件 / ページ
216 件の結果
Java
AppShortcuts

このサンプルでは、Android 7.1(API 25)で導入された Launcher Shortcuts API の使用方法を紹介しています。この API では、ユーザーがアプリのランチャー アイコンを押し続けたときに表示される、インテントのセットを定義できます。XML 内で静的に登録するリンクと、実行時に動的に登録するリンクの両方の例を示します。

Java
AutofillFramework

このサンプルでは、自動入力フレームワークの使用例を紹介しています。自動入力を必要とするビューのあるクライアント アクティビティと、クライアント アクティビティに自動入力データを提供するサービスの実装が含まれています。

Kotlin
AutofillFramework(Kotlin)

このサンプルでは、自動入力フレームワークの使用例を紹介しています。自動入力を必要とするビューのあるクライアント アクティビティと、クライアント アクティビティに自動入力データを提供するサービスの実装が含まれています。

Java
DownloadableFonts

このサンプルでは、Android O で導入された「ダウンロード可能なフォント」機能を使用する方法を示します。この機能により、アプリはフォントをバンドルまたはダウンロードする代わりに、特定のフォントをプロバイダから要求できるようになるため、フォントをアセットとしてバンドルする必要はなくなります。

Kotlin
DownloadableFonts(Kotlin)

このサンプルでは、Android O で導入された「ダウンロード可能なフォント」機能を使用する方法を示します。この機能により、アプリはフォントをバンドルまたはダウンロードする代わりに、特定のフォントをプロバイダから要求できるようになるため、フォントをアセットとしてバンドルする必要はなくなります。

Java
EmojiCompat

このサンプルでは、EmojiCompat サポート ライブラリの使用例を紹介しています。このライブラリを使用すると、アプリにない絵文字を豆腐(□)で表示することを避けられます。バンドルされた絵文字フォントとダウンロード可能な絵文字フォントのどちらでも使用できます。このサンプルでは、両方の使用例を示します。

Kotlin
EmojiCompat(Kotlin)

このサンプルでは、EmojiCompat サポート ライブラリの使用例を紹介しています。このライブラリを使用すると、アプリにない絵文字を豆腐(□)で表示することを避けられます。バンドルされた絵文字フォントとダウンロード可能な絵文字フォントのどちらでも使用できます。このサンプルでは、両方の使用例を示します。

Java
JobScheduler

該当する特定のタスクについて、バックグラウンド タスクのスケジュール設定用のインターフェースを提供する、JobScheduler API の使用例を示します。

Java
NotificationChannels

チャンネルを使用してトピックごとに通知を分類する例を示します。この機能は Android O で追加されており、ユーザーが通知の設定を細かく管理できるようになります。

Kotlin
NotificationChannels(Kotlin)

チャンネルを使用してトピックごとに通知を分類する例を示します。この機能は Android O で追加されており、ユーザーが通知の設定を細かく管理できるようになります。

Java
PictureInPicture

このサンプルでは、ハンドヘルド デバイスでピクチャー イン ピクチャー モードを使用する基本的な方法を紹介しています。動画の再生を開始した後、ピクチャー イン ピクチャー モードに入っても再生を続けます。ピクチャー イン ピクチャー モードの画面には、動画を一時停止または再開するアクション アイテムが表示されます。

Kotlin
PictureInPicture(Kotlin)

このサンプルでは、ハンドヘルド デバイスでピクチャー イン ピクチャー モードを使用する基本的な方法を紹介しています。動画の再生を開始した後、ピクチャー イン ピクチャー モードに入っても再生を続けます。ピクチャー イン ピクチャー モードの画面には、動画を一時停止または再開するアクション アイテムが表示されます。

Java
RuntimePermissions

このサンプルでは、Android M 以上で使用できるランタイム パーミッションを紹介しています。実行時にパーミッションの確認やリクエストを行う方法、サポート ライブラリを使って下位互換性を処理する方法、M 端末専用のオプションのパーミッションを宣言する方法を示します。

Java
AsymmetricFingerprintDialog

このサンプルでは、アプリ内で登録された指紋を使ってユーザーを認証する例を紹介しています。

Java
CommitContentSampleApp

このサンプルでは、キーボードから送信されたリッチ コンテンツ(画像など)を Commit Content API を使って受け取るアプリの作成方法を紹介しています。

Java
CommitContentSampleIME

このサンプルでは、Commit Content API を使ってリッチ コンテンツ(画像など)をテキスト フィールドに送信するキーボードを作成する方法を紹介しています。

Java
DirectBoot

このサンプルでは、端末保護ストレージにデータを保存する方法を紹介しています。このストレージは、端末が起動していれば、ユーザーの認証情報(PIN、パターン、パスワード)が入力される前と後のどちらでも、常に利用できます。

Java
FingerprintDialog

このサンプルでは、アプリ内で登録された指紋を使ってユーザーを認証する例を紹介しています。

Java Firebase
Android 用 Firebase クイックスタート

Android 上で Firebase API の使用例を示すクイックスタート サンプルのコレクションです。詳細については https://firebase.google.com をご覧ください。

Java
MessagingService

このサンプルでは、NotificationCompat を使用して通知を送信する簡単なサービスを紹介しています。また、リモート入力を使って通知を拡張しているので、Android N 搭載端末ではアプリを開かなくても、通知から直接、テキストメッセージを返信することができます。また、Android Auto ユーザーは同じリモート入力オブジェクトにより、通知が表示されているときに、音声で応答することができます。注: ユーザーが未読のメッセージは、別々の通知として送信されます。

Java
RecipeAssistant

このスマートフォン アプリでは Enhanced Notifications API を使って、ページングした通知でレシピの手順を表示する方法を紹介しています。スマートフォンでこのアプリを開始した後、レシピの短いリストをブラウジングして、表示するレシピを選択できます。各レシピはいくつかのステップに分かれています。準備ができたら、アクションバーの [START] をクリックしてウェアラブルに手順を送信できます。ウェアラブル端末には、その手順が 1 ページに 1 ステップずつ、複数ページにわたる通知として表示されます。

Java
WatchFace

Wear 2.0 のウォッチフェイスとその追加機能を紹介する簡単なサンプルです。

Java
WearDrawers

Wear 用のマテリアル デザインの一部であるナビゲーションとアクション ドロワーの例を紹介する簡単なサンプルです。

Java
WearHighBandwidthNetworking

このサンプルでは、メディアのストリーミングや大型ファイルのダウンロードなど、ネットワーク帯域幅の最低必要条件がある場合に、高帯域幅ネットワークが利用できるかどうかを判断する方法を紹介しています。さらに、現在利用可能なネットワークの帯域幅が不十分な場合に、高帯域幅ネットワークが必要な処理のために新しい Wi-Fi ネットワークを追加するようにユーザーに求めるおすすめの方法を紹介します。

Java
ActionBarCompat-Basic

このサンプルでは、ActionBarCompat を使って、アクション アイテムを表示する基本的なアクティビティを作成する方法を紹介しています。メニュー リソースからアイテムをインフレートするだけでなく、アイテムをコードで追加する方法も示します。

Java
ActionBarCompat-Styled

このサンプルでは、カスタマイズしたテーマで ActionBarCompat を使用する方法を紹介しています。ディスプレイが狭い端末では分割したアクションバーを利用し、3 つのタブを表示します。

Java
ActiveNotifications

通知グループと通知マネージャを組み合わせて使用すると、通知の利用方法をシンプルにすることができます。このサンプルでは、アプリが現在表示している通知の件数を NotificationManager から取得する方法を紹介しています。さらに、サポートされているプラットフォームではグループを導入して、通知をグループにまとめてその概要を表示する方法も示します。

Java
BasicNetworking

このサンプルでは、Android API を使ってネットワーク接続を確認する方法を紹介しています。

Java
BeamLargeFiles

このサンプルでは、Android ビームを使って大型ファイルを転送する方法を紹介しています。NFC で最初のハンドシェイクを行った後、Bluetooth や Wi-Fi Direct など、2 番目に高速な通信チャンネルを使ってファイルを転送します。 この機能を使用するには、Android 4.1(Jelly Bean)以上が必要です。従来のビームとは異なり、受信端末上のアプリはインテントを受信しません。代わりに、システムがファイルをディスクに保存して通知を表示するので、ユーザーが標準の ACTION_VIEW インテントを使ってファイルを開くことを選択できます。

Java
BluetoothAdvertisements

このサンプルでは Bluetooth Low Energy API を使って少量のデータをアドバタイズする方法を紹介しています。また、こうしたアドバタイズメントをスキャンする方法も示します(操作をすべて確認するには、端末が 2 台必要です)。

Java
BluetoothLeGatt

このサンプルでは、Bluetooth LE 汎用属性プロファイル(GATT)を使って端末間で任意のデータを送信する方法を紹介しています。

Java
CardView

このサンプルでは、Android 5.0 でサポート ライブラリに導入された CardView の使用方法を紹介しています。

Java
DirectShare

このサンプルでは、共有するインテントの候補リストに、複数のオプションを直接表示する方法を紹介しています。

Java
DocumentCentricRecents

このサンプルでは、新しい Document Centric Apps API の基本的な使用例を紹介しています。システム概要メニュー内に新しいドキュメントを作成することが可能で、再起動してもその状態が保たれます。

Java
HdrViewfinder

このサンプルでは、リアルタイムのハイ ダイナミック レンジ カメラのファインダーを実装しています。センサーの露出時間を偶数と奇数のフレームで切り替えます。新たなフレームを撮影するたびに、2 つの露光値に切り替えて撮影した 2 つのフレームを合成します。

C++ NDK、Vulkan
Vulkan API のサンプル

Vulkan API の基本的な使用例を示します。

Java
RecyclerView

このサンプルでは RecyclerView の使用例として、LinearLayoutManager と GridLayoutManager をそれぞれ使って要素をレイアウトした例を紹介しています。また、要素のタップイベントを処理する方法も示します。

C++ NDK
AAudio

このサンプルでは、AAudio API の使用方法を紹介しています。

  • hello-aaudio: 出力(再生)ストリームを作成し、画面がタップされると正弦波を再生します。
  • echo: 入力(録音)ストリームと出力(再生)ストリームを作成してから、録音された音声に「エコー」をかけて再生ストリームに出力します。
  • AAudio の公式ドキュメント

    Java
    AccelerometerPlay

    このサンプルでは、加速度センサーを入力として、物理学ベースの画像を表示する方法を紹介しています。

    Java
    ActionBarCompat-ListPopupMenu

    このサンプルでは、v7 appcompat ライブラリの PopupMenu を使ったポップアップ メニューの表示方法を紹介しています。

    Java
    ActionBarCompat-ShareActionProvider

    このサンプルでは、コンテキスト依存の ShareActionProvider を、API v7 と下位互換性のある ActionBarCompat に組み込む方法を紹介しています。

    Java
    ActivityInstrumentation

    このサンプルでは、InstrumentationTest を使ってアクティビティの内部状態を探る基本的な例を紹介しています。

    Java
    ActivitySceneTransitionBasic

    このサンプルでは Lollipop 内で、あるアクティビティから別のアクティビティにシーンを切り替える方法を紹介しています。changeImageTransform と changeBounds を組み合わせて使用し、複数画像のグリッドを 1 つの大きな画像と詳細テキストのアクティビティに切り替えます。

    Java Google Play サービス、Google モバイル広告
    Google AdMob バナー

    このサンプルでは、Android アプリ内で Google AdMob バナー広告をリクエストして表示する方法を紹介しています。このアプリには "Hello World" アクティビティがあり、そのレイアウトの最下部にバナーが表示されます。

    Java Google Play サービス、Google モバイル広告
    Google AdMob インタースティシャル

    このサンプルでは、Android アプリ内で Google AdMob インタースティシャル広告をリクエストして表示する方法を紹介しています。InterstitialAd オブジェクトのインスタンスを作成して、インタースティシャルをプリロード後に表示するコードの例を示します。 アプリの UI にはカウントダウン タイマーを使ったアクティビティが 1 つ含まれます。タイマーがゼロになると、[retry] ボタンがタップできるようになります。タップすると、もう一度インタースティシャルが表示され、カウントダウンが開始されます。

    Java Google Play サービス、Google モバイル広告
    Google AdMob ネイティブ エクスプレス広告

    このサンプルでは、Android アプリ内で Google AdMob ネイティブ エクスプレス広告をリクエストして表示する方法を紹介しています。アプリが読み込まれ、アクティビティの最下部に広告が 1 つ表示されます。

    Java Google Play サービス、Google モバイル広告
    Google AdMob ネイティブ アドバンス

    このサンプルでは、Android アプリ内で Google AdMob ネイティブ アドバンス広告をリクエストして表示する方法を紹介しています。アクティビティの上部に広告のほか、チェックボックスを数個とボタンを 1 つ表示して、ネイティブ広告の異なるフォーマットをリクエストできるようにします。

    Java Google Play サービス、Google モバイル広告
    Advanced API の Android 用のデモ

    Google AdMob API と Google Ad Manager API のさまざまな機能を使用する高度なサンプルアプリです。Mobile Ads SDK から提供されるメソッドを使って、ターゲティング、サイズの変更、除外、カスタム イベントなどを処理します。

    Java
    AdvancedImmersiveMode

    Android 4.4 で追加された没入モードでは、バーの表示と非表示をスワイプして切り替えられるので、「全画面の非表示」モードと「ナビゲーション バーの非表示」モードが改善されました。このサンプルではユーザーが没入モードをテストできます。全画面に表示されたアプリの UI フラグの一部に対して、没入モードでどのように操作が行われるかを確認できます。

    Java
    AlwaysOn

    Wear のネイティブ アプリで常に画面表示モードをサポートする方法を示す基本的なサンプルです。

    Java
    AppRestrictionEnforcer

    このサンプルでは、プロファイル オーナーとして他のアプリへの制限を設定する方法を紹介しています。制限の設定には、AppRestrictionSchema サンプルアプリを使用します。

    Java
    AppRestrictionSchema

    この基本的なアプリでは、Android Device Administration API を使って、端末の管理者がユーザーのアクティビティを制限できるようにする方法を紹介しています。端末管理アプリは、企業の管理者に指示されるとおりに、このポリシーの特定の値を適用することができます。

    Java
    AppRestrictions

    このサンプルでは、マルチユーザーに対応している端末でアプリ制限機能を使用する例を紹介しています。

    Java
    AppUsageStatistics

    この基本的なアプリでは、App usage statistics API を使って、アプリの使用に関する統計情報をユーザーが収集できるようにする方法を紹介しています。

    Java
    アーキテクチャ コンポーネントの基本

    このサンプルでは、以下のアーキテクチャ コンポーネントを紹介しています。

  • Room
  • ViewModels
  • LiveData
  • Java
    アーキテクチャ コンポーネント Paging

    このサンプルでは、以下のアーキテクチャ コンポーネントを紹介しています。

  • Paging
  • Room
  • ViewModels
  • LiveData
  • C++、Java NDK
    Audio-Echo

    このサンプルでは、OpenSL ES を使って Android 高速オーディオパスにプレーヤーとレコーダーを作成し、それをループバック オーディオに接続する方法を紹介しています。Android 搭載端末のほとんどに、最適化されたオーディオパスがあり、レイテンシを短くするように調整されています。このサンプルでは、この高度に最適化されたオーディオパス(ネイティブ オーディオパス、低レイテンシパス、高速オーディオパスと呼ばれることもあります)で機能するプレーヤーとレコーダーを作成します。アプリの動作は、Android L AndroidOne、Android M Nexus 5、Nexus 9 で検証されています。このサンプルでは、CMake がサポートされた Android Studio を使用しており、共有 stl lib を Android Studio バージョン 2.2.0 と併用する方法を示します。詳細については、CMakeLists.txt をご覧ください。

    Kotlin
    ユニットテストの作成と Android フレームワークのモックを行う基本的なサンプル(Kotlin を使用)

    Android でユニットテストを初めて行う場合は、このサンプルを最初にお試しください。このプロジェクトでは Gradle ビルドシステムと、Android Gradle プラグインのユニットテストのサポートを使用します。Android Studio のような IDE の統合を活用することも、コマンドラインでテストすることもできます。 ユニットテストは開発用パソコンのローカル JVM で行われます。Android Gradle プラグインがアプリのソースコードをコンパイルし、Gradle のテストタスクを使ってアプリを実行します。android.jar の final 修飾子をすべて削除した修正版に対してテストします。そのため、Mockito などの一般的なモック ライブラリを使用できます。 詳細については、http://tools.android.com/tech-docs/unit-testing-support をご覧ください。

    Java
    ユニットテストの作成と Android フレームワークのモックを行う基本的なサンプル

    Android でユニットテストを初めて行う場合は、このサンプルを最初にお試しください。このプロジェクトでは Gradle ビルドシステムと、Android Gradle プラグインのユニットテストのサポートを使用します。Android Studio のような IDE の統合を活用することも、コマンドラインでテストすることもできます。 ユニットテストは開発用パソコンのローカル JVM で行われます。Android Gradle プラグインがアプリのソースコードをコンパイルし、Gradle のテストタスクを使ってアプリを実行します。android.jar の final 修飾子をすべて削除した修正版に対してテストします。そのため、Mockito などの一般的なモック ライブラリを使用できます。 詳細については、http://tools.android.com/tech-docs/unit-testing-support をご覧ください。

    Java
    BasicAccessibility

    このサンプルでは、ユーザー補助機能を備えたアプリを作成する方法を紹介しています。さまざまなウィジェットを組み合わせて、UI にユーザー補助機能のマークアップを追加するさまざまな方法を示します。

    Java
    BasicAndroidKeyStore

    データの整合性を図るメカニズムの作成方法と使用方法を示す高度なサンプルです。

    Java
    BasicContactables

    このサンプルでは、連絡先を検索する方法を紹介しています。ユーザーの入力が可能な SearchView をアクションバーに表示し、CommonDataKinds.Contactables を使ってクエリカーソルを実装します。

    Java
    BasicGestureDetect

    このサンプルでは、ビュー上の操作を検出してログに記録します。このサンプルを試すには、テキストをドラッグするか、タップしてみてください。

    Java
    BasicImmersiveMode

    このサンプルでは、没入モードを使って、全画面表示中のアプリのシステムバーとナビゲーション バーを非表示にする例を紹介しています。

    Java
    BasicManagedProfile

    このサンプルでは、Android 5.0 Lollipop で導入された Managed Profile API の基本機能を紹介しています。プロファイル オーナーとしてこのアプリをセットアップすることができます。このアプリを使用して、新規作成されたマネージド プロファイル内で各アプリを有効または無効にすることができます。さらに、一部のアプリへの制限の設定、プロファイル間でのインテント転送の有効化と無効化、プロファイルに関連付けられたすべてのデータの消去を行うことができます。

    Java
    BasicMediaDecoder

    このサンプルでは、MediaCoder を使って動画をデコードする方法、TimeAnimator を使ってレンダリング コマンドをシステムの表示フレームのレンダリングと同期する方法、TextureView に最終的にレンダリングする方法を紹介しています。

    Java
    BasicMediaRouter

    このサンプルでは、MediaRouter API を使ってセカンダリ ディスプレイにコンテンツを表示する例を紹介しています。アクションバーの [Media Route] アクション アイテムを使用して出力デバイスを選択できます。Miracast ワイヤレス ディスプレイに対応している端末では、システム設定で [ワイヤレス ディスプレイ] 機能を有効にすることが必要な場合もあります。[開発者向けオプション] からセカンダリ画面のシミュレーションを有効にすることもできます。 接続後に [Change Color] ボタンを使ってセカンダリ画面の背景色を変更することができます。

    Java
    BasicMultitouch

    このサンプルでは、MotionEvent プロパティを使い、複数のタッチイベントにわたって個々のタッチを追跡する例を紹介しています。

    Java
    BasicNotifications

    NotificationCompat API を使ってシステムの通知バーにイベントを表示する方法を示す基本的なアプリです。NotificationCompat API を使用すると、Android 1.6(Donut)(API レベル 4)以降を実行する古い端末と互換性を保つことができます。

    Java
    BasicRenderScript

    このサンプルでは、RenderScript を使って基本的な画像操作を行う例を紹介しています。具体的には、ユーザーがスライダを使って画像の彩度を動的に調整できます。カスタム RenderScript カーネルが、端末の GPU 上またはシステムが適切とみなした計算ハードウェア上で計算を行って、彩度を調整します。

    Java
    BasicSyncAdapter

    このサンプルでは、SyncAdapter を使ってアプリのバックグラウンド データを取得する例を紹介しています。バックグラウンド データの同期の開始に OS が使用する必須のサービスを作成し、バックグラウンド データの同期のスケジュールを設定します。

    Java
    BasicTransition

    KitKat で導入された遷移フレームワークを使用する方法を示す基本的なアプリです。このアプリは、さまざまなシーン間を選択するラジオボックスを表示し、さまざまな方法でシーン間を遷移します。

    Java
    BatchStepSensor

    このサンプルでは、歩行検出機能と歩数計用に SensorEventListener をセットアップする方法を紹介しています。

    C++、Java NDK
    ビットマップ プラズマ

    ビットマップ プラズマは、JNI を使って Android ビットマップにプラズマ効果をレンダリングする C コードによる Android サンプルです。このサンプルでは、C++ に対応した新しい Android Studio CMake プラグインを使用します。

    Java IoT
    Bluetooth オーディオ

    このサンプルでは、Android Things アプリからオーディオ用の Android Bluetooth API を使用する例を紹介しています。

    Java IoT
    Bluetooth GATT サーバー(Java)

    このアプリでは、Android Things アプリ内から BluetoothGattServer Android API にアクセスする例を示しています。このサンプルアプリは、時間プロファイルをアドバタイズします。

    Kotlin IoT
    Bluetooth GATT サーバー(Kotlin)

    このアプリでは、Android Things アプリ内から BluetoothGattServer Android API にアクセスする例を示しています。このサンプルアプリは、時間プロファイルをアドバタイズします。

    Java
    BluetoothChat

    このサンプルでは、2 台の Android 端末間で Bluetooth 経由で行う双方向のテキスト チャット機能を実装する方法を紹介しています。Bluetooth API の基本的な機能がすべて使用されています。

    Java
    BorderlessButtons

    このサンプルでは、Holo デザインでの境界線のないボタンをスタイル設定する例を紹介しています。スタイル設定は、XML リソースのレイアウト定義内に適用され、Holo テーマのスタイル設定属性を参照します。

    Java IoT
    ボタンと LED(Java)

    この Android Things のサンプルでは、ボタン入力の UserDriver を使って GPIO ピンの変化をリッスンする方法、主要なイベントの生成とリッスンを行う方法、およびそれに応じて LED の状態を変更する方法を紹介しています。

    Kotlin IoT
    ボタンと LED(Kotlin)

    この Android Things のサンプルでは、ボタン入力の UserDriver を使って GPIO ピンの変化をリッスンする方法、主要なイベントの生成とリッスンを行う方法、およびそれに応じて LED の状態を変更する方法を紹介しています。

    Java
    Camera2Basic

    このサンプルでは、Camera2 API の基本機能の使用方法を紹介しています。端末のすべての内蔵カメラの特性に対して処理を繰り返す方法、カメラのプレビューを表示する方法、および撮影方法について学ぶことができます。

    Kotlin
    Camera2Basic(Kotlin)

    このサンプルでは、Camera2 API の基本機能の使用方法を紹介しています。端末のすべての内蔵カメラの特性に対して処理を繰り返す方法、カメラのプレビューを表示する方法、および撮影方法について学ぶことができます。

    Java
    Camera2Raw

    このサンプルでは、Camera2 API を使って JPEG と RAW のセンサー フレームで撮影する例を紹介しています。ソースコードから一般的な例として、カメラのプレビュー表示、オートフォーカス、自動露出メータリング、自動ホワイト バランスをそれぞれ実装する方法のほか、同じセンサー フレームで JPEG 画像と RAW 画像を撮影する方法、他のアプリで使用するために画像を MediaStore に保存する方法を確認できます。

    Java
    Camera2Video

    このサンプルでは、Android Lollipop で導入された新しい Camera2 API を使って動画を撮影する方法を紹介しています。

    Kotlin
    Camera2Video(Kotlin)

    このサンプルでは、Android Lollipop で導入された新しい Camera2 API を使って動画を撮影する方法を紹介しています。

    Java
    CardEmulation

    このサンプルでは、Android 4.4 で追加された「ホストカード エミュレーション」を使って、NFC カードをエミュレートする方法を紹介しています。画面がオンのとき、適切に設定された NFC リーダー上でユーザーが端末をタップするたびに、端末をポイントカードとして使用できるようにします。 このサンプルで実装されるポイントカードを読み取るには、"CardReader" サンプルを使用できます。

    Java
    CardReader

    このサンプルでは、低水準 NFC カードリーダーを実装する方法を紹介しています。NDEF や Android ビーム データが保存されていないカードを読み取ります。"CardEmulation" サンプルで実装されるバーチャル ポイントカードを読み取るように設計されています。 特に、Android ビームを無効にし、リーダーに関連のある AID を選択して、そのカードとの通信を確立する方法を示します。

    Kotlin
    CardView(Kotlin)

    このサンプルでは、Android 5.0 でサポート ライブラリに導入された CardView の使用方法を紹介しています。

    Java
    ClippingBasic

    この基本的なアプリでは、ViewOutlineProvider インターフェースを使ってビュー上でアウトラインを作成してクリップする方法を紹介しています。シャドーイングやクリッピングに使用できます。

    Java IoT
    クラウド ドアベル

    Android Things のドアベル サンプルは「スマート」ドアベルを作成する方法を紹介します。このサンプルでは、ボタンが押されるのをキャプチャして、周辺機器のカメラから画像を取得します。その画像データを Google の Cloud Vision API 使って処理して、画像、Cloud Vision アノテーション、およびメタデータを Firebase データベースにアップロードします。アップロードしたデータはコンパニオン アプリで表示できます。

    Java IoT
    Cloud IoT センサーハブ

    このサンプルでは、接続されたセンサーからデータを収集するセンサーハブを Android Things 上で実装する方法と、Google Cloud IoT PubSub トピックにデータを公開する方法を紹介しています。

    Java
    認証情報の確認

    このサンプルでは、アプリ内で端末の認証情報(PIN、パターン、パスワード)を使用する方法を紹介しています。

    Java
    CustomChoiceList

    このサンプルでは、ListView の choiceMode 属性と併用するために、選択可能なカスタム レイアウトを作成する方法を紹介しています。

    Java
    CustomNotifications

    このサンプルでは、カスタム コンテンツ ビューを含めた通知の例を紹介しています。折り畳んだ通知のビューと展開した通知のビューが表示されます。

    Java
    CustomTransition

    このサンプルでは、標準の Transition クラスを拡張するカスタム遷移を実装する方法を紹介しています。

    Java
    DataLayer

    このサンプルでは、WearableListenerService と連携して DataEvents を作成、消費する方法と DataLayer を効果的に操作する方法を紹介しています。

    Java
    DelayedConfirmation

    ウェアラブル アプリ内に DelayedConfirmationView を作成する方法を示します。このサンプルでは、スマートフォン アプリのボタンが押されると、メッセージをウェアラブルに送信し、簡単なアクティビティを開始します。このアクティビティでは、[Start Timer] が押されたときに開始される DelayedConfirmationView を表示します。次に、ウェアラブルとスマートフォンの両方にコールバックを実装し、タイマーがいつ選択されたか、またはいつ終了するかを表示します。ウェアラブル上のアクティビティは BoxInsetLayout を使って、ディスプレイが四角形か円形かに応じて、適切なマージンを自動的に適用します。

    Java
    DeviceOwner

    このサンプルでは、デバイス オーナー機能の一部を使用する方法を紹介しています。デバイス オーナーは時刻やタイムゾーンの自動設定などのグローバル設定を指定できます。優先インテント ハンドラを使って特定のランチャーを強制することもできます。

    Java
    DirectorySelection

    この基本的なアプリでは、Directory Selection API を使って、ディレクトリ サブツリー全体をユーザーが選択できるようにする方法を紹介しています。それにより、Android 4.4(API レベル 19)で導入されたストレージ アクセス フレームワークを拡張します。

    Java
    DisplayingBitmaps

    このサンプルでは、メインの UI スレッドから効率よく大量のビットマップを読み込む方法を紹介しています。メモリ内とディスク上のビットマップのキャッシュへの保存、ビットマップ メモリの管理、ViewPager、ListView、GridView のような UI 要素でのビットマップの表示を行います。

    Java
    DocumentCentricRelinquishIdentity

    このサンプルでは、タスクスタック内で上位にあるアクティビティに識別子を譲渡する方法を紹介しています。

    Java
    DoneBar

    このサンプルでは、アクションバーにカスタムビューを作成する方法を紹介しています。2 つの代替レイアウトを使って、完了ボタンを表示します。これは、データの変更をキャンセルするオプションと確定するオプションしかユーザーに提供しないような、簡単なデータ入力アクティビティに最適です。

    Java Google Play サービス、Google モバイル広告
    DoubleClick バナー

    このサンプルでは、Android アプリ内で Google アド マネージャー バナー広告をリクエストして表示する方法を紹介しています。このアプリには "Hello World" アクティビティがあり、そのレイアウトの最下部にバナーが表示されます。

    Java Google Play サービス、Google モバイル広告
    DoubleClick カスタム レンダリング

    このサンプルでは、Android アプリ内で Google アド マネージャー カスタム レンダリングから広告をリクエストして表示する方法を紹介しています。アクティビティの上部に広告のほか、チェックボックスを数個とボタンを 1 つ表示して、ネイティブ広告の異なるフォーマットをリクエストできるようにします。

    Java Google Play サービス、Google モバイル広告
    Google アド マネージャーの高度なネイティブ広告の例

    このプロジェクトの目的は、高度なネイティブ広告の例を紹介して、サイト運営者が(ニュース フィードに含まれるような)リスト形式のユーザー エクスペリエンスに複数のネイティブ広告フーマットを組み入れて構築する方法を示すことです。 プロジェクトは ListView とアイテムの配列を管理する単一のアクティビティを使用します。ここでのアイテムのほとんどは、サンプルアプリのデータとなる、不動産のモックリストです。このサンプルリストの中に AdPlacement オブジェクトを配置します。このオブジェクトは AdFetchers を使って DFP カスタム レンダリングに広告をリクエストし、それを表示する NativeAdView インスタンスを構築します。個々のアセットビューへの参照は AdViewHolders 内にキャッシュします。 AdPlacement クラスのほとんどは、単一タイプの広告を扱います。一方、MultiFormatAdPlacement は、アプリ インストール広告、コンテンツ広告、2 つのカスタム テンプレート フォーマットのいずれかをリクエストして表示することができます。

    Java Google Play サービス、Google モバイル広告
    DoubleClick インタースティシャル

    このサンプルでは、Android アプリ内で Google アド マネージャー インタースティシャル広告をリクエストして表示する方法を紹介しています。PublisherInterstitialAd オブジェクトのインスタンスを作成して、インタースティシャルをプリロード後に表示するコードの例を示します。 アプリの UI にはカウントダウン タイマーを使ったアクティビティが 1 つ含まれます。タイマーがゼロになると、[retry] ボタンがタップできるようになります。タップすると、もう一度インタースティシャルが表示され、カウントダウンが開始されます。

    Java
    DrawableTinting

    このサンプルでは、プログラムと XML 内のドローアブル リソースの両方において、ドローアブルに着色とカラーフィルタを適用する方法を紹介しています。着色は、"tint" パラメータと "tintMode" パラメータを通じて 9-patch ドローアブルに設定されます。ビューのさまざまな状態(無効、有効、フォーカスされた、押された、選択された状態など)の色を定義する着色は、色状態リストで参照されます。 プログラム上では、"setColorFilter" メソッドを使い、色の参照と PorterDuff ブレンドモードを指定して、ドローアブルに着色を適用します。この色とブレンドモードを UI から変更して、さまざまなオプションの効果を確認することができます。

    Java IoT
    ドライバ

    [https://github.com/androidthings/contrib-drivers](contrib リポジトリ)にある Android Things 周辺機器のドライバのサンプルです。

    Java
    ElevationBasic

    このサンプルでは、setTranslationZ() を使って z 軸方向にビューを移動する方法を紹介しています。このメソッドは、API レベル 21(Lollipop)で導入されました。

    Java
    ElevationDrag

    このサンプルでは、さまざまなシェイプに対するドラッグ&ドロップ操作の例を紹介しています。エレベーションと z トランスレーションを使ったシャドウのレンダリングや、さまざまなアウトラインを使ったビューのクリップを行います。

    Java
    ElizaChat

    この基本的なサンプルでは、NotificationCompat.WearableExtender API を使ってウェアラブル上の通知に拡張機能を追加する方法を紹介し、チャット機能を提供しています。

    C++ NDK
    エンドレストンネル

    エンドレストンネルはサンプルゲームであり、開発におけるさまざまな方法を紹介します。Android Studio C++ サポートの利用方法、Android ネイティブ グルーを使ったゲームの実装方法、タップできない画面用の堅固な DPAD ナビゲーションを含めたジョイスティックの実装方法などです。ゲームロジックの作成やリソースの読み込みなどにおける最適な方法を示すことは、このサンプルの目的ではありません。Android Studio C++ との統合に焦点を絞るため、ゲームそのものは意図的にシンプルにしています。たとえば、このゲームではテクスチャやジオメトリをハードコーディングしています。このゲームのような小さなデモゲームにはそれで問題ありませんが、実際のゲームに拡張するにはよい方法ではありません。このサンプルでは、C++ に対応した新しい Android Studio CMake プラグインを使用します。

    Java
    FindMyPhone

    このサンプルアプリは、スマートフォンを置き忘れた可能性がある(具体的には、コンパニオンとウェアラブルの接続が切れた)場合に通知します。スマートフォンが見つからなくてもまだウェアラブルと接続している場合は、スマートフォンのアラームを鳴らすアクティビティをウェアラブル上で開始できます。

    Kotlin
    FingerprintDialog(Kotlin)

    このサンプルでは、アプリ内で登録された指紋を使ってユーザーを認証する例を紹介しています。

    Java
    ライト

    ウェアラブル アプリ内でアクティビティを使用する例を示すサンプルです。画面をライトとして使用できるようにします。

    Java
    FloatingActionButtonBasic

    このサンプルでは、2 つのサイズのフローティング アクション ボタンとその操作方法を紹介しています。

    Java
    Geofencing

    Google 社内の Android Building(B44)付近、またはサンフランシスコのモスコーニ センターの近くにあるイエルバ・ブエナ・ガーデンズ付近を訪れると、チェックインするオプションを含めた通知がウェアラブルにマナーモードで表示されます。この通知は、そのエリアを出ると自動的に消去され、そのどちらかのエリアをまた訪れると再表示されます。

    Java
    アーキテクチャ コンポーネントを使用した Github ブラウザ

    Android アーキテクチャ コンポーネントと Dagger 2 を使用するサンプルアプリです。 注: これは比較的複雑な完成例なので、アーキテクチャ コンポーネントのことをよく知らない場合は、このリポジトリ内の他の例を先に確認することを強くおすすめします。

    Java IoT
    Google Assistant API

    このサンプルでは、gRPC を使って Android Things から Google アシスタント サービスを呼び出す方法を紹介しています。接続されたマイクからの音声によるリクエストを記録して Google Assistant API に送信します。接続されたスピーカーでアシスタントの音声によるレスポンスを再生します。

    Java
    GridViewPager

    ウェアラブル アプリ内に GridViewPager を実装する方法を示します。

    C++、Java NDK
    Hello GL2

    Hello GL2 は、GLES 2.0 API を使って三角形を描く Android C++ サンプルです。通常の Android Java アクティビティで作成された GLSurfaceView 上に、JNI を使って C++ でレンダリングを行います。このサンプルでは、C++ に対応した新しい Android Studio CMake プラグインを使用します。

    C++、Java NDK
    Hello JNI

    Hello JNI は JNI を使って Android Java アクティビティから C コードを呼び出す Android サンプルです。このサンプルでは、新しい Hello-CMake コードラボを使用します。

    C++、Java NDK
    Hello JNI コールバック

    このサンプルは、Hello JNI サンプルのアドオンで C コードからの Java のコールバックの例を紹介しています。C コードから Java クラスのインスタンスを作成する例、静的メンバー関数や非静的メンバー関数から Java クラスを呼び出す例を示します。このサンプルでは、C++ に対応した新しい Android Studio CMake プラグインを使用します。

    Java
    HorizontalPaging

    このサンプルでは、フラグメントと ViewPager を使ってタブを実装する方法を紹介しています。

    Java
    ImmersiveMode

    KitKat で導入された機能の 1 つに「没入モード」があります。没入モードでは、ユーザーがスワイプしてステータスバーやナビゲーション バーの表示と非表示を切り替えられます。これを試すには、[Toggle immersive mode] ボタンをクリックしてから、バーをスワイプして表示を切り替えてみてください。

    Kotlin
    Instant Apps - 設定用 APK

    このサンプルでは Gradle 内で設定用 APK を使用する例を紹介しています。設定用 APK のセットアップは features/build.gradle ファイルで確認できます。ビルドして作成される ZIP ファイル(instant/build/output/apk/debug/instant-debug.zip)には複数の APK が含まれており、それぞれが特定の設定を行います。 製品版環境では、ユーザーの画面密度や言語 / 地域に応じた APK がユーザーに配信されます。それによって、ファイルの送信時のサイズや端末上のサイズが小さくなります。

    Kotlin
    Instant Apps - Cookie API

    このサンプルアプリでは、Cookie API を使用する方法を紹介しています。Android Framework API と InstantApps Play Services API の両方を使って、値の保存と取得を行います。 使用方法 この API は Instant App とインストール用アプリの両方で利用できます。Instant App でユーザーが作成したデータをインストール用アプリに移行することができます。 この API のフローは次のとおりです。

  • Cookie が許容範囲におさまるかどうかを確認します。
  • Instant App 内にデータを保存します。
  • インストール済みアプリからデータを取得します。
  • この API は PackageManagerCompat を介して API 26 以上で利用できます。

    ビルド バリアント このサンプルには 2 つのビルド バリアントがあります。
  • framework -> Android 8.0(API レベル 26)以上
  • playServices -> 任意の API レベル
  • この 2 つのビルド バリアントの機能は同じですが、片方は Framework API を使用し、もう一方は InstantApps Play Services API を使用します。 サンプルを使った API のテスト
  • Instant configuration を実行します
  • 何かデータを保存します
  • Installed configuration を実行します
  • 前のステップで保存したデータを取得します
  • Java
    Instant Apps - 機能モジュールのサンプル

    このサンプルでは、Hello World サンプルに機能モジュールを導入します。1 つの機能モジュールに必要なコードとリソースだけがその機能モジュールに含まれます。

  • features/base -> 共有部分
  • features/hello -> Hello 機能
  • features/bye -> Bye 機能
  • Java
    Instant Apps - フレーバー

    このサンプルでは、Instant App 内でのプロダクト フレーバーの使用例を紹介しています。次の 2 つのフレーバーが利用できます。

  • free
  • paid
  • これらのフレーバーは features/base/build.gradle 内で宣言されています。実装について詳しくは、features/base/src をご覧ください。 基本機能モジュールに依存する各モジュールでは、その build.gradle ファイル内に少なくとも同じプロダクト フレーバーを宣言する必要があります。

    Java
    Instant Apps - Google アナリティクスの例

    このサンプルアプリでは、Firebase 向け Google アナリティクスを Instant App に統合する方法を紹介しています。

    Java
    Instant Apps - Hello World

    このサンプルアプリでは、Java プログラミング言語を使って、インストールされるアプリに加えて、そのアプリと同じように動作する Instant App をビルドする方法を紹介しています。エントリ ポイントとして使用できる 2 つのアクティビティが含まれます。

    Kotlin
    Instant Apps - Hello World(Kotlin)

    このサンプルアプリでは、Kotlin を使って、インストールされるアプリに加えて、そのアプリと同じように動作する Instant App をビルドする方法を紹介しています。Instant App の機能は、端末に個別にインストールして起動できる 2 つの機能に分けてビルドされます。

    Kotlin
    Instant Apps - Install API のサンプル

    このサンプルアプリでは、Install API を使用する例を紹介しています。この API は端末上にアプリをインストールするインテントをトリガーします。その呼び出しで、インストールの完了後にトリガーされるインテントを受け取ります。 アプリでこの API を利用するには、Google Play ストアにインストール可能なアプリが必要です。さらに、Instant App とインストール可能なアプリ モジュールの両方の applicationId が一致する必要があります。

    Java
    Instant Apps - マルチ機能のサンプルアプリ

    このサンプルアプリは、インストール可能なアプリと、そのアプリと同じように動作する Instant App をビルドする例を紹介しています。Instant App の機能は、端末で個別に起動できる 2 つの機能に分割されます。

    Java
    Instant Apps - サービス

    このサンプルでは、Android Instant Apps 内で開始またはバインドされるサービスの作成方法を紹介しています。

    Kotlin
    Instant Apps - Storage API のサンプル

    このサンプルアプリでは、Storage API の使用方法を紹介しています。API レベル 26 より低いバージョンの Android を搭載した端末が対象です。API レベル 26 以上を搭載した端末では、Android フレームワークがユーザーデータを Instant App から、インストールされるアプリに移行します。 インストールが完了したアプリは、この API を使って Instant App から保存データを転送することで、ユーザーがシームレスに利用できます。 使用方法 インストールされたアプリから [Storage API](https://developers.google.com/android/reference/com/google/android/gms/instantapps/InstantAppsClient.html#getInstantAppData())を呼び出します。この API を使って Instant App に保存されたデータにアクセスできます。 データの保存について詳しくは、[ドキュメント](https://developers.google.com/android/reference/com/google/android/gms/instantapps/InstantAppsClient.html#getInstantAppData())をご覧ください。

    Java
    補間

    このサンプルでは、Material Design でのアニメーションの補間とパスのアニメーションの使用例を紹介しています。

    Kotlin
    JobScheduler(Kotlin)

    該当する特定のタスクについて、バックグラウンド タスクのスケジュール設定用のインターフェースを提供する、JobScheduler API の使用例を示します。このサンプルの仕組みを理解するには、以下のさまざまなシナリオをお試しください。

  • 端末の電源への接続を切り、電源に接続する必要があるようなタスクのスケジュールを設定します。端末が電源に接続されると、そのタスクが開始されます。
  • 10 秒間の遅延を設定し、戻るボタンを押します。アクティビティとサービスは終了しますが、10 秒後にサービスが再起動します(logcat がデバッグ メッセージを表示します)。
  • 5 秒間の遅延と、10 秒間の実行時間を設定します。ジョブのスケジュールを設定し、戻るボタンを押します。6 秒後にアクティビティをもう一度開きます。アクティビティとサービスの両方がシャットダウンされていても、アクティビティが onStopTask に表示されます。
  • Java
    JumpingJack

    ウェアラブル端末上の重力センサーを使用する方法を示す基本的なサンプルです。ユーザーが行ったジャンピング ジャックの回数をカウントします。

    Java
    LNotifications

    このサンプルでは、Android L で導入された通知の新機能を紹介しています。ヘッドアップ通知、可視性のほか、人物、カテゴリ、および優先度のメタデータなどの新機能があります。

    Java
    MediaBrowserService

    このサンプルでは、音声のバックグラウンド再生を可能にするメディアアプリの実装方法と、他のアプリからアクセスできるメディア ライブラリの提供方法を紹介しています。1. 他のアプリが外部から MediaSession を使ってメディアの再生を制御できるようにします。それによって、たとえば Google アシスタントから再生を制御できます。2. シンプルな音楽ライブラリを MediaBrowserService 介して公開します。MediaSession のコールバックも提供します。それによって、たとえば Android Auto から使用することができます。車に接続されていないときは、アプリの非常にシンプルな UI を使用して、再生のほか、前のトラックや次のトラックへのスキップができます。MediaSession と MediaBrowserService について詳しくは、これらの API のアーキテクチャ上の詳細を説明している、Medium の記事をご覧ください。 アーキテクチャ図

    Java
    MediaEffects

    このサンプルでは、Android 4.0 で導入された Media Effects API の使用方法を紹介しています。

    Java
    MediaRecorder

    このサンプルでは、カメラやカムコーダーを MediaRecorder API の映像や音声のソースとして使用します。API 14 以上のコードでのみ、TextureView がカメラのプレビューとして使用されます。それより古い端末で実行する場合は、SurfaceView に簡単に変更することができます。

    Java
    MediaRouter

    カスタム メディア ルート プロバイダを作成する方法を紹介します。

    Java
    MidiScope

    このサンプルでは、MIDI API を使って、接続されたデバイスから MIDI 信号を受信して処理する方法を紹介しています。

    Java
    MidiSynth

    このサンプルでは、MIDI API を使って、MIDI キーボードなどの接続された入力デバイスから MIDI メッセージを受信して再生する方法を紹介してします。

    Java
    MultiWindowPlayground

    このサンプルでは、Android N で利用できる Multi-window API の使用例を紹介しています。新しいインテント フラグと AndroidManifest プロパティを使ってマルチウィンドウの動作を定義します。サンプルアプリをマルチウィンドウ モードに切り替えて、アプリのライフサイクルと動作にどのような影響があるかを確認することができます。

    C++ NDK
    ネイティブ アクティビティ

    ネイティブ アクティビティは、NativeActivity を使用する C コードにより、GLES 2.0 コンテキストの初期化と、加速度計データの読み取理を行う Android サンプルです。このサンプルでは、C++ に対応した新しい Android Studio CMake プラグインを使用します。

    Java Google Play サービス、Google モバイル広告
    ネイティブ エクスプレス広告の RecyclerView

    このサンプルでは、Android アプリ内で RecyclerView ウィジェットを使って Google AdMob ネイティブ エクスプレス広告をリクエストして表示する方法を紹介しています。 RecyclerView ウィジェットは ListView を拡張して柔軟性をもたせた改良版です。ユーザーに表示されなくなったアイテムのビューをいつ再利用(リサイクル)するかを、レイアウト マネージャが判断できるようにすることで、大規模なデータセットの表示と処理を簡略化します。ビューをリサイクルすると、不要なビューの作成や、コストのかかる findViewByID() のルックアップが避けられるので、パフォーマンスが向上します。

    C++、Java NDK
    ネイティブ オーディオ

    ネイティブ オーディオは JNI を使って C++ OpenSLES API により音声を再生、録音する Android サンプルです。作成されるレコーダーやプレーヤーは高速オーディオパスには含まれません。このサンプルでは、C++ に対応した新しい Android Studio CMake プラグインを使用します。

    C++、Java IoT
    Native Peripheral I/O

    この Android Things アプリは、C++ から Native PIO API を使用する基本的なコードを実行します。各サンプルは、別々に実行できる Android モジュールです。

    C++ NDK
    ネイティブ プラズマ

    ネイティブ プラズマは、NativeActivity を使用する C コードにより、ビットマップにプラズマ効果をレンダリングする Android サンプルです。このサンプルでは、C++ に対応した新しい Android Studio CMake プラグインを使用します。

    Java
    ナビゲーション ドロワー

    このサンプルでは、Android サポート ライブラリ内の DrawerLayout ウィジェットの一般的な使用例を紹介しています。

    Kotlin
    ナビゲーション ドロワー(Kotlin)

    このサンプルでは、Android サポート ライブラリ内の DrawerLayout ウィジェットの一般的な使用例を紹介しています。

    Java
    NetworkConnect

    このサンプルでは、HttpsURLConnection を使って、ネットワークに接続する方法と、未加工の HTML を取得する方法を紹介しています。バックグラウンド スレッドで取得を行うために AsyncTask が使用されます。

    Java
    NfcProvisioning

    このサンプルでは、NFC を使って、デバイス オーナーが新しい端末をプロビジョニングする方法を紹介しています。デバイス オーナーとは、端末のセキュリティや設定を管理できる特別な権限を持った管理者です。このサンプルそのものはデバイス オーナーではありません。プロビジョニングされていない同等の端末に NFC メッセージを送信して、指定されたデバイス オーナー アプリをセットアップするように伝えるプログラミング アプリです。

    Java
    PdfRendererBasic

    このサンプルでは、Android 5.0 Lollipop で導入された PdfRenderer を使って画面に PDF ドキュメントを表示する方法を紹介しています。

    Kotlin
    PdfRendererBasic(Kotlin)

    このサンプルでは、Android 5.0 Lollipop で導入された PdfRenderer を使って画面に PDF ドキュメントを表示する方法を紹介しています。

    Java
    PermissionRequest

    このサンプルでは、PermissionRequest API を使って WebView 内から制限付きのシステム機能(カメラ、マイクなど)に安全にアクセスできるようにする方法を紹介しています。例として、リクエストごとにユーザーが明示的に承認または拒否できるようなダイアログを作成します。

    Java
    クイズ

    このサンプルでは、Google Play Services Wearable Data API を使って、スマートフォンとペア設定したウェアラブル端末のアプリ同士で通信します。ユーザーがスマートフォンでクイズの質問を作成すると、質問は DataItem に 1 つずつ関連付けられます。これらの DataItem がウェアラブルで受信されると、通知として表示されます。各通知では、最初のページに質問が表示され、その後に複数の回答がアクションとして表示されます。回答を選択すると、対応する質問の DataItem が更新されます。それによって、スマートフォン アプリでその質問の状態(ユーザーの回答が正しいかどうか)の更新と、次の質問の表示を行うことができます。

    Kotlin
    RecyclerView(Kotlin)

    このサンプルでは RecyclerView の使用例として、LinearLayoutManager と GridLayoutManager をそれぞれ使って要素をレイアウトした例を紹介しています。また、要素のタップイベントを処理する方法も示します。

    Java
    RenderScriptIntrinsic

    RenderScriptIntrinsic サンプルでは、RenderScript Intrinsic の使用方法を紹介しています。RenderScript Intrinsic を複数作成し、さまざまなパラメータを使ったフィルタリング結果を表示します。StateListDrawable を使って RedioButton を拡張する方法も示します。

    Java
    RepeatingAlarm

    サンプルにどのような目的があるかを説明する紹介文です。template-params.xml 内で編集してください。

    Java
    RevealEffectBasic

    円形の出現エフェクトを紹介するサンプルです。ViewAnimationUtils を作成するほか、開始位置や半径などの円形の出現パラメータを定義します。

    Java
    Room と RxJava

    Flowable オブジェクト内に監視可能なクエリを実装する方法を紹介する API サンプルです。

    Kotlin
    Room と RxJava(Kotlin)

    Kotlin で Flowable オブジェクトを使用する方法を紹介する API サンプルです。

    Java
    Room とコンテンツ プロバイダ

    このサンプルでは、Android のコンテンツ プロバイダ フレームワークを使って、Room の永続ライブラリに保存されたデータを公開する方法を紹介しています。

    Kotlin
    RuntimePermissions(Kotlin)

    このサンプルでは、Android M 以上で使用できるランタイム パーミッションを紹介しています。実行時にパーミッションの確認やリクエストを行う方法、サポート ライブラリを使って下位互換性を処理する方法、M 端末専用のオプションのパーミッションを宣言する方法を示します。

    Java
    RuntimePermissionsBasic

    Android M 以上で使用できるランタイム パーミッションを紹介する基本的なサンプルです。新しい runtime permissions API を使って、サポート ライブラリを介してパーミッションの確認とリクエストを行う方法を示します。

    Java
    RuntimePermissionsWear

    このサンプルでは、ウェアラブル端末とモバイル端末の両方でパーミッションを必要とするリモートデータを処理する方法を紹介しています。

    Java
    TIF を使用した TV チャンネル サンプルアプリ(TV 入力)

    このアプリでは、TV 入力フレームワーク(TIF)を使って、Android TV 用のライブ TV チャンネル アプリをビルドする方法を紹介しています。このサンプルは、インストールが完了すると、デフォルトの TV アプリ(ライブ チャンネル アプリなど)によって認識され、実行されるサービスとなります。

    C++、Java NDK
    San Angeles

    San Angeles は Android ポートのデモ版で、GLES C/API を使って手続き的シーンをレンダリングします。オリジナルの GLES ポートについて詳しくは、オリジナルの README をご覧ください。 サンプルのデモ: - ABI APK の分割

    Java
    ScopedDirectoryAccess

    このサンプルでは、Android N で導入された Scoped Directory Access API を使って Pictures、Downloads などの特定のディレクトリに簡単にアクセスする方法を紹介しています。マニフェストで READ_EXTERNAL_STORAGE や WRITE_EXTERNAL_STORAGE をリクエストする必要はありません。

    Java
    ScreenCapture

    このサンプルでは、Media Projection API を使って端末の画面をリアルタイムにキャプチャして SurfaceView に表示する方法を紹介しています。

    C++、Java NDK
    センサーグラフ

    センサーグラフは現在の加速度計の値を読み取り、OpenGL を使ってグラフを描く C++ Android サンプルです。ネイティブ C++ の Assets API の使用例を示します。このサンプルでは、C++ に対応した新しい Android Studio CMake プラグインを使用します。

    Java IoT
    Simple Peripheral I/O(Java)

    この Android Things アプリは、Peripheral I/O API を使用する基本的なコードを実行します。各サンプルは、別々に実行できる Android モジュールです。

    Kotlin IoT
    Simple Peripheral I/O(Kotlin)

    この Android Things アプリは、Peripheral I/O API を使用する基本的なコードを実行します。各サンプルは、別々に実行できる Android モジュールです。

    Java IoT
    Simple Peripheral UI(Java)

    このユーティリティでは、グラフィカル UI のスイッチ ウィジェットとして、Android Things デバイスの GPIO を公開します。入力の状態を確認し、出力の状態を管理するにはスイッチをクリックします。

    Kotlin IoT
    Simple Peripheral UI(Kotlin)

    このユーティリティでは、グラフィカル UI のスイッチ ウィジェットとして、Android Things デバイスの GPIO を公開します。入力の状態を確認し、出力の状態を管理するにはスイッチをクリックします。

    Java
    SkeletonWearableApp

    このサンプルは、ウェアラブル アプリの開発の出発点として使用できる基本的なスケルトン アプリです。

    Java
    SlidingTabsBasic

    SlidingTabLayout を使って ViewPager のカスタム タイトル ストリップを表示する方法を示す基本的なサンプルです。タイトル ストリップには、ユーザーのスクロール中に途切れることなくフィードバックが表示されます。

    Java
    SlidingTabsColors

    SlidingTabLayout を使って ViewPager のカスタム タイトル ストリップを表示する方法を示す高度なサンプルです。タイトル ストリップの各タブの色をカスタマイズできます。

    Java
    SpeedTracker

    このサンプルでは、Wear 端末向けに現在地と速度を記録する例を紹介しています。現在地は、スマートフォンまたは Wear 端末から座標を取得する FusedLocatinProvider から取得します。どちらから取得するかは、スマートフォンが接続しているかどうか、および Wear 端末に GPS チップが搭載されているかどうかに応じます。

    Java
    StorageClient

    OPEN_DOCUMENT インテントを使って、端末上のドキュメント プロバイダのリストにアクセスし、プロバイダのいずれかからファイルを選択するクライアント アプリです。

    Java
    StorageProvider

    このサンプルでは、Android 4.4 で利用可能になったストレージ アクセス フレームワークを使って簡単なドキュメント プロバイダを実装する方法を紹介しています。

    Java
    SwipeRefreshLayoutBasic

    SwipeRefreshLayout を使って「スワイプでの更新」操作をビューに追加する方法を示す基本的なサンプルです。ビューを下にスワイプする操作で更新をトリガーする機能を有効にします。このサンプルで更新できるビューは ListView です。

    Java
    SwipeRefreshListFragment

    SwipeRefreshLayout を使って「スワイプでの更新」操作を ListView に追加する方法を示すサンプルです。ビューを下にスワイプする操作で更新をトリガーする機能を有効にします。

    Java
    SwipeRefreshMultipleViews

    SwipeRefreshLayout を使って「スワイプでの更新」操作を、複数の子が含まれるレイアウトに追加する方法を示すサンプルです。表示されているビューを下にスワイプする操作で更新をトリガーする機能を有効にします。このサンプルの SwipeRefreshLayout にはスクロール可能な GridView と、空の TextView が含まれます。

    Java
    SynchronizedNotifications

    簡単な通知または同期通知を使用する方法を示す基本的なサンプルです。これにより、ユーザーが自分のスマートフォンやウェアラブル端末からイベントを同時に閉じることができます。

    Java
    TV Leanback サポート ライブラリのサンプル - Videos by Google

    このサンプルは、Android TV 端末(Nexus Player など)で実行するように設計された Videos By Google アプリです。Leanback サポート ライブラリの使用方法を紹介しており、Android TV のユーザー エクスペリエンス ガイドラインに準拠したユーザー フレンドリーな UI を持つ良質の Android TV アプリを簡単に開発できることを示しています。

    C++、Java NDK
    Teapots

    Teapots は、Teapot レンダリングを使用して Android NDK のプラットフォーム機能を紹介する Android C++ サンプルのコレクションであり、以下が含まれます。classic-teapot: GLES 2.0 API と NativeActivity を使った Classic Teapot メッシュのレンダリングです。more-teapots: GLES 3.0 インスタンス レンダリングを使った Classic Teapot の複数インスタンスのレンダリングです。Choreographer-30fps: Chreographer API と EGL Android のプレゼンテーション時間の拡張機能を使用する、API レベルに応じた複数のフレームレート スロットリング手法の例です。このサンプルでは、C++ に対応した新しい Android Studio CMake プラグインを使用します。

    Java IoT
    TensorFlow Lite IoT 画像分類ツール

    このサンプルでは、Android Things 上での TensorFlow Lite 推論を実行する方法を紹介しています。ボタンを押してカメラで画像をキャプチャすると、TensorFlow Lite ではそれが何であるかが表示されます。

    Java
    ブループリントのテスト

    Google の Android テストツールとテスト フレームワークのコレクションであり、1 つのアプリ プロジェクトにすべてが統合されています。

    Kotlin
    ブループリントのテスト(Kotlin)

    Google の Android テストツールとテスト フレームワークのコレクションであり、1 つのアプリ プロジェクトにすべてが統合されています。

    Java
    TextLinkify

    このサンプルでは、TextView にリンクを追加する方法を紹介しています。"autoLink" プロパティを設定して自動的に行うことも、明示的に行うこともできます。

    Java
    TextSwitcher

    このサンプルでは、TextSwitcher を使って、テキストが変わる際にアニメーションを表示する例を紹介しています。

    Java
    タイマー

    このシンプルなウェアラブル アプリでは、カウントダウン タイマーを設定できます。スマートフォンに接続せずに、ウェアラブル上で独立して実行されます。

    Kotlin
    Android 版 Topeka

    Android 上でマテリアル デザインを紹介するクイズを楽しむことができます。 概要 マテリアル デザインは、視覚、インタラクション、モーション デザインの新しい仕組みです。Android 版 Topeka は、複数のプラットフォーム間で同じブランド方針とマテリアル デザイン方針に沿って、一貫した操作感を実現できることを紹介しています。 Topeka ウェブアプリは当初、ウェブ上のマテリアル デザインのオープンソースの例としてリリースされました。 Topeka の現在のリリースは、デザイン サポート ライブラリが重要な役割を果たす API レベル 14 以上でご利用になれます Topeka には Espresso テストも一式用意されており、connectedAndroidTest Gradle タスクで実行することができます。 このプロジェクトについて詳しくは、Android デベロッパー ブログでの説明をご覧ください。 スクリーンショット スタートガイド このレポジトリを複製し、ディレクトリの最上位で ./gradlew tasks を実行します。このプロジェクトで利用できるすべてのタスクを概観できます。 重要なタスクの一部は次のとおりです。 assembleDebug - Assembles all Debug builds. installDebug - Installs the Debug build. connectedAndroidTest - Installs and runs the tests for Debug build on connected devices. test - Run all unit tests. サポート

  • Google+ コミュニティ: https://plus.google.com/communities/105153134372062985968

  • スタック オーバーフロー: http://stackoverflow.com/questions/tagged/android

  • このサンプルにエラーが見つかった場合は、下記のリンクから問題を報告してくださるようお願いいたします。 https://github.com/googlesamples/android-topeka/issues パッチの作成をおすすめします。パッチを送信するには、このプロジェクトをフォークして、GitHub を通じてプルリクエストを送信します。 ライセンス ``` Copyright 2015 Google, Inc. Apache Software Foundation(ASF)に 1 件以上の参加者ライセンス契約により使用を許諾します。著作権者に関する詳細は、このアプリとともに配布される NOTICE ファイルをご覧ください。ASF は Apache License バージョン 2.0(本ライセンス)によりこのファイルの使用を許諾します。このファイルを使用するには、本ライセンスに準拠する必要があります。本ライセンスのコピーは下記のリンクから入手できます。 http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0 適用法によって要求される場合や書面で合意した場合を除き、本ライセンスの下で配布されるソフトウェアは「現状有姿」で提供され、明示か黙示かを問わず、いかなる種類の保証も条件もありません。本ライセンスの下で適用される具体的な許可および制限については、ライセンス本文をご覧ください。```

    Java Google Play サービス、Google Play アプリ内課金
    Trivial Drive

    In-App Billing Version 3 のサンプル

    Java Google Play サービス、Google Play アプリ内課金、Google Play Billing Library
    Trivial Drive v2

    In-App Billing Version 3 のサンプル

    Java IoT
    UART ループバック(Java)

    このサンプルでは、UART を介す基本的なデータ読み書き操作の例を紹介しています。受信(RX)バッファから読み取ったデータをすぐに送信(TX)バッファにエコーするループバック インターフェースを作成します。

    Kotlin IoT
    UART ループバック(Kotlin)

    このサンプルでは、UART を介す基本的なデータ読み書き操作の例を紹介しています。受信(RX)バッファから読み取ったデータをすぐに送信(TX)バッファにエコーするループバック インターフェースを作成します。

    Java IoT
    USB エミュレーター(Java)

    このアプリでは、Android Things アプリ内から UsbManager Android API にアクセスする例を示しています。ホストが検出したすべての USB デバイスに対して、サンプルアプリが繰り返し処理を行い、そのインターフェースとエンドポイントを印刷します。

    Kotlin IoT
    USB エミュレーター(Kotlin)

    このアプリでは、Android Things アプリ内から UsbManager Android API にアクセスする例を示しています。ホストが検出したすべての USB デバイスに対して、サンプルアプリが繰り返し処理を行い、そのインターフェースとエンドポイントを印刷します。

    Java Android Auto、Google Cast、Android Wear、Android TV
    ユニバーサル ミュージック プレーヤー

    このサンプルでは、複数のフォーム ファクタにわたって機能する音声メディア アプリを実装する方法を紹介しています。Android 搭載のスマートフォンとタブレット、Android Auto、Android Wear、Android TV、Google Cast デバイスで一貫したユーザー エクスペリエンスを提供します。

    C++ NDK
    WebP

    WebP は、ネイティブ アクティビティ ビューで WebP 形式を使用する例を示す小さなアプリを含む Android サンプルです。
    デコードする 3 つの WebP 画像を回転し、画面上のバッファに読み込みます。デコードは独自のスレッド内で行います。このサンプルでは新しい Android Studio CMake プラグインを使用します。

    Java
    WatchViewStub

    このサンプルでは、円形画面と四角形画面に異なるレイアウトを指定する方法を紹介しています。

    Java
    WearComplicationProvidersTestSuite

    ウォッチフェイスの追加機能のテストスイートは、ダミーデータを提供する追加機能プロバイダのセットであり、ウォッチフェイス上でさまざまなタイプの追加機能がどのようにレンダリングされるかをテストするのに使用できます。

    Java
    WearNotifications

    このサンプルでは NotificationStyle 通知(Inbox、BigPicture、BigText、SMS)を使用する際のおすすめの方法を紹介しています。モバイルアプリと、ネイティブまたはローカルの Wear アプリの両方を対象としています。Wear 1.x と Wear 2.0 での通知も対象です。

    Java
    WearSpeakerSample

    このサンプルでは、ウェアラブル端末に内蔵スピーカーがある場合に、ウェアラブル上のマイクを使った音声の録音方法と、録音した音声や mp3 ファイルの再生方法を紹介しています。 このサンプルにはスマートフォン用のコンパニオン アプリはないので、時計に直接このディレクトリをインストールする必要があります("adb" を使用します)。

    Java
    WearVerifyRemoteApp

    このサンプルでは、Android Wear 2.x スタンドアロン アプリからインストールしたか、それ以外の方法でインストールしたアプリが、接続しているモバイル端末にあるかどうかを確認する場合のおすすめの方法を紹介しています。

    Java IoT
    気象観測所

    このサンプルでは、複数の Android Things 周辺機器のドライバを統合して気象観測所を作成、接続します。

    Java
    XYZTouristAttractions

    このサンプルでは、モバイルと Wear アプリの組み合わせをできる限り実用に近づけることが目的です。モバイルアプリが対応する Wear とやり取りし、通信する方法として、洗練されたデザインと実用的な例を提供します。 アプリそのものは観光名所を巡る場面をモデル化しており、注目すべきスポットに近づくとユーザーに通知します。Wear コンポーネントは観光名所の画像と概要を表示し、GridViewPager の UI コンポーネントには最寄りの観光名所に関するクイック アクションを表示します。

    C++、Java NDK
    gles3jni

    gles3jni は JNI またはネイティブ コードから OpenGL ES 3.0 を使用する方法を示す Android C++ サンプルです。OpenGL ES 3.0 のレンダリング パスは OpenGL ES 2.0 のパスとは異なり、次のような新しい機能を使用しています。インスタンス化したレンダリングと頂点属性の分割数を使用して、描画の呼び出し回数を減らし、変更を統一します。頂点配列オブジェクトを使用して、各フレームで頂点属性の状態を設定するのに必要な呼び出しの回数を減らします。属性の位置を明示的に割り当てて、割り当てのクエリを不要にします。このサンプルでは、C++ に対応した新しい Android Studio CMake プラグインを使用します。

    C++、Java NDK
    hello-libs

    hello-libs は、Android Studio でサードパーティの C / C ++ ライブラリを管理する方法を示すサンプルです。

    件 / ページ
    216 件の結果