その他の API ツール

Play Integrity API に加え、以下の完全性保護ツールを不正使用対策戦略に使用することをおすすめします。

Play Integrity API テストを作成する

Play Integrity API によるアプリの挙動を評価するために、テストを作成できます。指定したメールアドレスに対して、Google Play のサーバーからアプリが受け取る完全性レスポンスを決定できます。これにより、可能性のあるすべてのレスポンスに対して、アプリがどのように反応するかをテストできます。

テストは Google Play Console でセットアップできます。左側のメニューの [リリース] セクションで、[設定] > [アプリの完全性] に移動します。[Integrity API] タブを選択し、[API testing] を見つけて開始します。詳細な手順については、Play Console ヘルプセンターをご覧ください。

信頼できないデバイスが Google Play でアプリを取得できないようにする

Google Play Console の設定により、Play Integrity API で信頼できないと判断されたデバイスは Google Play からアプリを取得できないようにすることができます。この設定を使用すると、アプリ エクスペリエンスが低下するおそれのあるユーザーは、そもそもアプリを入手できなくなります。なお、信頼できないデバイスを Google Play での配信対象から除外しても、別の方法(他のアプリストアやサイドローディングなど)でのアプリの入手ができなくなるわけではありません。

Google Play Console で、Play Integrity API のレスポンスに基づいて Google Play からデバイスを除外できます。左側のメニューの [リリース] セクションで、[設定] > [アプリの完全性] に移動します。[Integrity API] タブを選択し、[Distribution exclusion] オプションを選択します。詳細な手順については、Play Console ヘルプセンターをご覧ください。