Wear デバイスのカスタム UI を作成する

スマートウォッチ アプリのユーザー インターフェースは、スマートフォン アプリのユーザー インターフェースとは大きく異なります。スマートウォッチ アプリでは、Wear OS by Google のデザインサイトのガイドラインに沿って、そのサイトに記載されている UI パターンを実装する必要があります。これにより、以下を実現できます。

  • アプリ間の一貫したユーザー エクスペリエンス
  • スマートウォッチ向けに最適化されたエクスペリエンス

このレッスンでは、スマートウォッチ アプリ向けのカスタム通知など、魅力的なカスタム UI を作成する方法をご紹介します。

注: Wear OS アプリの開発には Android Studio を使用することをおすすめします。Android Studio では、プロジェクトのセットアップ、ライブラリのインクルード、パッケージングを容易に行うことができます。このトレーニングは、Android Studio を使用することを前提としています。

Android SDK の Google Repository に含まれているウェアラブル サポート ライブラリには、UI パターンを実装し、円形および正方形の Wear OS デバイスで動作するレイアウトを作成するためのクラスが用意されています。

Wear サポート ライブラリの以下のクラスは、Wear 2.0 ではサポートが終了しています。

レイアウトを定義する
円形と正方形の Wear OS デバイスで見栄えするレイアウトを作成する方法について説明します。
リストを作成する
ウェアラブル デバイス向けに最適化されたリストを作成する方法について説明します。
確認を表示する
ユーザーが操作を完了したときに確認アニメーションを表示する方法について説明します。
全画面表示のアクティビティを終了する
長押しによる終了の UI パターンを実装し、全画面表示のアクティビティを終了する方法について説明します。
Wear UI ライブラリを使用する
ユーザー インターフェースで Wear UI ライブラリを使用する方法について説明します。
Wear のナビゲーションとアクション
インタラクティブなドロワーを Wear アプリに追加する方法について説明します。
多機能ボタン
デバイスで利用可能な多機能ボタンを取得する方法について説明します。
ロータリー入力
アプリのスクロール可能なビューに対してロータリー入力のサポートを追加する方法について説明します。
インプット メソッド エディタの作成
音声以外の入力方法をサポートする方法について説明します。
手首の操作の使用
ユーザーが手首の動きで操作できるようにする方法について説明します。