コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

モーション シーケンスの開始と終了の状態、目的の中間状態、モーションをトリガーするユーザー操作を指定します。

構文

    <Transition
      motion:constraintSetStart="start"
      motion:constraintSetEnd="end"
      [ motion:duration="integer" ] >
      ...
    </Transition>
    

属性

motion:constraintSetStart
モーション シーケンスの初期状態。これは、<ConstraintSet> の ID かレイアウトのどちらかになります。<ConstraintSet> を指定するには、この属性を "@+id/constraintSetId" に設定します。レイアウトを指定するには、“@layout/layoutState に設定します。
motion:constraintSetEnd
モーション シーケンスの最終状態。これは、<ConstraintSet> の ID かレイアウトのどちらかになります。<ConstraintSet> を指定するには、この属性を "@+id/constraintSetId" に設定します。レイアウトを指定するには、“@layout/layoutState に設定します。
motion:duration
ミリ秒単位のモーション シーケンスの長さ。指定しない場合、<MotionScene> 要素の defaultDuration が使用されます。

任意の子要素

<onClick>
ユーザーのタップによってモーション シーケンスがトリガーされることを示します。
<onSwipe>
ユーザーのスワイプによってモーション シーケンスがトリガーされることを示します。
<KeyFrameSet>
モーション シーケンス内の要素の中間位置または属性設定を 1 つ以上指定します。

親要素