6 月 3 日の「#Android11: The Beta Launch Show」にぜひご参加ください。

Wi-Fi Easy Connect

Android 10 (API レベル 29) 以上 端末では、Android 9 で非推奨になった WPS の代わりとして、Easy Connect を利用して Wi-Fi 認証情報をピアデバイスにプロビジョニングできます。アプリは、ACTION_PROCESS_WIFI_EASY_CONNECT_URI インテントを使用して、Easy Connect をセットアップとプロビジョニングフローに組み入れることができます。このインテントには URI が必要です。呼び出し元アプリは、さまざまな方法で URI を取得できます。たとえば、ステッカーやディスプレイから QR コードをスキャンしたり、Bluetooth LE や NFC 広告をスキャンしたりして取得できます。

URI が使用可能になったら、ACTION_PROCESS_WIFI_EASY_CONNECT_URI インテントでピアデバイスの Wi-Fi 認証情報をプロビジョニングできます。そのようにして、ユーザーは Wi-Fi ネットワークを選択して認証情報を共有し、安全に転送できます。

Easy Connect には、ロケーションや Wi-Fi のパーミッションは不要です。