Android ロゴ

Android の最新バージョンである Android 10 を使えば、折りたたみ式デバイスや強化されたユーザー保護など、さまざまな新機能を活用するための準備を整えることができます。

機能の紹介

CameraX

新しい Jetpack ライブラリを使用すると、90% の Android デバイスで使用できるカメラアプリを容易に開発できます。

機能

Android Q ベータ版

Android の最新リリースには、ユーザーのプライバシーの保護の強化、ユーザーを惹きつける新たな機能、折りたたみ式デバイスのサポートの強化、Vulkan の拡張機能など、さまざまな新機能が導入されています。

Android Q ベータ版のロゴ
機能

Kotlin

すでに多くの Android デベロッパーが Kotlin の手軽さと機能性の高さを評価しています。Kotlin による快適な Android アプリの開発をぜひ体験してください。

Kotlin ロゴ

Android デバイス

さまざまな形状とサイズのデバイスで動作する Android により、継続的なユーザー エンゲージメントを実現できます。

プロダクト

Wear OS by Google

Wear OS by Google 搭載のスマートウォッチで時間を有効活用しましょう。手首に着けたスマートウォッチでいつでも健康状態を管理したり、人とつながったり、気になる情報を確認したりできます。Google アシスタントを利用することも可能です。

Wear OS by Google 搭載スマートウォッチ
プロダクト

TV

没入型コンテンツを大画面で楽しめるアプリを開発できます。ユーザーはホーム画面で推奨コンテンツを見つけることができ、Leanback ライブラリにはリモコンの使い勝手を向上させる API が用意されています。

Android TV
プロダクト

Auto

画面の解像度といった車両固有のハードウェアの違い、ソフトウェア インターフェース、スイッチ、タッチ操作について気にすることなく、車内で楽しめるアプリを開発できます。

プロダクト

Things

カスタム周辺機器と連携するスマートな接続デバイス向けのアプリを作成してテストを実施します。

Android Things Android Things
プロダクト

Chrome OS

Chromebook などの Google Chrome OS デバイスにも、Google Play ストアから Android アプリを配布できるようになりました。

Chrome OS 端末