モーション シーン ファイルのルート要素です。<MotionScene> には 1 つ以上の <Transition> 要素が含まれます。これらの各要素は、モーション シーケンスの開始状態、終了状態、この 2 つの状態の間の遷移を定義します。

構文

    <MotionScene xmlns:app="http://schemas.android.com/apk/res-auto"
        xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android">
        ...
    </MotionScene>
    

必須の子要素

<Transition>
実行するモーション シーケンスを指定します。<MotionScene> に複数の <Transition> 要素が含まれている場合、MotionLayout はユーザーの操作に基づいて最も適切な要素を選択します。たとえば、<MotionScene><Transition> 子要素を 4 つ指定し、それぞれの <onSwipe> でユーザーが異なる方向にスワイプできるように設定できます。ユーザーが画面上でスワイプすると、MotionLayout はその方向のスワイプに対して適切な <Transition> を使用します。

任意の子要素

<ConstraintSet>
1 つ以上の <Transition> ノードに対して開始状態または終了状態を指定します。<Transition> は制約セットをポイントする代わりに XML レイアウトをポイントできるので、<MotionLayout><ConstraintSet> 子要素をまったく持たなくてもかまいません。

属性

defaultDuration
すべての遷移のデフォルトの継続時間(ミリ秒)。デフォルトの継続時間は、固有の継続時間が指定されていないモーション シーケンスで使用されます。たとえば、defaultDuration="300" を設定した場合、明示的に継続時間を指定しない限り、すべてのモーション シーケンスの継続時間がデフォルトで 300 ミリ秒に設定されます。