コンテンツに移動

よくアクセスするページ

最近アクセスしたページ

navigation

Accessibility Checking

The AccessibilityCheck class allows you to use your existing test code to test for accessibility issues. As you interact with a View during a test, the accessibility test framework runs checks automatically before proceeding. Just import the class and add the following code to your setup methods annotated with @Before:

import android.support.test.espresso.contrib.AccessibilityChecks;

@RunWith(AndroidJUnit4.class)
@LargeTest
public class AccessibilityChecksIntegrationTest {
    @BeforeClass
    public static void enableAccessibilityChecks() {
        AccessibilityChecks.enable();
    }
}

This will cause accessibility checks to run on a given view every time you use a ViewAction from the ViewActions class. To instead run these checks on all views in the hierarchy, use the following logic:

AccessibilityChecks.enable()
        .setRunChecksFromRootView(true);

When first enabling checks, you may encounter a number of issues you may not be able to deal with immediately. You can suppress these errors by setting a matcher for the results that you would like to suppress. Matchers for AccessibilityCheckResult appear in AccessibilityCheckResultUtils within the accessibility test framework. For example, to suppress all errors for a view with the ID R.id.example_view:

AccessibilityChecks.enable()
        .setSuppressingResultMatcher(matchingViews(withId(R.id.example_view)));

For more advanced configuration of accessibility checking, see the eyes-free repository on GitHub.

このサイトでは、ユーザーが選択したサイトの言語と表示設定を保存する目的で Cookie を使用しています。

Android デベロッパー向けの最新情報やヒントを入手して、Google Play での成功を手に入れましょう。

* 必須

送信しました

WeChat で Google Developers をフォローする

このサイトをで表示しますか?

ページの表示言語としてを選択しましたが、このサイトの言語はに設定されています。

言語設定を変更してこのサイトをで表示しますか?言語設定を変更する場合は、各ページの下にある言語メニューを使用してください。

このクラスには、API レベル 以上が必要です。

API レベル が選択されているため、このドキュメントは非表示になっています。左のナビゲーションの上にあるセレクタを使って、ドキュメントの API レベルを変更できます。

アプリに必要な API レベルを指定する方法について、詳しくは異なるプラットフォーム バージョンのサポートをご覧ください。

Take a short survey?
Help us improve the Android developer experience. (April 2018 — Developer Survey)