コンテンツに移動

よくアクセスするページ

最近アクセスしたページ

navigation

Espresso

Use Espresso to write concise, beautiful, and reliable Android UI tests.

The following code snippet shows an example of an Espresso test:

@Test
public void greeterSaysHello() {
    onView(withId(R.id.name_field)).perform(typeText("Steve"));
    onView(withId(R.id.greet_button)).perform(click());
    onView(withText("Hello Steve!")).check(matches(isDisplayed()));
}

The core API is small, predictable, and easy to learn and yet remains open for customization. Espresso tests state expectations, interactions, and assertions clearly without the distraction of boilerplate content, custom infrastructure, or messy implementation details getting in the way.

Espresso tests run optimally fast! It lets you leave your waits, syncs, sleeps, and polls behind while it manipulates and asserts on the application UI when it is at rest.

Target audience

Espresso is targeted at developers, who believe that automated testing is an integral part of the development lifecycle. While it can be used for black-box testing, Espresso’s full power is unlocked by those who are familiar with the codebase under test.

Synchronization capabilities

Each time your test invokes onView(), Espresso waits to perform the corresponding UI action or assertion until the following synchronization conditions are met:

By performing these checks, Espresso substantially increases the likelihood that only one UI action or assertion can occur at any given time. This capability gives you more reliable and dependable test results.

Packages

You can learn more about the latest versions by reading the release notes.

このサイトでは、ユーザーが選択したサイトの言語と表示設定を保存する目的で Cookie を使用しています。

Android デベロッパー向けの最新情報やヒントを入手して、Google Play での成功を手に入れましょう。

* 必須

送信しました

WeChat で Google Developers をフォローする

このサイトをで表示しますか?

ページの表示言語としてを選択しましたが、このサイトの言語はに設定されています。

言語設定を変更してこのサイトをで表示しますか?言語設定を変更する場合は、各ページの下にある言語メニューを使用してください。

このクラスには、API レベル 以上が必要です。

API レベル が選択されているため、このドキュメントは非表示になっています。左のナビゲーションの上にあるセレクタを使って、ドキュメントの API レベルを変更できます。

アプリに必要な API レベルを指定する方法について、詳しくは異なるプラットフォーム バージョンのサポートをご覧ください。

Take a short survey?
Help us improve the Android developer experience. (April 2018 — Developer Survey)