コンテンツに移動

よくアクセスするページ

最近アクセスしたページ

navigation

Creating Watch Faces

On this page

Custom watch faces leverage a dynamic, digital canvas that can include colors, animations, and contextual information.

To see examples of watch faces, download the Wear OS by Google companion app, which enables users to select from various watch faces.

Note: We recommend using Android Studio for Wear OS development, as it provides project setup, library inclusion, and packaging conveniences. This training assumes you are using Android Studio.

Lessons

Designing Watch Faces
Learn how to design a watch face that works on any Wear OS device.
Building a Watch Face Service
Learn how to respond to important events during the lifecycle of your watch face.
Drawing Watch Faces
Learn how to draw your watch face on a Wear device screen.
Watch Face Complications
Learn about watch face complications that show more than hours and minutes.
Exposing Data to Complications
Learn how to create a data provider app that supplies data to watch faces.
Adding Complications to a Watch Face
Learn how to create a watch face complication.
Creating Interactive Watch Faces
Learn how to let the user interact with your watch face.
Providing Configuration Activities
Learn how to create watch faces with configurable parameters.
Addressing Common Issues
Learn how to fix common problems when developing a watch face.
Optimizing Performance and Battery Life
Learn how to improve the frame rate of your animations and how to save power.
このサイトでは、ユーザーが選択したサイトの言語と表示設定を保存する目的で Cookie を使用しています。

Android デベロッパー向けの最新情報やヒントを入手して、Google Play での成功を手に入れましょう。

* 必須

送信しました

WeChat で Google Developers をフォローする

このサイトをで表示しますか?

ページの表示言語としてを選択しましたが、このサイトの言語はに設定されています。

言語設定を変更してこのサイトをで表示しますか?言語設定を変更する場合は、各ページの下にある言語メニューを使用してください。

このクラスには、API レベル 以上が必要です。

API レベル が選択されているため、このドキュメントは非表示になっています。左のナビゲーションの上にあるセレクタを使って、ドキュメントの API レベルを変更できます。

アプリに必要な API レベルを指定する方法について、詳しくは異なるプラットフォーム バージョンのサポートをご覧ください。

Take a short survey?
Help us improve the Android developer experience. (April 2018 — Developer Survey)