Android Dev Summit, October 23-24: two days of technical content, directly from the Android team. Sign-up for livestream updates.

初めてのアプリを作成する

以降のページでは、シンプルな Android アプリを作成する方法について説明します。まずは Android Studio で「Hello World」プロジェクトを作成し、そのプロジェクトを実行する方法を学習します。次に、ユーザー入力を受け取るアプリのインターフェースを新しく作成し、そのアプリで 2 番目の画面を開きます。

ただし、最初に Android アプリに関する 2 つの基本的なコンセプトを理解しておく必要があります。


アプリの持つ複数のエントリ ポイント

Android アプリは、個別に呼び出せるコンポーネントを組み合わせてビルドされます。たとえば、アクティビティはユーザー インターフェースを提供するアプリ コンポーネントの一種です。

ユーザーがアプリのアイコンをタップすると「メイン」のアクティビティが起動しますが、通知や別のアプリなどの場所からユーザーを別のアクティビティに直接誘導することもできます。

ブロードキャスト レシーバやサービスなどのコンポーネントによって、アプリがユーザー インターフェースなしでバックグラウンド タスクを実行することもできます。

最初のアプリを作成したら、アプリの基礎で他のコンポーネントについてご確認ください。

アプリはさまざまなデバイスに対応

Android では、さまざまなリソースをさまざまなデバイスに提供できます。たとえば、画面サイズに応じて異なるレイアウトを作成できます。この場合、使用するレイアウトはそのデバイスの画面サイズに基づいてシステムによって決まります。

アプリの機能に特定のハードウェア(カメラなど)が必要な場合は、デバイスにそのハードウェアが搭載されているかどうかを実行時に照会し、搭載されていない場合は対応する機能を無効にできます。一部の機能については「必須」に設定することで、その機能がなければ Google Play によるデバイスへのインストールが許可されないように指定することもできます。

最初のアプリを作成したら、デバイスの互換性でデバイスの構成についてご確認ください。


基本的なコンセプトを念頭に置いたら、以下をクリックして最初のアプリを作成し始めましょう。