Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

Kotlin の概要

Kotlin は静的に型付けされたオープンソースのプログラミング言語であり、オブジェクト指向プログラミングと関数型プログラミングの両方をサポートします。Kotlin は、C#、Java、Scala を含む他の多くの言語と同様の構文および概念を提供します。Kotlin は、独自性を目指しているのではなく、数十年に及ぶ言語開発からインスピレーションを得ています。Kotlin は、JVM(Kotlin/JVM)、JavaScript(Kotlin/JS)、ネイティブ コード(Kotlin/ネイティブ)をターゲットとするバリアントの形で存在します。

Kotlin は、JetBrains と Google が創設した Kotlin 財団によって管理されています。同財団は、言語開発の発展と継続に取り組んでいます。 Kotlin は、Android 開発において Google に正式にサポートされています。つまり、Android のドキュメントとツールは Kotlin を念頭に置いて設計されています。

Android KTX など Kotlin 固有の Android API もいくつかありますが、ほとんどは Java で記述されており、Java からも Kotlin からも呼び出すことができます。Kotlin にとって、Java との相互運用性は、その発展の中核を成す要素です。つまり、Kotlin から Java コードへの呼び出しあるいはその逆方向の呼び出しを可能にして、既存の Java ライブラリすべてを活用できるようにしています。Kotlin の普及によって Android の開発はより快適になりますが、Android フレームワークは引き続き Kotlin と Java の両方を考慮して開発されていきます。

Kotlin は Java との相互運用性があるので、Kotlin の導入は、すべて一度に行わなくても問題ありません。プロジェクトにおいて Kotlin と Java コードを共存させることができます。既存のアプリに Kotlin を追加する詳細については、「既存のアプリに Kotlin を追加する」を参照してください。所属しているチームの規模が大きい場合は、コードベースおよび組織のサイズに対して特別な考慮が必要となることがあります。ヒントやその他の情報については、「大規模なチームに Kotlin を導入する」をご覧ください。

Kotlin をゼロから始めようとしている方向けに、Kotlin 入門に役立つ 30 分間のクラッシュ コースを用意しています。https://kotlinlang.org で公式の Kotlin ドキュメントをご覧いただけます。おすすめの書籍については、「書籍」をご覧ください。

Android 固有の Kotlin の例については、Android で一般的な Kotlin パターンを使用するをご覧ください。