6 月 3 日の「#Android11: The Beta Launch Show」にぜひご参加ください。

sqlite3

Android アプリによって作成された SQLite データベースは、リモートシェルからデバイス上で、またはホストマシンから、sqlite3 コマンドライン プログラムを使って管理できます。sqlite3 ツールには、テーブルの内容を出力する .dump や、既存のテーブルに対する SQL CREATE ステートメントを出力する .schema などのコマンドがあります。このツールを使用すると、SQLite コマンドをその場で実行することもできます。

リモートシェルから sqlite3 を使用するには:

  1. 次のコマンドを入力して、リモートシェルに入ります。
    adb [-d|-e|-s {<serialNumber>}] shell
  2. リモートシェルから次のコマンドを入力して sqlite3 ツールを起動します。
    sqlite3

    必要に応じて、検索するデータベースへの完全パスを指定することもできます。 エミュレータまたはデバイスのインスタンスは、SQLite3 データベースをディレクトリ /data/data/<package_name>/databases/ に保存します。

  3. sqlite3 を呼び出した後に、シェル内で コマンドを実行できます。終了して adb リモートシェルに戻るには、exit を入力するか、Control+D キーを押します。

次に例を示します。

$ adb -s emulator-5554 shell
    # sqlite3 /data/data/com.example.google.rss.rssexample/databases/rssitems.db
    SQLite version 3.3.12
    Enter ".help" for instructions
    .... enter commands, then quit...
    # sqlite> .exit
    

sqlite3 をシェル内ではなく、ローカルに使用するには、デバイスからデータベース ファイルを取得して を起動します。

  1. データベース ファイルをデバイスからホストマシンにコピーします。
        adb pull <database-file-on-device>
        
  2. データベース ファイルを指定して、/tools ディレクトリから sqlite3 ツールを起動します。
        sqlite3 <database-file-on-host>