Android 13 QPR ベータ版ビルドを入手する

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Android 13 QPR1 は次のいずれかの方法で入手できます。

Google Pixel デバイスで QPR1 を入手する

Pixel デバイスで Android 13 QPR1 を最も簡単に入手する方法は、Google Pixel 用 Android ベータ プログラムにデバイスを登録する方法です。

登録はすばやく簡単に行うことができます。デベロッパーやアーリー アドプターの方はぜひ登録してください。ほとんどの場合、Android 13 QPR ベータ版ビルドをインストールするためにデータを完全にリセットする必要はありませんが、デバイスを登録する前にデータをバックアップしておくことをおすすめします。

登録すると、プログラムからこのデバイスの登録を解除するまで、最新のベータ版ビルド(QPR など)への無線(OTA)アップデートが、デバイスに継続的に提供されます。

動作が安定しているリリースは、各 QPR ベータサイクルの終了時に一般公開されます。動作が安定しているリリースのアップデートを適用した場合は、(次にベータ版のアップデートを適用するまで)期間限定でデータのワイプを発生させずにベータ版のアップデートを解除できます。

Android 13 QPR1 は、次の Pixel デバイスでご利用いただけます。

  • Pixel 4a および Pixel 4a(5G)
  • Google Pixel 5 および Google Pixel 5a
  • Pixel 6 および 6 Pro
  • Google Pixel 6a

Google Pixel 用 Android 13 ベータ版に登録する

システム イメージを書き込むか手動でインストールする

または、Pixel デバイスに Android 13 QPR ベータ版の最新のビルドを書き込むか、手動でインストールすることもできます。Android 13 QPR1 を Pixel デバイスに書き込むには、Android Flash Tool を使用することをおすすめします。

手動でデバイスに書き込む場合は、Google Pixel のファクトリー イメージ ページから、ご利用のデバイス用のシステム イメージを入手できます。システム イメージをデバイスに書き込む方法については、このページに記載されている一般的な手順をご確認ください。この方法は、テストをきめ細かく制御する必要がある場合(自動テストや回帰テストを行う場合)に便利です。

Generic System Image(GSI)を入手する

Android の Generic System Image(GSI)バイナリは、Treble に対応しているデバイス上でアプリをテストして検証するデベロッパー向けに提供されています。これらのイメージを使用して、互換性の問題に対処できるだけでなく、OS やフレームワークの問題を見つけて報告できます。

デバイスの要件、書き込む手順、各デバイスに応じたイメージタイプの選択について詳しくは、GSI ドキュメントをご覧ください。GSI バイナリをダウンロードする準備ができたら、GSI バイナリのページのダウンロード セクションをご覧ください。