コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

モーション シーケンス内のビューの位置と属性を指定します。デフォルトでは、モーションは初期状態から終了状態に向かって単純に進行します。<KeyFrameSet> を使用すると、もっと複雑なモーションを作成できます。<KeyFrameSet> には、<KeyPosition> ノードまたは <KeyAttribute> ノードが含まれています。これらのノードは、それぞれモーション内の特定のポイントにおけるターゲット ビューの位置と属性を指定します。 MotionLayout は、開始ポイントに始まり個々の中間ポイントを経て終了ポイントに至るまで、ビューを滑らかにアニメーション化します。

たとえば、モーション シーケンスの初期状態ではビューの左下隅に透明でないボールがあり、終了状態では右上隅に完全に透明なボールがあるとします。デフォルトでは、MotionLayout はボールを徐々に透明にしながら対角線上を滑らかに移動させ、終了ポイントに達したら消滅させます。<KeyFrameSet> を使用すると、この動作を変更できます。たとえば、ボールがすべて透明でない状態のまま左上隅まで垂直に移動した後、フェードアウトしながら右上隅に水平に移動するように設定できます。この動作を実現するには、<KeyFrameSet> を作成して、その中に <KeyPosition><KeyAttribute> を追加します。 <KeyPosition> はモーションの中間ポイントにおけるボールの位置を示し、<KeyAttribute> は中間ポイントでボールが不透明であることを示します。

構文

    <KeyFrameSet>
        [ <KeyPosition/>... ]
        [ <KeyAttribute/>...]
    </KeyFrameSet>
    

親要素

<Transition>

子要素