Skip to content

Most visited

Recently visited

navigation

Designing for Multiple Screens

依存関係と前提条件

関連ドキュメント

試してみる

Android は小さい携帯端末から大きい TV セットまで、さまざまな画面サイズの数百種類の端末で使用できます。 そのため、できるだけ多くのユーザーが使用できるように、すべての画面サイズで互換性が維持されるアプリケーションを設計することが重要です。

しかし、さまざまな端末タイプで互換性があるだけでは十分ではありません。各画面サイズにはユーザー操作にさまざまな可能性と課題があるため、ユーザーを満足させ良い印象を与えるには、アプリケーションは単に複数画面をサポートするだけでなく、画面構成ごとにユーザー エクスペリエンスを最適化する必要があります。

このレッスンでは、複数画面構成に対して最適化されたユーザー インターフェースを実装する方法を説明します。

各レッスンのコードは、複数画面用の最適化におけるベスト プラクティスを紹介するサンプル アプリケーションのものです。 サンプルを(右側で)ダウンロードして、独自のアプリケーションの再利用可能なソースとして使用できます。

注: このレッスンおよび関連するサンプルでは、Android 3.0 よりも前のバージョンで Fragment API を使用するために、サポート ライブラリを使用します。このレッスンのすべての API を使用するには、ライブラリをダウンロードしてアプリケーションに追加する必要があります。

レッスン

さまざまな画面サイズをサポートする
このレッスンでは、(ビューの柔軟な寸法、RelativeLayout、画面のサイズと向きの修飾子、エイリアス フィルタ、9-patch ビットマップを使用して)さまざまな画面サイズに対応するレイアウトを設計する方法について説明します。
さまざまな画面密度をサポートする
このレッスンでは、(密度非依存ピクセルを使用し、各密度に適したビットマップを提供することで)さまざまな画素密度を持つ画面をサポートする方法について説明します。
柔軟な UI フローを実装する
このレッスンでは、複数の画面サイズと密度の組み合わせに対応するように UI フローを実装する方法について説明します(アクティブなレイアウトの実行時検出、現在のレイアウトへの対応、画面構成の変更の処理)。
This site uses cookies to store your preferences for site-specific language and display options.

Get the latest Android developer news and tips that will help you find success on Google Play.

* Required Fields

Hooray!

WeChat で Google Developers をフォローする

Browse this site in ?

You requested a page in , but your language preference for this site is .

Would you like to change your language preference and browse this site in ? If you want to change your language preference later, use the language menu at the bottom of each page.

This class requires API level or higher

This doc is hidden because your selected API level for the documentation is . You can change the documentation API level with the selector above the left navigation.

For more information about specifying the API level your app requires, read Supporting Different Platform Versions.

Take a short survey?
Help us improve the Android developer experience. (Dec 2017 Android Platform & Tools Survey)