コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

モーション シーケンス内のある時点での、すべてのビューの位置と属性を指定します。通常、<Transition> が 2 つの <ConstraintSet> 要素を参照します。1 つがモーション シーケンスの始点を定義し、もう 1 つが終点を定義します。

構文

    <ConstraintSet
      id="@id/name">
      [ deriveConstraintsFrom="id" ]
        ...
    </ConstraintSet>
    

属性

deriveConstraintsFrom
(省略可)別の ConstraintSet の ID。指定すると、この ConstraintSet にオーバーライドされていない限り、指定したセットのすべての制約がこの ConstraintSet に適用されます。

必須の下位の要素

1 つ以上の <Constraint> 要素。

上位の要素

属性

android:id
この制約セットの一意な ID。<Transition> には、モーション シーケンスの始点と終点を識別するために、この ID が必要です。