インタラクティブなウォッチフェイスを作成する

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

ユーザーはさまざまな方法でウォッチフェイスを操作します。たとえば、ウォッチフェイスをタップして、現在再生中の曲や今日の予定を確認します。Wear OS by Google では、ウォッチフェイス上の特定の場所を 1 回タップしたとき、その操作に応答する別の UI 要素がない限り、ウォッチフェイスにその操作を受け入れさせることができます。

このレッスンでは、まずウォッチフェイス スタイルを構築し、次に操作に対する処理を実装して、インタラクティブなウォッチフェイスを実装する方法について学習します。

タップイベントの処理

ウォッチフェイスではタップイベントしか利用できません。タップイベントとは、ユーザーが画面に指で触れてから離すイベントです。ユーザーがタッチスクリーンに指で触れたまま他の操作を行うと、他の操作はすべてシステムが他の機能用に予約しているため、ウォッチフェイスはキャンセル イベントを受け取ります。

タップ操作を処理するには、setTapListener() を使用して TapListener を追加します。これは、ユーザーがウォッチフェイスをタップするたびに呼び出されます。

ウォッチフェイスは、以下の種類のタップイベントを受け取ります。

  • TapType.DOWN: ユーザーがタッチスクリーンに指で触れた

  • TapType.UP: ユーザーがタッチスクリーンから指を離した

  • TapType.CANCEL: ユーザーがタップ以外の操作を行っていることをシステムが検出した

TapType.DOWN イベントと後続の TapType.UP イベントは、android.view.ViewConfiguration.getScaledTouchSlop が返す値に従ってタップとして検証されます。

ウォッチフェイスが TapType.CANCEL イベントを受け取った場合、システムはすでに操作を処理しているため、アクションはトリガーされません。

WatchFace サンプルでは、ウォッチフェイスを構成する際のおすすめの方法を紹介しています。