コンテンツに移動

よくアクセスするページ

最近アクセスしたページ

navigation

Designing for Multiple Screens

依存関係と前提条件

関連ドキュメント

試してみる

Android は小さい携帯端末から大きい TV セットまで、さまざまな画面サイズの数百種類の端末で使用できます。 そのため、できるだけ多くのユーザーが使用できるように、すべての画面サイズで互換性が維持されるアプリケーションを設計することが重要です。

しかし、さまざまな端末タイプで互換性があるだけでは十分ではありません。各画面サイズにはユーザー操作にさまざまな可能性と課題があるため、ユーザーを満足させ良い印象を与えるには、アプリケーションは単に複数画面をサポートするだけでなく、画面構成ごとにユーザー エクスペリエンスを最適化する必要があります。

このレッスンでは、複数画面構成に対して最適化されたユーザー インターフェースを実装する方法を説明します。

各レッスンのコードは、複数画面用の最適化におけるベスト プラクティスを紹介するサンプル アプリケーションのものです。 サンプルを(右側で)ダウンロードして、独自のアプリケーションの再利用可能なソースとして使用できます。

注: このレッスンおよび関連するサンプルでは、Android 3.0 よりも前のバージョンで Fragment API を使用するために、サポート ライブラリを使用します。このレッスンのすべての API を使用するには、ライブラリをダウンロードしてアプリケーションに追加する必要があります。

レッスン

さまざまな画面サイズをサポートする
このレッスンでは、(ビューの柔軟な寸法、RelativeLayout、画面のサイズと向きの修飾子、エイリアス フィルタ、9-patch ビットマップを使用して)さまざまな画面サイズに対応するレイアウトを設計する方法について説明します。
さまざまな画面密度をサポートする
このレッスンでは、(密度非依存ピクセルを使用し、各密度に適したビットマップを提供することで)さまざまな画素密度を持つ画面をサポートする方法について説明します。
柔軟な UI フローを実装する
このレッスンでは、複数の画面サイズと密度の組み合わせに対応するように UI フローを実装する方法について説明します(アクティブなレイアウトの実行時検出、現在のレイアウトへの対応、画面構成の変更の処理)。
このサイトでは、ユーザーが選択したサイトの言語と表示設定を保存する目的で Cookie を使用しています。

Android デベロッパー向けの最新情報やヒントを入手して、Google Play での成功を手に入れましょう。

* 必須

送信しました

WeChat で Google Developers をフォローする

このサイトをで表示しますか?

ページの表示言語としてを選択しましたが、このサイトの言語はに設定されています。

言語設定を変更してこのサイトをで表示しますか?言語設定を変更する場合は、各ページの下にある言語メニューを使用してください。

このクラスには、API レベル 以上が必要です。

API レベル が選択されているため、このドキュメントは非表示になっています。左のナビゲーションの上にあるセレクタを使って、ドキュメントの API レベルを変更できます。

アプリに必要な API レベルを指定する方法について、詳しくは異なるプラットフォーム バージョンのサポートをご覧ください。

Take a short survey?
Help us improve the Android developer experience. (April 2018 — Developer Survey)