドをご覧ください。