Wear でアセットを転送する

バイナリデータの大規模な blob(画像など)を Bluetooth で送信するために、Asset をデータアイテムにアタッチし、そのデータアイテムを複製されたデータストアに格納することができます。

注: Wear アプリは Data Layer API を使用してスマートフォン アプリと通信できますが、この API を使用したネットワークへの接続は推奨されません。

アセットは、再送信を防止し、Bluetooth の帯域幅を節約するために、データのキャッシュ保存を自動的に処理します。よくあるパターンとして、ハンドヘルド アプリで画像をダウンロードし、それをウェアラブルで表示するために適切なサイズに縮小して、ウェアラブル アプリにアセットとして送信するというものがあります。以下の例で、このパターンについて説明します。

注: データアイテムのサイズは 100 KB に制限されていますが、アセットのサイズは必要なだけ大きくすることができます。ただし、サイズの大きなアセットを転送すると、多くの場合、ユーザー エクスペリエンスに影響するため、アプリをテストして、サイズの大きなアセットを転送しても良好なパフォーマンスが得られることをご確認ください。

以下の関連リソースもご覧ください。

アセットを転送する

Asset クラスの create...() メソッドを使用してアセットを作成します。ここでは、ビットマップをバイト ストリームに変換し、createFromBytes() を呼び出してアセットを作成します。

Kotlin

    private fun createAssetFromBitmap(bitmap: Bitmap): Asset =
        ByteArrayOutputStream().let { byteStream ->
            bitmap.compress(Bitmap.CompressFormat.PNG, 100, byteStream)
            Asset.createFromBytes(byteStream.toByteArray())
        }
    

Java

    private static Asset createAssetFromBitmap(Bitmap bitmap) {
        final ByteArrayOutputStream byteStream = new ByteArrayOutputStream();
        bitmap.compress(Bitmap.CompressFormat.PNG, 100, byteStream);
        return Asset.createFromBytes(byteStream.toByteArray());
    }
    

アセットを作成したら、DataMap または PutDataRequestputAsset() メソッドを使用してデータアイテムにアタッチし、putDataItem() を使用してそのデータアイテムをデータストアに格納します。

PutDataRequest を使用する

Kotlin

    val asset: Asset = BitmapFactory.decodeResource(resources, R.drawable.image).let { bitmap ->
        createAssetFromBitmap(bitmap)
    }
    val request: PutDataRequest = PutDataRequest.create("/image").apply {
        putAsset("profileImage", asset)
    }
    val putTask: Task<DataItem> = Wearable.getDataClient(context).putDataItem(request)
    

Java

    Bitmap bitmap = BitmapFactory.decodeResource(getResources(), R.drawable.image);
    Asset asset = createAssetFromBitmap(bitmap);
    PutDataRequest request = PutDataRequest.create("/image");
    request.putAsset("profileImage", asset);
    Task<DataItem> putTask = Wearable.getDataClient(context).putDataItem(request);
    

PutDataMapRequest を使用する

Kotlin

    val asset: Asset = BitmapFactory.decodeResource(resources, R.drawable.image).let { bitmap ->
        createAssetFromBitmap(bitmap)
    }
    val request: PutDataRequest = PutDataMapRequest.create("/image").run {
        dataMap.putAsset("profileImage", asset)
        asPutDataRequest()
    }
    val putTask: Task<DataItem> = Wearable.getDataClient(context).putDataItem(request)
    

Java

    Bitmap bitmap = BitmapFactory.decodeResource(getResources(), R.drawable.image);
    Asset asset = createAssetFromBitmap(bitmap);
    PutDataMapRequest dataMap = PutDataMapRequest.create("/image");
    dataMap.getDataMap().putAsset("profileImage", asset);
    PutDataRequest request = dataMap.asPutDataRequest();
    Task<DataItem> putTask = Wearable.getDataClient(context).putDataItem(request);
    

アセットを受け取る

アセットを作成したら、おそらく接続の反対側でもアセットの読み取りや抽出が必要になるでしょう。以下の例は、アセットの変更を検出してそのアセットを抽出するコールバックを実装する方法を示しています。

Kotlin

    override fun onDataChanged(dataEvents: DataEventBuffer) {
        dataEvents
                .filter { it.type == DataEvent.TYPE_CHANGED && it.dataItem.uri.path == "/image" }
                .forEach { event ->
                    val bitmap: Bitmap? = DataMapItem.fromDataItem(event.dataItem)
                            .dataMap.getAsset("profileImage")
                            .let { asset -> loadBitmapFromAsset(asset) }
                    // Do something with the bitmap
                }
    }

    fun loadBitmapFromAsset(asset: Asset): Bitmap? {
        // convert asset into a file descriptor and block until it's ready
        val assetInputStream: InputStream? =
                Tasks.await(Wearable.getDataClient(context).getFdForAsset(asset))
                ?.inputStream

        return assetInputStream?.let { inputStream ->
            // decode the stream into a bitmap
            BitmapFactory.decodeStream(inputStream)
        } ?: run {
            Log.w(TAG, "Requested an unknown Asset.")
            null
        }
    }
    

Java

    @Override
    public void onDataChanged(DataEventBuffer dataEvents) {
      for (DataEvent event : dataEvents) {
        if (event.getType() == DataEvent.TYPE_CHANGED &&
            event.getDataItem().getUri().getPath().equals("/image")) {
          DataMapItem dataMapItem = DataMapItem.fromDataItem(event.getDataItem());
          Asset profileAsset = dataMapItem.getDataMap().getAsset("profileImage");
          Bitmap bitmap = loadBitmapFromAsset(profileAsset);
          // Do something with the bitmap
        }
      }
    }

    public Bitmap loadBitmapFromAsset(Asset asset) {
        if (asset == null) {
            throw new IllegalArgumentException("Asset must be non-null");
        }
        // convert asset into a file descriptor and block until it's ready
        InputStream assetInputStream =
            Tasks.await(Wearable.getDataClient(context).getFdForAsset(asset))
                .getInputStream();
        if (assetInputStream == null) {
            Log.w(TAG, "Requested an unknown Asset.");
            return null;
        }
        // decode the stream into a bitmap
        return BitmapFactory.decodeStream(assetInputStream);
    }